TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ スカイAカップ 2017プロボウリングレディース新人戦 ≡≡

開催要項
期 日
2017年8月1日(火)〜8月2日(水)
会 場
スポルト浦和国際ボウル
(BM32L 合成レーン)
〒338-0822 埼玉県さいたま市桜区中島4-1-1
TEL:048-853-4921
FAX:048-853-4925
主 催
(公社)日本プロボウリング協会
後 援
埼玉県ボウリング場協会/プロボウリング社/ベースボール・マガジン社
ボウリングジャーナル社/ボウリングエクスプレス社
特別協賛
スカイA
協 賛
(公社)日本ボウリング場協会/各社
協 力
(株)スポルト/日本プロボウリング協会 埼玉地区
賞金総額
2,000,000円(優勝賞金50万円)
☆TVパーフェクト賞(プロ優勝決定戦対象) 100,000円(提供:スカイ・A)
☆パーフェクト賞(プロ予選〜優勝決定戦対象) 50,000円
入場料
・2日通し券 2,000円
・1日券 1,500円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/113KB
・参加プロ一覧PDF/95KB


<プロ>
プロ有資格者 70名
(有資格者:46期生〜50期生※但し新人戦優勝者を除く)
46期:10名・47期:15名・48期:19名
49期:15名・50期:11名

※新人戦のタイトルホルダーは次年度からの参加は出来ません。


<アマチュア>
アマチュア 34〜40名
(プロのエントリー状況によりアマチュア出場枠を増枠)

出場総数プロ+アマ=104名

※クリックで拡大版が開きます※
過去成績
2006年大会     ・2012年大会
2008年大会     ・2013年大会
2009年大会     ・2014年大会
2010年大会     ・2015年大会
2011年大会     ・2016年大会
日程&成績
8/1
・予選8GPDF/133KB
・開会式
予選レーン移動表PDF/1061KB
8/2
・準決勝6GPDF/91KB
準決勝レーン移動表PDF/77KB
・最終成績PDF/263KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
霜出 佳奈(50期・No.559)
公認18号/予選Bシフト3G・9フレーム目

Photograph
< TV決勝進出者・プロの部 >
内藤真裕実
小久保実希
大嶋 有香
小池 沙紀
阪本 彩
岩見 彩乃
水谷 若菜
山田 弥佳

< TV決勝進出者・アマの部 >
國本ひとみ 選手
岡田 友貴 選手





【 優勝 小池 沙紀 !】
     
喜び爆発!
小池 沙紀
(49期・No.542 所属:アミュージアム高松 出身:長崎県)

(優勝ボール:モーティブ社(ABS) ジャッカル・ゴースト)

★スカイAカップ2017プロボウリングレディース新人戦 小池 沙紀、笑顔の初優勝・初タイトル!

 プロデビューから5年だけ参戦できるレディース新人戦。限られたチャンスで得られる貴重なタイトルだけに、今年で新人戦卒業となる5年目のプロはもちろん、プロ入りから3ヶ月のピカピカのルーキーまで十分な意気込みで臨むこの大会、今年はフレッシュながらも波乱含みの展開となりました。
 まず予選トップの山田 弥佳が準決勝ではスコアを伸ばせず、その代わりのように今年実技免除でプロ入りした水谷 若菜が予選7位から一気に浮上してトップで通過。さらに小久保実希岩見 彩乃小池 沙紀らが圏外から飛び込んで来る一方で、昨年の新人戦でアマチュア優勝を果たした大久保咲桜長尾 朱里大仲 純怜らが弾き出されるように後退。残る3席を予選から上位を守り抜いた大嶋 有香阪本 彩内藤真裕実らが確保して決勝トーナメント進出を果たします。
 ここからは一対一、1Gマッチのガチンコ勝負。まずは1回戦を終え、小久保、小池、阪本、山田が勝ち抜き、優勝決定戦進出の切符を賭けて準決勝に突入。
 小久保VS小池の対戦は、2フレーム目からストライク5連発に成功した小池がさらに8フレーム目から4連発を決めて大差で小久保を圧倒。優勝決定戦へと駒を進めます。
 続く2試合目、阪本VS山田はターキーで滑り出した山田がリードを取りましたが、4フレーム目から一転してストライクが決まりません。オープンフレームで滑り出し、出遅れた阪本でしたが、中盤でターキー、勝負どころの8・9フレーム目でダブルに成功し逆転。わずか7ピン差で山田を下して阪本の勝利となりました。
 長崎出身の小池と、福岡出身の阪本。九州対決となった優勝決定戦は、両者スペアで滑り出します。
 変化の速いレーンに捕まった小池がストライクを繋げられないなか、先にターキーを決めた阪本がワンマークリード。しかし中盤以降は両者ともストライクが繋がらず、我慢くらべの状況に。
 このまま阪本がワンマークを守りきるかと思われましたが、9フレーム目に小池がストライクを決めて勝負の行方は10フレームに持ち込まれます。
 運命の10フレーム目、先に投げた小池がストライク。追い詰められた阪本はストライクが絶対必要となりますが、思わず投球に力が入って失投。4・6・7番を残すスプリットとなってしまい万事休す。
 優勝へのプレッシャーも集中力で振り切った小池の2投目はは見事ストライク。これで勝利が確定しましたが、さらにストライクを決めてオールウェーで初優勝を飾りました。
 昨年トップ合格を果たしてルーキーイヤーでシード入りをものにした小池、いつかは必ず獲ると決めていた新人戦タイトルをプロ入り2年目で果たし、次はレギュラーツアー優勝を目指します! 

【 優勝副賞 】
(株)スポルト様ご提供
スポルト賞お米100kg
(株)スポルト様ご提供
コカ・コーラ製品飲料水「アクエリアス」1年分
保険の宮越様ご提供
炊き込みごはんセット(3箱目!)


スカイAカップトロフィーはダイヤモンドの指輪型



<アマチュアの部優勝 國本ひとみ 選手!>
   
こちらも10フレ勝負の激戦、2ピン差で岡田選手をかわしてアマチュアの部優勝!
國本ひとみ 選手
(スマイルフィールド。)





Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。