TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 中日杯2017東海オープンボウリングトーナメント ≡≡

開催要項
期 日
2017年7月13日(木)〜7月16日(日)
会 場
星ヶ丘ボウル
(BW 60L 合成レーン(サンコートベースレーンシステム・アプローチはウッド )
〒464-0802 愛知県名古屋市千種区星が丘元町16-45
TEL:052-781-5656
FAX:052-781-5663

主 催
中日新聞社東海テレビ放送(株)東海ボウリング場協会
日本プロボウリング協会東海地区
主 管
中日杯2017東海オープンボウリングトーナメント実行委員会
後 援
(公社)日本ボウリング場協会(公財)全日本ボウリング協会
日本ボウラーズ連盟全国実業団ボウリング連盟JLBC東海
協 賛
(株)星ヶ丘ボウル 他各社
賞金総額
男女とも5,500,000円 (優勝賞金1,500,000円)
☆パーフェクト賞(決勝シュートアウト) 1,000,000円(提供:東海ボウリング場協会)
☆パーフェクト賞(予選〜決勝グループR/R)50,000円(提供:東海ボウリング場協会)
入場料
選抜大会1日券 1,500円
本大会通し券 3,000円
1日券 1,500円※高校生以下無料
観覧席指定席 13日無料・14-15日別途1,000円(先着)・16日別途2,000円(先着)


<お願い>
三脚・踏み台を利用してのご観戦は、周囲の方にご配慮いただき後方にてご観戦をお願いいたします
ご来場者全員が楽しくご観戦いただけますよう、みなさまのご理解とご協力を宜しくお願いいたします
その他
・開催要項PDF/152KB
・参加プロ一覧PDF/140KB※7/11更新
・男子出場優先順位表PDF/189KB

個人特別協賛募集のお知らせ



<男子>
'17男子トーナメントプロボウラー 224名
(1)トーナメントシードプロ 48名
(2)公認トーナメント優勝者シードプロ 2名(寺村文孝・工藤博充)
  及びシードプロ以外の「グリコ17アイス杯」「ROUND1CUP」優勝者
(3)歴代優勝者シード 8名
 (半井清・西村邦彦・斉藤正典・山崎行夫・貞松保行・栴檀稔・岡部直治・山上英章)
(4)前回決勝ラウンドロビン進出者シード 1名(入口光司)
(5)プロ選抜大会通過者 81名
※以上(1)〜(4)の大会シードプロ59名及び(5)選抜通過81名
 合計140名本大会出場

(6)準永久シードプロ 1名(石原章夫)
(7)プロテストトップ合格者 1名
(8)シーズントライアル2017スプリングシリーズ 152名
A会場(新狭山) 名・B会場(シチズン) 名・C会場(R1中川) 名・D会場(博多SL) 名
※各会場の出場枠一覧表は、「スプリングシリーズ」終了後
 JPBAホームページにてご案内します
(9)主催者推薦 11名
※以上(6)〜(9)の合計165名プロ選抜大会出場

男子アマ 60名

・男子プロ出場優先順位


<女子>
'17下半期女子トーナメントプロボウラー 145名
(1)トーナメントシードプロ 18名
(2)永久シードプロ 3名(斉藤志乃ぶ・時本美津子・稲橋和枝)
(3)公認トーナメント優勝者シードプロ1名(愛甲恵子)
 及びシードプロ以外の「グリコ17アイス杯」優勝者
(4)歴代優勝者シード 6名
 (小嶋友子・山賀昭子・中島政江・酒井美佳・谷川章子・大山由里香)
(5)本大会主催者推薦 2名(永田桂・坂倉凜(予定))
(6)プロ選抜大会通過者 66名
※以上(1)〜(5)の大会シードプロ30名及び(6)の選抜通過66名の合計96名本大会出場
(7)第2シードプロ・準永久シードプロ・プロテスト実技免除合格者1名(予定)
  及びトップ合格者1名を含む'17下半期出場優先順位上位110名
(8)主催者推薦 5名
※以上(7)(8)の合計115名プロ選抜大会出場

女子アマ 40名


男子大会 女子大会
2007年大会   ・2014年大会
2010年大会
2011年大会
2012年大会
2013年大会
2006年大会   ・2014年大会
2008年大会
2011年大会
2012年大会
2013年大会
男女共催大会
2015年大会
2016年大会
日程&成績
7/13
・男女プロ選抜大会8GPDF/185KB
・選抜大会レーン移動表PDF/135KB
7/14
・男女予選前半5G
 AシフトPDF/147KB・BシフトPDF/148KB
・開会式
・予選レーン移動表PDF/149KB
7/15
・男女予選後半5GPDF/207KB
・男子準々決勝シュートアウト3GPDF/105KB
・男子準々決勝レーン移動表PDF/98KB
7/16
・男女準決勝シュートアウト4GPDF/123KB
・男女準決勝レーン移動表PDF/106KB
・男女決勝グループラウンドロビン4GPDF/101KB
・ジュニア大会
・最終成績PDF/240KB

大会記録
パーフェクト達成者
木田 大輔(55期・No.1369)
公認1419号/男子選抜大会Aシフト3G目

岸田 有加(43期・No.463)
公認266号/女子選抜大会Bシフト4G目

須田 毅(40期・No.979)
公認1420号/男子選抜大会Bシフト4G目

堀内 綾(44期・No.476)
公認267号/女子予選Aシフト2G目

保倉 映義(38期・No.947)
公認1421号/男子予選Aシフト3G目

水谷 孝敏(37期・No.913)
公認1422号/男子予選Aシフト4G目

堀井 千恵(45期・No.489)
公認268号/女子予選Bシフト9G目

辻 賢司(35期・No.843)
公認1423号/男子予選Aシフト6G目

井口 直之(41期・No.983)
公認1424号/男子決勝ラウンドロビン3G目

800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<男子決勝グループラウンドロビン進出者>
<女子決勝グループラウンドロビン進出者>
第Tグループ
第Tグループ
Eグループ1位
斉藤 茂雄
Lグループ1位
熊谷 涼 選手
Aグループ1位
川添 奨太
Kグループ1位
児島 都史
Cグループ1位
川口富美恵
Aグループ1位
大石 奈緒
Bグループ1位
坂倉にいな
Hグループ1位
三浦 美里
第Uグループ
第Uグループ
Hグループ1位
山崎 行夫
Iグループ1位
山下 昌吾
Gグループ1位
日置 秀一
Dグループ1位
酒井 武雄
Lグループ1位
澤田 春花
Dグループ1位
堀井 千恵
Kグループ1位
霜出 佳奈
Iグループ1位
内藤真裕実
第Vグループ
第Vグループ
Jグループ1位
井口 直之
Fグループ1位
吉田 大祐 選手
Cグループ1位
藤村 嶺弥 選手
Bグループ1位
小原 照之
Jグループ1位
水谷 若菜
Gグループ1位
堂元 美佐
Eグループ1位
松永 裕美
Fグループ1位
谷川 章子
   



<男子決勝シュートアウト進出者>
第Tグループ通過
児島 都史
第Uグループ通過
日置 秀一
第Vグループ通過
小原 照之
ポイント上位通過
井口 直之




【 男子優勝 小原 照之 !】
     
咆哮一閃
小原 照之
(32期・No.761 所属:サウンドオブグラス 出身:神奈川県)

(優勝ボール:モーティブ社(ABS) レッド・リボルト)

★中日杯2017東海オープン 小原 照之、16年ぶりの東海制覇!

 直前に局地的豪雨に見舞われましたが、無事開催の運びとなった今年の東海オープン。いざ開始してみれば選手達の意気込みも強く、悪天候を吹き飛ばすかのようなパーフェクトラッシュも巻き起こり、夏のお祭りのような盛り上がりを見せました。
 準々決勝シュートアウト、準決勝シュートアウト、決勝グループラウンドロビンとステージが分かれ、組合せのくじ運も大きく左右してくる東海オープンですが、特筆すべきは男子準決勝シュートアウトのDグループでしょう。矢島 純一酒井 武雄というレジェンドが揃っただけでも注目を集めるというのに、この大ベテランを相手に戦わなければならない3人目はなんと現役中学生の林 元輝 選手。レジェンド達には届かず敗退となってしまいましたが、健闘する姿には観客からも惜しみない声援と拍手が贈られました。
 また林選手のほかにも、ベストアマとなった熊谷 涼 選手を筆頭に吉田 大祐 選手藤村 嶺弥 選手ら若手アマチュア選手が大活躍を見せてくれました。
 実力と運を兼ね備え、続く決勝グループラウンドロビンを勝ち抜いた児島 都史日置 秀一小原 照之の3名と、各グループ1位以外で一番獲得ポイントが高かった井口 直之がファイナルステージ・決勝シュートアウトに進出。まずは4名で1Gを投球し、優勝決定戦へ進出するスコア上位2名が選抜されます。
 全員滑り出しはまずまずといったところでしたが、まず日置が3フレーム目でイージーミス。続く4フレーム目もスプリットにしてしまい、一歩出遅れてしまいます。
 さらに井口も中盤にイージーミスからのスプリットと、日置をなぞる形で後退。2フレーム目から5連続ストライクを決めた児島が頭一つ飛び出し、4人のなかで最も年長の小原が落ち着いたボウリングを見せ、7フレーム目からターキーに成功。10フレーム2投目をカバーできず、スコアが伸びなかったためにわずか5ピン差の紙一重ではありましたが何とか日置をかわし、優勝への挑戦切符を手に入れます。
 41期生の児島VS32期生の小原、出身も岡山と神奈川で共通点のないように思えますが、実は両名とも東海オープンのタイトルホルダー。児島は2011年、小原は2001年に優勝しており、さらに言えばこの東海オープンで優勝して以後は長期にわたって優勝がないというところまで共通していました。
 つまり、児島と小原、どちらが勝っても数年ぶりの復活優勝にして東海オープンV2ということとなり、ここで「負けられない理由」はまさにイーブン。そんな二人の頂上決戦は、ダブルスタートの児島が3フレーム目をオープンにしてしまい、小原も右レーンでストライクが来ず、序盤はほぼ互角のペースで進みます。
 しかし5フレーム目、ここで小原に右レーン初めてのストライクが来て繋がると、そこからはストライクを連発。児島も必死に食らいつき、8フレーム目からはばちばちのストライク合戦に突入。すでに4マーク差がある児島にとっては一つもミスは出来ず、かつ小原のミスがなければ勝てない状況に追い込まれますが、波に乗った小原は隙を見せません。とうとう小原は4フレーム目からのオールウェーに成功し、児島を突き放しました。
 5勝目を挙げた2001年から16年を掛けて、再びこの東海を制覇した小原。ウィニング投球でストライクを決めた瞬間、万感の思いを込めた咆哮が場内に響き渡りました!




ジュニア選手ながら堂々5位でベストアマ獲得!
熊谷 涼 選手
(出場ブロックジュニア・岩屋キャノンボウル)





◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




<女子決勝シュートアウト進出者>
第Tグループ通過
大石 奈緒
第Uグループ通過
内藤真裕実
第Vグループ通過
松永 裕美
ポイント上位通過
堂元 美佐




【 女子優勝 松永 裕美 !】
     
久しぶりの勝利に涙が滲む
松永 裕美
(37期・No.384 所属:ABS 出身:山口県)

(優勝ボール:ABS社 アキュライン・プレミアム2017&900グローバル社(ABS) トゥルース・パール)

★中日杯2017東海オープン 松永 裕美、2年ぶりの”女王復活”!

 六甲クイーンズが終了してから中1日というハードなスケジュールにも関わらず、男女共催といつもとは勝手の違う大会ながらもハイパフォーマンスを見せてくれた女子選手たち。今季デビューの期待の新人、水谷 若菜霜出 佳奈らも勝ち進み、決勝グループラウンドロビンに名を連ねます。
 しかし先輩プロ達も黙って引き下がるわけにはいきません。第Tグループは注目の成長株・坂倉にいな三浦 美里の47期生組と、ベテラン・川口富美恵らを相手に大石 奈緒が圧勝。
 大石と同期の堀井 千恵、地元愛知の声援を背負った澤田 春花、そして霜出の若手揃いの第Uグループを内藤真裕実が制し、堂元 美佐谷川 章子、アマチュア時代の水谷と優勝経験者で占められた第Vグループからは、やはりと言うべきか松永 裕美が台頭。さらに1位以外のポイントトップとして堂元が加わり、東海女王決定戦の幕が開かれました。
 男子に続いて行われた4名でのセミファイナルは、大石と内藤が左右で感触の違うレーンに手こずり、ストライクを繋げられず苦戦する一方、序盤でレーンを掴んだ松永と堂元がストライクを連発。”女王”と呼ばれる先輩達の壁の厚さを見せつけて、後輩達を蹴散らします。
 2016年ポイント&アベレージランキング二冠の松永と、賞金女王の堂元。両者とも対戦相手に不足なし。ましてセミファイナルをあれだけのスコアで勝ち抜いた二人だけに、さぞや火花散る打ち合いになるかと思われましたが、男子決勝を挟み、レーンの変化が進行。そして常に第一線で戦い続ける松永は、満身創痍と言って過言ではない状況にありました。
 近々の六甲クイーンズで2位に終わり、そのとき長年抱えてきたイップス(自分の思う通りに動作できなくなる運動障害)の原因が、これも長く悩みの種となっている腕の痛みであると掴めたという松永。イップスへの怯えは解消されたものの、だからといって腕の痛みが消えるわけではありません。今回も痛む腕と指に向き合いつつ、一生懸命前に振ることに集中したという松永。その甲斐あってか準決勝シュートアウトで安藤 瞳と10フレ勝負のしびれる戦いを繰り広げ、そんなぎりぎりの熱い戦いが出来たことを励みにして、堂元との戦いに臨みます。
 滑り出しは両者ともにストライク、続く2フレーム目でイージーミスからオープンにするところまで足並みが揃ってしまいましたが、続く3フレーム目に松永は4・6・7・10番を残すビッグ4。対する堂元は3フレーム目でストライクを決めますが、調整するもスペアボールの指穴が合わず、4フレーム目でまたしてもカバーミスしてしまいます。
 この2度のミスでメンタルが揺らいでしまったか、堂元は中盤にダブルを決めたほかはストライクが繋がりません。松永も思うようにリードを広げられませんが、終盤7フレーム目からようやくターキーに成功。さらに10フレームで堂元が3度目のオープンを出してしまい、勝敗が確定。
 男子は小原が16年ぶりの東海2勝目、女子は優勝自体が2年ぶり、東海優勝は3年ぶりの松永。今年の東海のキーワードは間違い無く”復活”と言えるでしょう。
 六甲でようやく掴んだ現状打破の糸口を即座に活かし、苦しい戦いを制した松永、女王復活への狼煙となる13勝目を果たしました!




総合23位、準決勝シュートアウト2位でベストアマ獲得!
吉田 祐香 選手
(出場ブロック三河・キャッスルボウル)







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。