TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 第39回JLBCクィーンズオープン プリンスカップ ≡≡

開催要項
期 日
2016年12月21日(水)〜24日(土)
会 場
品川プリンスホテルボウリングセンター
(BW80L 合成レーン) 
〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
TEL:03-3440-1116
FAX:03-5421-7877
主 催
ジャパンレディースボウリングクラブ
後 援
品川プリンスホテルスポーツニッポン新聞社
協 賛
(株)日立製作所三菱電機(株)大塚製薬株式会社(株)フジ・アウトソーシング
(株)PMジャパン 他各社
賞金総額
6,500,000円(優勝賞金1,600,000円) 
☆パーフェクト賞:決勝トーナメント1回戦〜準決勝 1本に付き5万円
           (提供:品川プリンスホテル)
            :優勝決定戦 50万円(提供:  〃  )
プロアマ本大会〜決勝 SPH300(美容液)(提供:(株)あさひ)
入場料
・2日間通し券 1,500円
・1日券 1,000円
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/85KB
・参加選手一覧PDF/144KB ※12/21更新
・アマチュア開催要項PDF/85KB
・アマチュア参加申込用紙PDF/76KB
・ホテル宿泊申込用紙PDF/73KB


<プロ>
2016年下半期出場有資格者155名+推薦選手(5名)

<アマチュア>
フリーエントリー
過去成績
第29回大会   ・第34回大会
第30回大会   ・第35回大会
第31回大会   ・第36回大会
第32回大会   ・第37回大会
第33回大会   ・第38回大会
日程&成績
12/21
・アマ選抜大会第1・第2シフト6G
12/22
・アマ選抜大会第3シフト6G
・前夜祭
12/23
・予選8GPDF/192KB
・開会式
・予選レーン移動表PDF/137KB
12/24
・最終成績PDF/273KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph




【 優勝 桑藤 美樹 !】
     
JLBC副会長・石井 利枝から花束贈呈で涙
桑藤 美樹
(45期・No.494 所属:(株)スポルト 出身:埼玉県)

(優勝ボール:ABS社 PRO-am インベーダー・ネオ)

★第39回JLBCクィーンズオープンプリンスカップ  桑藤 美樹、大会史上初のレフティ制覇!

 2016年最後を飾るJLBCクイーンズオープンプリンスカップが、本日とうとう最終日を迎えました。
 予選8Gを通過した各シフト上位48名、総勢96名によるガチンコ勝負の決勝トーナメントは、今年も様々なドラマを生み出しました。
 2回戦で吉田真由美寺下 智香、3回戦で姫路 麗堂元 美佐らポイントランキング上位組が敗退していく大番狂わせが続出。一方で小池 沙紀小久保実希秋山 希望坂倉にいなといった新人組の健闘が光りました。
 頂点を決するファイナルステージには、女王・松永 裕美をワンショットプレーオフの末に撃破した堀内 綾前屋 瑠美内藤真裕実・秋山の今をときめく若手組にいずれも僅差での勝利となった近藤 文美、近藤とは対照的に初戦から対戦相手に大差で勝ち続けた桑藤 美樹、そして堂元を倒した宇山 侑花ら4名が集結。
 堀内、宇山は優勝経験はなくとも実力は折り紙付き。桑藤は今季2勝目を挙げ、近藤はプリンスカップとの相性の良さには定評があり、誰が優勝しても不思議のない顔ぶれが出揃います。
 優勝決定戦進出を決める4名による準決勝は、滑り出しはほぼ互角ペースでしたが、4フレーム目から桑藤がストライクを連発し頭一つリード。近藤はダブルの後のオープンフレームが響いて一歩後退し、その後はストライクを繋げることができず脱落。
 宇山・堀内は中盤にターキーを決めて桑藤を追いますが、堀内は8フレーム目にスプリットからのオープンフレーム。これが勝負の分け目となり、桑藤と宇山が優勝決定戦へと駒を進めました。
 先に行われた全日本女子プロボウリング選手権にて、もっとも難しいと言われたミディアムパターンの準決勝9Gでただ一人200AVGを越えた宇山と、宇山には及ばずとも同じく準決勝で順位を上げた桑藤。両者とも「あの全日本女子のミディアムを投げたお陰でコントロールが良くなった」と語ります。そしてその経験はこのプリンスカップにて、最高の形で活かされたのではないでしょうか。
 ゲーム開始からストライクを連発する桑藤と宇山。特に1フレーム目からストライクが途切れない宇山には、決勝パーフェクトの期待が高まります。
 しかし「相手が打つなら自分はそれ以上に打てばいい」と強気を覗かせる桑藤が黙って置いて行かれるわけがなく、2フレーム目のスペア以降はしっかりとストライクを重ね、先を行く宇山に食らいつきます。
 パーフェクトへの期待が痛いほどに高まるなか迎えた、勝負どころの9フレーム目。宇山のボールはわずかに外へ出てしまい、2番ピンを残す9本カウント。これを宇山がカバーしたところで、そのままパンチアウトと繋げれば279ピンでフィニッシュ。対する桑藤はオールウェーに成功すれば280ピンでフィニッシュとなり、確実に自力で優勝するには最後の最後までストライクが必要という、極めて苦しい展開に。
 しかし桑藤が掲げた今季の目標は、”AVG215以上”と”ランキング上位”、そして”レギュラーツアー優勝”。このプリンスカップが3つめの目標を達成する最後のチャンス。その為には何としてもストライクを決めなければなりません。震えが止まらないほどの緊張を感じながらも、10フレーム1投目、桑藤はストライクに成功。紙一重で追ってくる宇山もまたストライク。「ストライクが切れた瞬間に負ける」、そんな痛いほど張り詰めた空気の中、淡々とストライクを決める桑藤と宇山。
 そして運命の10フレーム3投目、先を投げる桑藤はストライクなら優勝が確定、9本以下なら宇山のミスを待たねばならない状況のなか、見事ストライクに成功。宇山の最終投球を待たずして、自力優勝を掴み取りました。
 しかしながら決勝パーフェクトを目前にし、さらに敗北が確定した状況でもきっちり最後までストライクを決め、メンタルの強さを見せてくれた宇山も、初優勝までそう長い時間を必要としないでしょう。
 そんな宇山とプリンスカップ大会史上初のレフティ制覇となった桑藤、両者の戦いは2016年の最後を飾るに相応しい、まさに激戦の名勝負となりました!

【 優勝副賞 】
株式会社日立製作所様ご提供
ロボットクリーナーミニマル RV-DX1
(株)フジアウトソーシング様ご提供
ヘアーウィッグ
(株)PM-Japan様ご提供
酸素ジュース
大塚製薬(株)様ご提供
オロナミンC&ポカリスエットイオンウォーター
(株)S・S・I様ご提供
仙生露 エキスロイヤル
品川プリンスホテル様ご提供
ホテル宿泊券1泊2食付



<ベストアマ>

4回戦進出、堂々10位入賞でベストアマ獲得!
吉川 真弓 選手
(神奈川・大磯プリンスホテルボウリングセンター)


<アマチュア表彰>







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。