TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ ROUND1CUP2016 ≡≡

開催要項
期日
2016年6月15日(水)〜6月18日(土)
会場
ラウンドワン南砂店
(AMF46L 合成レーン)
〒136-0076 東京都江東区南砂6-7-15  トピレックプラザ4F
TEL:03-5617-6911
FAX:03-5617-6921
主催
(公社)日本プロボウリング協会
後援
各社
特別協賛
(株)ラウンドワン
協賛
各社
主管運営
ラウンドワンカッププロジェクトチーム
賞金総額
22,000,000円(優勝賞金:5,000,000円)
☆TV決勝パーフェクト賞(決勝TM準決勝&決勝) 1,000,000円(提供:(株)ラウンドワン)
☆パーフェクト賞(予選〜決勝TM準々決勝) 50,000円(提供:(株)ラウンドワン)
入場料
1日1,000円
※ラウンドワンクラブ会員無料(年会費300円)
※JPBA賛助会員・小学生以下無料
その他
・開催要項PDF/384KB 
・参加プロ一覧PDF/68KB


<プロ>
プロ 132名 ('16JPBA男子トーナメントプロ)
(1)トーナメントシードプロ 48名(永久シード矢島純一含む)
(2)歴代優勝者シードプロ 3名(大澤義樹・玉井慎一郎・益田隆司)
(3)前回R/R進出者シードプロ 2名(山下周作・鈴木博喜)
(4)準永久シードプロ 5名(貞松保行・半井清・石原章夫・栴檀稔・斉藤正典)
(5)プロテスト実技免除者 1名及びトップ合格者 1名
(6)シーズントライアル2016ウィンターシリーズ 66名
(A会場(ウニクスB)12名・B会場(品川BC)26名・C会場(イーグルB)22名・D会場(宮崎A/L7名)
(7)主催者推薦 6名

<アマチュア>
アマチュア 224名
※本大会出場 88名(シードアマ47名+アマ選抜大会通過41名)

※朝9時よりニコニコ動画にて生放送中継!※
優勝決定戦をリアルタイムでお届け!
選手に応援メッセージを送りませんか?
詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://live.nicovideo.jp/watch/lv264200746 ※外部サイトが開きます

※大会HP:http://www.round1.co.jp/round1cupsite/2016men/index.html

※成績速報サイトhttp://bowling.rankseeker.net/
過去成績
2006年大会  ・2011年大会
2007年大会  ・2012年大会
2008年大会  ・2013年大会
2009年大会  ・2014年大会
2010年大会  ・2015年大会
日程&成績
6/15
・アマチュア選抜大会6GPDF/2571KB
6/16
・予選前半6GPDF/186KB
・予選レーン移動表PDF/186KB
6/17
・予選後半6GPDF/201KB
・決勝トーナメント2回戦
6/18
・アマエキシビションマッチ
・最終成績PDF/390KB

大会記録
パーフェクト達成者
木村弘太郎(49期・No.1221)
公認1335号/予選7G目

小原 照之(32期・No.761)
公認1336号/予選8G目

小森 清人(49期・No.1225)
公認1337号/予選10G目

和田 秀和(48期・No.1190)
公認1338号/予選8G目

水野 成祐(24期・No.544)
公認1339号/予選9G目

大友 仁(42期・No.1024)
公認1340号/決勝トーナメント1回戦2G目

800シリーズ達成者
小原 照之(32期・No.761)
公認268号/予選第3シリーズ(7〜9G目)

7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<決勝トーナメント準決勝進出者>
和田 秀和
日置 秀一
谷合 貴志
津島 健次





【 優 勝 谷合 貴志 !】
     
すでに王者の風格漂う
谷合 貴志
(52期・No.1289 所属:(株)日本ケアクォリティ/(有)ユウキシステムサービス 出身:神奈川県)

(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) ゲームブレーカー2MVP)

★ROUND1CUP2016 谷合 貴志、今季2勝目にして連勝を果たす!

 国内最高額の賞金を誇るビッグタイトル、ROUND1CUPが4日間の戦いに終止符を打ちました。
11年目を迎えた今年はレギュレーションを一新、これまでの決勝ラウンドロビン、ステップラダーに代わり決勝トーナメントが導入され、より見応えのある戦いに。
日置 秀一玉井慎一郎による九州勢対決や淵 常志森本 健太による16歳プロデビュー同士の対決、はたまた淵と津島 健次の中・四国勢対決など、日本中から集まった強豪アマチュア選手やプロボウラーによる2G先取のガチンコ勝負は、今年も様々なドラマを生み出しました。
そんな激戦をくぐり抜け、ファイナリストとして最後のステージに立ったのは、三冠王奪回に燃える川添 奨太をフルセットの末に下した和田 秀和木村 広人との朋友対決を制した日置、1回戦から全戦ストレートで勝ち上がってきた津島、そして5月のグリコセブンティーンアイス杯で2勝目を挙げたばかりの谷合 貴志。 日置32歳、津島31歳、谷合26歳、和田24歳というまさに若武者達の激突は、まずは谷合VS津島の第1試合からスタートしました。
滑り出しはほぼ互角の谷合と津島でしたが、中盤から谷合が4連続ストライクを決める一方、津島は左レーンでストライクが決まらなくなり、谷合がリードを取ります。
さらに津島は勝負どころの9フレーム目、イージーミスでオープンフレームに。これは谷合の楽勝かと思われましたが、なんと谷合もまた9フレーム目、しかも10フレーム目と連続でオープンにしてしまいます。
これで津島が10フレーム2投目までストライクを続けられれば大逆転の可能性が出て来ましたが、初のTVファイナルという緊張、初優勝を目前にしたプレッシャーは、津島自身もわからないほどその投球に焦りを生み出し、あえなく2投目は10番ピンを残す9本カウントに。谷合は自身「負けたと思った。不甲斐ないゲームで申し訳ない」と語りつつ、一足先に優勝決定戦へと駒を進めます。
谷合の対戦相手を決定する第2試合、和田と日置による対戦は一転バチバチの打ち合いに。
1フレーム目から6連続ストライクに成功した和田がリードを取りますが、日置も置いて行かれてなるかとばかりに3フレーム目から5連続ストライクを決めて食らいつきます。
しかし9フレーム目、日置が6・7・10番を残す痛恨のスプリット。これが勝負の分け目となり、和田が日置を下しました。
和田VS谷合、ともに20代の若手ながら実力は折り紙付き。そんな二人の頂上決戦は、両者とも4フレームまで一歩も退かないストライク合戦に。しかし2勝している谷合に対し、無冠の和田は経験値が足りなかったか、レーンの変化に対応できずストライクが決まらなくなってしまいます。
和田が一転して我慢を強いられている一方で、先の”不甲斐ないゲーム”を繰り返さないと心に誓った谷合は淡々と自分の投球に集中。7フレーム目までストライクを繋ぎます。
8・9フレーム目は谷合も10番ピンに嫌われてスペアでしのぎますが、和田が最後までストライクを決められず、最終フレームを前に決着。谷合が3勝目にして初のレギュラータイトル、そしてグリコセブンティーンアイス杯に続く連勝を果たしました。
熊本出身で4月の地震から練習も思うままにならず、それでも熊本に元気を送るべく頑張った日置。今大会で経験値を増やした津島。悔し涙を押さえきれなかった和田。優勝した谷合はもちろん、一回り成長した若武者達は今後さらなる活躍を見せてくれることでしょう。残る下半期の男子大会はどんなドラマが生まれるか、今から楽しみです!

<ベストアマ>

アマチュア唯一の決勝トーナメント進出、ベストアマ獲得!
田中 清隆 選手
(ラウンドワン奈良店)



<アマチュア表彰>

写真左から
ベストアマ:
田中 清隆 選手(ラウンドワン奈良店)
2位:
矢内 秀和 選手(ラウンドワン草加店)
3位:
西村 和眞 選手(ラウンドワン守口店)
4位:
山中 徹治 選手(ラウンドワン川崎大師店)
5位:
中畑 佳邦 選手(ラウンドワン横浜戸塚店)



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 


<アマチュアチャンピオンシップトーナメント準決勝進出者>
山中 徹治 選手
田中 清隆 選手
井戸 寛 選手
西村 和眞 選手




< 優 勝 井戸 寛 選手 !>
 
アマチュア同士の激突を制す!
井戸 寛 選手
(ラウンドワン広島店)


★ROUND1CUP2016 アマチュアチャンピオンシップトーナメント 井戸 寛 選手が制覇!

 恒例となっていたナインテントーナメントに代わり、今年初登場のエキシビションマッチ、アマチュアチャンピオンシップトーナメントが大会最終日の本日催されました。
 予選アマチュア上位16名によるトーナメント方式で行われ、準決勝以上はTV収録も行われるという、エキシビションマッチといえどその緊張感は本番さながら。
 出場選手も全国で地区予選を勝ち抜いてきた猛者だけあり、プロの対決にも負けない真剣勝負の末に、初代王者にはベストアマ・田中 清隆 選手を倒したラウンドワン広島店から参戦の井戸 寛 選手が輝きました。井戸選手にはサンブリッジ社提供のハイパフォーマンスボールなどが贈られました。

<表彰1−3位タイ>

写真左から
優勝:
井戸 寛 選手(ラウンドワン広島店)
2位:
山中 徹治 選手(ラウンドワン川崎大師店)
3位タイ:
西村 和眞 選手(ラウンドワン守口店)
3位タイ:田中 清隆 選手(ラウンドワン奈良店)






Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。