TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 第7回HANDA CUP・プロボウリングマスターズ ≡≡

開催要項
期 日
2016年5月28日(土)〜5月30日(月)
会 場
川崎グランドボウル
(BW 52L(2フロア) 合成レーン)
〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町11-14
TEL:044-244-2281
FAX:044-244-2283

共 催
(公社)日本プロボウリング協会/国際スポーツ振興協会(ISPS)
後 援
東京新聞東京中日スポーツ 他
協 賛
各社
協 力
(株)グランドボウル他各社
賞金総額
6,270,000円(グランドシニア賞金含む・優勝賞金:1,500,000円)
☆パーフェクト賞(予選〜決勝RR):50,000円(提供:マスターズ実行委員会)
☆     〃   (決勝ステップラダー):1,000,000円(提供:  〃  )
入場料
・1日券 500円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/128KB
・参加プロ一覧PDF/75KB
・会場周辺地図PDF/955KB

・アマチュア参加申込書PDF/92KB
・アマチュア予選シフト表+ウェイティングリストPDF/112KB


<プロ>
JPBA男子シニアプロボウラー

<アマチュア>
男子シニアアマチュアボウラー

※出場総数プロ+アマ=240名
※平成28年5月28日現在 満50歳以上の男子
過去成績
第1回大会   ・第6回大会
第2回大会
第3回大会
第4回大会
第5回大会
日程&成績
5/28
・予選前半6GPDF/158KB
・開会式
・予選レーン移動表PDF/123KB
5/29
・予選後半6GPDF/182KB
・準決勝6GPDF/87KB
5/30
・決勝ラウンドロビン12GPDF/71KB
・最終成績PDF/201KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<決勝ラウンドロビン進出者>

1位通過
佐久間 忍 選手
2位通過
原田 招雄
3位通過
溝口 康男 選手
4位通過
水野 成祐
5位通過
高橋 延明
6位通過
木村 紀夫
7位通過
坂田 重徳
8位通過
持田 学
9位通過
益田 隆司
10位通過
栴檀 稔
11位通過
北岡 義実
12位通過
岡野 秀幸


<決勝ステップラダー進出者>

1位通過
原田 招雄
2位通過
水野 成祐
3位通過
高橋 延明
4位通過
坂田 重徳





【 優 勝 原田 招雄 !】
     
最後の最後はご愛敬!(でもやっぱりちょっと苦笑い)
原田 招雄
(11期・No.347 所属:フリー 出身:埼玉県)

(優勝ボール:ロトグリップ社(ハイ・スポーツ) マイティー・スローン)

★第7回HANDACUP・プロボウリングマスターズ 原田 招雄、シニア大会初優勝!

 いぶし銀の男達が長年積み重ねてきた技術と知恵と経験を、思う存分ぶつけ合うHANDACUP・プロボウリングマスターズ。
 シニアと言ってもまだまだ第一線で現役プレイヤーとして活躍する者も多く、今年も若手とはまたひと味違う素晴らしい激戦を見せてくれました。
 今回は特に予選前半Bシフト31位から追い上げ準決勝でトップに躍り出た佐久間 忍 選手、そして昨年のベストアマ溝口 康男 選手も2年連続で決勝ラウンドロビン進出を果たすなど、アマチュア選手の活躍が光りました。
 しかし、プロとしてはアマチュア選手に抜かれて良しとするわけには行きません。
 プロトップで準決勝を通過した原田 招雄を筆頭に、水野 成祐高橋 延明木村 紀夫坂田 重徳持田 学益田 隆司栴檀 稔北岡 義実岡野 秀幸らが後を追います。
 スコアポイントと勝利ポイントで争う決勝ラウンドロビンでは、プロの面目にかけてこれ以上アマチュアに遅れは取らじとばかりにビッグゲームを連発。順位の変動も激しく、なかなか先の展開が読めません。
 しかし転機はポジションマッチ前の11G目、原田に訪れました。
 「レーン様のお陰」と語るほど、原田の投球と使用レーンが見事マッチして269ピンで白星を挙げ、なかなか獲れなかった首位をようやく奪取。ここで上位4名がほぼ確定し、結果原田を筆頭に水野・高橋・坂田らいずれ劣らぬタイトルホルダーが並びます。
 第5回大会・6回大会と連覇を果たし、3連覇がかかった高橋と坂田による4位決定戦は、滑り出しからターキーを決めた高橋がまずリードを取ります。3・4フレームをオープンにしてしまった坂田は、4マークという苦しい展開となりましたが、粘り腰で勝負どころにターキーを持って来ることに成功。対して高橋も4フレーム目に続き大事な9フレーム目をスプリットにしてしまい、差を詰められてほぼ横並びに。
 しかし坂田の10フレーム2投目が2・5番を残す8本カウントとなり、わずか4ピン差で高橋の逃げ切りを許す結果に終わりました。
 苦しい戦いを制した高橋は、水野との3位決定戦ではほぼ互角の戦いを繰り広げましたが、坂田と同じく終盤にターキーを決めた水野を、今度はかわすことが出来ず敗退。
 水野と原田、65歳と55歳による優勝決定戦に突入します。
 社会的にまだまだ働き盛りの55歳と、定年と言われる65歳。通常で考えれば55歳に軍配があがるように思われますが、そこが”生涯スポーツ”と呼ばれるボウリングの奥深さ。勝利は若さの特権ではありません。
 左右のレーンでコンディションが変わっていることに気付き、直前の練習ボールで「これが行ける」とラウンドロビンであまりスコアの出なかったボールにあえてチェンジした原田。
 それが経験に裏打ちされた勘と呼ぶべきか、つかみ切れていなかった左レーンも5フレーム目にはアジャストしてストライクを決め、中盤5連続ストライクに成功。
 対する水野は「失投したわけではないのに、予測よりも曲がってしまった」と、4フレーム目でイージーミス。その後もストライクが続かず、最終フレームを前に軍配は原田に上がってしまいました。
 矢島 純一が”最年長TV決勝出場記録”と”最年長パーフェクト達成記録”を保持していることを挙げて「追い抜きたい」と語り、先日のシーズントライアルで1位と2位だった川添 奨太谷合 貴志がその後のグリコセブンティーンアイス杯でリベンジマッチを繰り広げたことに対しては「その時3位だった自分も今回優勝した」と、若い者にも負けないと不敵に笑う原田。年齢の上下に関係なく、一流の現役プレイヤーとして、挑戦を続けていく姿を見せてくれました!

 なお、今大会も選手会による熊本地震支援募金が行われ、180,711円の募金が集められました。グリコセブンティーンアイス杯と同様、熊本県ボウリング場協会を通じて被災地へと届けさせて頂きます。ご協力くださいました皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

<ベストアマ>

堂々6位でベストアマ獲得!
佐久間 忍 選手
(埼玉・イーグルボウルふじみ野)




★第7回HANDACUP・プロボウリングマスターズ グランドシニア表彰のご報告


写真左から
1位:
原田 招雄(11期・No.347 所属:フリー)
2位:白石 憲児(20期・No.474 所属:フリー)
3位:
斉藤 正典(12期・No.379 所属:江の島ボウル/レジェンドスター)
4位:
矢島 純一(1期・No.18 所属:中野サンプラザボウル/(株)LTB/ABS)
5位:
宮内圭次郎(12期・No.390 所属:フリー)

 50歳以上に参加を限られたいぶし銀な男達の中でも一際渋い輝きを放つ、グランドシニアの表彰が行われましたのでご報告致します。
 プロはちょうど65歳でシニア大会初優勝を果たした原田 招雄がダブル優勝。2位に43期生・白石 順子の父である白石 憲児、3位にこれまた祐哉・琢哉・征哉ら3兄弟の父・斉藤 正典。4位・矢島 純一、5位・宮内圭次郎となりました。
 また今大会はさらにアマチュア選手にもグランドシニア表彰を行い、76歳で参加の水上 和彦 選手が1位に輝きました。
 受賞された皆様のみならず、すべてのシニアボウラーの皆様に、いつまでもお元気で”生涯現役”、”生涯ボウリング”を体現して頂きたいと思います。



とても76歳には見えない若々しさ
水上 和彦 選手
(コロナキャットボウル半田店)




Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。