TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2017年8月
9月>>


2017/8/10
  承認大会・第10回那須与一カッププロ・アマボウリング大会 優勝 小原 照之!

 8/6(日)に王冠ボウル(栃木)で開催されました承認大会・第10回那須与一カッププロ・アマボウリング大会にて、小原 照之が優勝しましたのでご報告致します。
 予選6Gを投球し、上位65名が決勝シュートアウトに進出。予選25位で通過した小原は、決勝シュートアウト一回戦から勝ち抜き、優勝決定戦にて280ピンのビッグゲームを打ち出して優勝を決めました。
 詳しくは大会ページよりご確認ください。 



写真左より
優勝:
小原 照之(32期・No.761 所属:サウンドオブグラス)
2位:
大友 仁(42期・No.1024 所属:フリー)
3位タイ:
ロバート・リー(38期・No.932 所属:STEEL/トミコシ高島平ボウル)
3位タイ:
鈴木 祐滋 選手
5位:
西島 浩一 選手
 
2017/8/9
  承認大会・がまだせ!熊本ボウリングトーナメント 北原 泰輔 選手 優勝!

 先日の7/29(土)/30(日)の2日間にわたり、承認大会・熊本地震復興支援がまだせ!熊本ボウリングトーナメントが開催されました。
 九州で活動するプロ、及び熊本出身のプロが中心となり、29日に熊本県内9センターで行われた予選では、ダブルス戦4G・個人戦4Gを投げて全センター合計プロ28名・アマ84名を選出。続く30日はパスカワールド宇土店にて決勝戦が行われました。
 決勝トーナメントでは川口富美恵前田 充彦らを撃破した予選1位通過の淵 常志と、アマチュアの北原 泰輔 選手が対戦。ここまでハイゲームを連発した淵でしたが、優勝決定戦ではスコアを伸ばせず、北原選手が淵に30ピン以上の差を付けて優勝となりました。
 詳しくは大会ページよりご確認ください。


居並ぶプロを倒して優勝!
北原 泰輔 選手
 
2017/8/5
 

★「小学生特別指導会 兼 第8回全日本小学生ボウリング競技大会」にて
 プロボウラー達がお手伝いさせて頂きました。


 全国の小学生ボウラーが集い、日本一を決定する第8回全日本小学生ボウリング競技大会が、夏休み真っ最中の稲沢グランドボウル(愛知)にて本日より開催されました。
 大会に先駆けて参加選手や稲沢市在住のジュニアボウラーへ特別指導会が開かれ、プロボウラーや全日本ナショナルチームメンバー達が指導のお手伝いを致しました。
 青木 彰彦木村 紀夫吉田 文啓を中心に、野々山路可林 久美子ら東海地区を代表するプロや、岡山から駆けつけた梶 義宏などが未来の大物選手達に熱心な指導を行いました。
 本大会は明日6日に予選後半の後、決勝戦が行われます。参加選手の皆さん、悔いのないよう最後までがんばってください! 


 
2017/8/3
 

★BS日テレ「真剣勝負☆ボウリング」に女子プロボウラー参戦!


 8/13(日)放送のBS日テレ「真剣勝負☆ボウリング」に女子プロボウラーが参戦、芸能人とダブルスを組んでガチンコ勝負に挑みます!
 総合MCに照英さん、実況に矢野 武さんを迎え、解説には丸山 高史も登場。ダブルスの面白さを是非ご堪能下さい! 


BS日テレ「真剣勝負☆ボウリング」
8/13(日)19:00〜20:54放送
 
2017/8/2
  スカイAカップ2017プロボウリングレディース新人戦
 小池 沙紀、笑顔の初優勝・初タイトル!


喜び爆発!
小池 沙紀
(49期・No.542 所属:アミュージアム高松 出身:長崎県)

(優勝ボール:モーティブ社(ABS) ジャッカル・ゴースト)

 プロデビューから5年だけ参戦できるレディース新人戦。限られたチャンスで得られる貴重なタイトルだけに、今年で新人戦卒業となる5年目のプロはもちろん、プロ入りから3ヶ月のピカピカのルーキーまで十分な意気込みで臨むこの大会、今年はフレッシュながらも波乱含みの展開となりました。
 まず予選トップの山田 弥佳が準決勝ではスコアを伸ばせず、その代わりのように今年実技免除でプロ入りした水谷 若菜が予選7位から一気に浮上してトップで通過。さらに小久保実希岩見 彩乃小池 沙紀らが圏外から飛び込んで来る一方で、昨年の新人戦でアマチュア優勝を果たした大久保咲桜長尾 朱里大仲 純怜らが弾き出されるように後退。残る3席を予選から上位を守り抜いた大嶋 有香阪本 彩内藤真裕実らが確保して決勝トーナメント進出を果たします。
 ここからは一対一、1Gマッチのガチンコ勝負。まずは1回戦を終え、小久保、小池、阪本、山田が勝ち抜き、優勝決定戦進出の切符を賭けて準決勝に突入。
 小久保VS小池の対戦は、2フレーム目からストライク5連発に成功した小池がさらに8フレーム目から4連発を決めて大差で小久保を圧倒。優勝決定戦へと駒を進めます。
 続く2試合目、阪本VS山田はターキーで滑り出した山田がリードを取りましたが、4フレーム目から一転してストライクが決まりません。オープンフレームで滑り出し、出遅れた阪本でしたが、中盤でターキー、勝負どころの8・9フレーム目でダブルに成功し逆転。わずか7ピン差で山田を下して阪本の勝利となりました。
 長崎出身の小池と、福岡出身の阪本。九州対決となった優勝決定戦は、両者スペアで滑り出します。
 変化の速いレーンに捕まった小池がストライクを繋げられないなか、先にターキーを決めた阪本がワンマークリード。しかし中盤以降は両者ともストライクが繋がらず、我慢くらべの状況に。
 このまま阪本がワンマークを守りきるかと思われましたが、9フレーム目に小池がストライクを決めて勝負の行方は10フレームに持ち込まれます。
 運命の10フレーム目、先に投げた小池がストライク。追い詰められた阪本はストライクが絶対必要となりますが、思わず投球に力が入って失投。4・6・7番を残すスプリットとなってしまい万事休す。
 優勝へのプレッシャーも集中力で振り切った小池の2投目はは見事ストライク。これで勝利が確定しましたが、さらにストライクを決めてオールウェーで初優勝を飾りました。
 昨年トップ合格を果たしてルーキーイヤーでシード入りをものにした小池、いつかは必ず獲ると決めていた新人戦タイトルをプロ入り2年目で果たし、次はレギュラーツアー優勝を目指します! 



こちらも10フレ勝負の激戦、2ピン差で岡田選手をかわしてアマチュアの部優勝!
國本ひとみ 選手
(スマイルフィールド。)
 
  スカイAカップ2017プロボウリングレディース新人戦 HG賞表彰のご報告

 昨日のプロ予選を対象とした各HG賞の表彰が行われましたので、ご報告致します。
 各ゲーム毎にHG賞を設け、見事獲得した選手には保険の宮越様より賞品として、炊き込みご飯のセットが贈られました。
 各受賞者は以下の通りとなっております。



写真左より
保険の宮越所属 澤田 哲司
1G目:
小池 沙紀(49期・No.542 所属:アミュージアム高松)
2G目:
大嶋 有香(49期・No.545 所属:スターレーン)
3G目:
本間由佳梨(46期・No.499 所属:サンコーボウル/ABS)
4G目:
内藤真裕実(48期・No.523 所属:フリー/サンブリッジ)


写真左より
保険の宮越所属 澤田 哲司
5G目:
澤田 春花(49期・No.556 所属:コロナキャットボウル半田店)
6G目:
大久保咲桜(50期・No.560 所属:スポルト横須賀)
〃 :小池 沙紀(49期・No.542 所属:アミュージアム高松)
7G目:
山田 弥佳(46期・No.498 所属:江の島ボウリングセンター)
8G目:
大久保咲桜(50期・No.560 所属:スポルト横須賀)
 
2017/8/1
 

スカイAカップ2017プロボウリングレディース新人戦
 霜出 佳奈、7-10スプリットメイド達成!

 本日より開催となりましたプロボウリングレディース新人戦にて、霜出 佳奈が7-10スプリットメイドを達成しました!
 予選Bシフト3G・9フレーム目に自身初、JPBA公認18号という女子としては大変貴重な記録を達成した霜出、これを弾みに前半の出遅れを取り戻して欲しいところです!



期待の新人、記録デビューは歴代18号目の貴重な7-10スプリットメイド!
霜出 佳奈
(50期・No.559 所属:フリー)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。