TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2016年8月


2016/08/27
  2016プロボウリング男子新人戦  小鹿 大樹、東北魂で掴んだ初優勝!


涙と笑いに包まれたウィニング投球
小鹿 大樹
(54期・No.1346 所属:アサヒボウル・フォーラムボウル 出身:青森県)

(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) ウォーリアーモンスターパール&ミッションジェニシス)

 初日は厳しい残暑、翌日は大雨という荒天のなか行われた、プロボウリング男子新人戦。
 男子はプロ入りから3年間しか挑戦できない貴重なタイトルながら、予選ではアマチュアの白石 勇 選手塚越 翔太 選手がプロを抑えて首位を独占。
 アマチュアの後塵を拝したままではいられないと、準決勝では今年実技免除合格で鳴り物入りのプロ入りを果たした橋 俊彦渡邊 要小鹿 大樹らが熾烈なトップシード争いを繰り広げます。さらに入口 光司新城 一也甘糟 翔太らが圏外から決勝ラウンドロビン進出枠に飛び込み、予選から枠を守り続けた、ブライアン・グリーンウッドとアマチュア唯一の進出者となった塚越選手、計8名がファイナルステージに上がりました。
 最終順位を決定する決勝ラウンドロビンでは、渡邊が勝ち星に恵まれずトップ争いから脱落する一方、2週間前に17歳になったばかりの新城が3位をキープ。しかし順調に勝ち星を挙げる新城もスコアが追いつかず、トップ争いは橋と小鹿の2名に絞られました。
 しかし中盤では首位を奪い返した橋は、小鹿との対戦にてワンマーク差で敗北し、続く新城との対戦でも僅差で敗北。最終ゲームを前に苦しい展開となってしまいます。
 7G終了時点での1位VS2位、3位VS4位と対戦するポジションマッチを迎えて、首位は小鹿、2位橋。
 両者の戦いは、ダブルで滑り出した橋が幸先良いかと思われましたが、小鹿が2フレーム目でスプリットをカバー。対照的に橋は3フレーム目をビッグ5としてしまいオープンに。
 その後は両者ともターキーを決め、終盤を前にした7フレーム時点でその差はワンマーク。まだまだ橋に逆転の目は残されていましたが、8フレーム目から小鹿がなんとオールウェーに成功。一気に突き放されてしまい、橋のルーキーイヤー初優勝はお預けとなってしまいました。
 決勝進出8名中5名を占めた、小鹿・甘糟・渡邊・入口・ブライアンら54期生は普段から仲が良く、優勝は絶対に54期生の中から出そうと誓い合ったと言い、その誓いに応えた小鹿。
 さらには久しくチャンピオンが生まれなかった東北勢に、優勝トロフィーを持ち帰りたいと強く願ったその気持ちだけで勝てたと語ります。
 ウィニング投球では滲んだ涙で視界がかすみ、ついつい投球レーンを間違えかけて橋に引き留めてもらうというご愛敬もありましたが、それだけ優勝の喜びは大きかったのでしょう。
 何度首位を奪われても粘り強く取り返す、そんな東北魂で、初優勝・初タイトルを掴み取りました!



堂々4位でベストアマ獲得!
塚越 翔太 選手
(埼玉・新狭山グランドボウル)
 
  2016プロボウリング男子新人戦  淵 常志、7-10スプリットメイド達成!

 最終ステージを前に、7-10スプリットメイド達成の表彰が行われました。
 準決勝が始まったばかりの1G目、それも1フレーム目に淵 常志が自身初(JPBA公認128号)の7-10スプリットメイドを達成。決勝ラウンドロビン進出はなりませんでしたが、昨日のHG賞とあわせて2箱目の炊き込みご飯セットをゲットしました!



写真左より
保険の宮越代理 澤田 哲司と
淵 常志
(53期・No.1331 所属:フリー)

(使用ボール:ハイ・スポーツ社 スイープハード)
 
  2016プロボウリング男子新人戦  プロHG賞表彰のご報告

 昨日のプロ予選を対象とした各HG賞の表彰が行われましたので、ご報告致します。
 A・Bシフトを通じて1G毎にHG賞を設け、見事獲得した選手には保険の宮越様より賞品として、炊き込みご飯のセットが贈られました。
 各受賞者は以下の通りとなっております。



写真左より
保険の宮越 宮越 健一 様
1G目:
馬場 一(53期・No.1329 所属:ラウンドワン)
2G目:
嶋田 佑介(55期・No.1366 所属:防府ゴールデンボウル)
3G目:
淵 常志(53期・No.1331 所属:フリー)
〃 :
森本 浩史(53期・No.1327 所属:エナジックインターナショナル)
4G目:
山中 悟(54期・No.1350 所属:江の島ボウリングセンター)


写真左より
保険の宮越 宮越 健一 様
5G目:山中 悟(54期・No.1350 所属:江の島ボウリングセンター)
6G目:
ブライアン・グリーンウッド(54期・No.1352 所属:フリー)
7G目:
広瀬 恭平(53期・No.1340 所属:富山地鉄ゴールデンボウル)
8G目:
小鹿 大樹(54期・No.1346 所属:アサヒボウル・フォーラムボウル)
 
2016/08/19
  承認大会・第2回レジェンドカップ  松本 君代 選手、優勝!

 今年から祝日となった8/11(木)に、イーグルボウル(大阪)にて承認大会・第2回レジェンドカップが開催されました。
 パーフェクト4つ、800シリーズも1つ、いずれもアマチュア選手によって達成され、関西アマチュアの実力を見せつけてくれました。
 そんな大会を象徴するかのように、数々のプロトーナメントでベストアマに輝く松本 君代 選手が、ディフェンディングチャンピオンの呉竹 博之や、ホステスプロの西村 美紀を抑えての優勝となりました。
 詳しくは大会ページをご確認下さい。



プロトーナメントでもすでにお馴染み
松本 君代 選手
 
  承認大会・2016KANAZAWAプロアマオープン  橘 靖人 選手、優勝!


 8/11(木)にこちらはジャンボボール(石川)で開催されました2016KANAZAWAプロアマオープンにて、橘 靖人 選手が優勝されました。
 決勝シュートアウト2位通過の橘選手は、3位決定戦で同じくアマチュアの山岸 健一 選手を撃破。トップシード・藤井 信人との優勝決定戦では、50ピン近い大差で藤井を下して優勝となりました。
 詳しくは下記リンクよりご確認下さい。


■■ 最終成績PDF/353KB ■■

 
2016/08/09
  ★9月2日は東京ドームでP★リーグナイター!


 来たる9/2(金)、東京ドームにて行われる巨人対中日戦が、「ボウリング革命 P★LEAGUE」の誕生10周年を記念して「P★リーグナイター」として開催されることとなりました!
ナイターではP★リーガー9名が試合開始前の「オン・ユア・マークス」に参加、始球式などが行われます。レーンからマウンドにステージを移したP★リーガー達の勇姿を、どうぞ東京ドームにてご観覧下さい!
イベント詳細につきましては読売巨人軍公式HPよりご確認をお願い致します。

 
2016/08/04
  承認大会・第9回那須与一カッププロアマボウリング大会  須崎 信行が優勝!

 7/31(日)に王冠ボウル(栃木)にて開催されました承認大会・第9回那須与一カッププロアマボウリング大会にて、須崎 信行が優勝しましたのでご報告致します。
予選6Gののち決勝シュートアウトが行われ、2位の小原 照之、3位の阿久津るみ選手、4位の太田 美紀らが250ピン以上のビッグゲームを打つ中、須崎は268ピンで勝利。
ハイスコア合戦を制しての優勝となりました。
詳しくは大会ページをご確認下さい。



写真左から
優勝:
須崎 信行(43期・No.1075 所属:トマトボウル)
2位:
小原 照之(32期・No.761 所属:サウンドオブグラス)
3位:
阿久津 るみ 選手
 
  承認大会・ウェルズホーム杯福島オープン2016  大石 奈緒が大会制覇!

 先日7/23(土)・24(日)の2日間にわたり開催されました、承認大会・ウェルズホーム杯福島オープン2016にて大石 奈緒が優勝致しました。
その2週間前に4年ぶりの2勝目を挙げたばかりの大石は、トップシードで決勝トーナメントに進出。優勝決定戦で小森 清人と対戦し、約30ピン差での勝利となりました。
詳しくは下記リンクよりご確認下さい。


■■ 最終成績PDF/109KB ■■


その後の新人戦でも上位入賞。今年は波が来ている?!
大石 奈緒
(45期・No.487 所属:(株)マルヰ 山形ファミリーボウル)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。