TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2016年3月


2016/03/31
  スカイAカップ第37回関西オープン女子 寺下 智香、大会第2号パーフェクト達成!

 開会式を終えて予選前半もBシフトに突入し、先にお伝えした中谷に続く大会第2号パーフェクトを、寺下 智香が達成致しました!
 予選前半Bシフト3G目、2014年プリンスカップ以来自身2個目(JPBA公認251号)を達成した寺下、昨年の初優勝・初シード入りが伊達ではないところを見せてくれました。
 充電期間を終えて、どの選手も気合い十分!冬の間に磨いた腕を、開幕の地・関西で十二分に発揮しております!


笑顔爛漫!
寺下 智香
(47期・No.507 所属:SDエンターテイメント/サンブリッジ)

(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) ヴィンテージデンジャーゾーン)
 
  スカイAカップ第37回関西オープン女子 中谷 優子、開幕第1号パーフェクト達成!

 長らくお待たせ致しました、今季女子プロボウリング開幕戦となる、スカイAカップ第37回関西オープン女子がスタートしました!
 大会初日の本日、予選前半6Gが投球されていますが、そのAシフト1G目に中谷 優子が大会第1号、自身4年ぶり4個目(JPBA公認250号)のパーフェクトを達成。
 開幕戦しょっぱなの1G目、まさに今季開幕を告げる狼煙とも言うべきパーフェクトに、初日から詰めかけた大勢の観客も大歓声を挙げました!


ばっちりウィンクも決まった!
中谷 優子
(28期・No.289 所属:神戸スカイレーン)

(使用ボール:エボナイト社(レジェンドスター) コードオブオナー)
 
2016/03/25
  第16回ABS300クラブプロアマトーナメント 黒川 靖が優勝!

 先日3/20(日)に品川プリンスホテルボウリングセンターで開催されました、第16回ABS300クラブプロアマトーナメントにて黒川 靖が優勝致しました。
 パーフェクトが2つ達成されるなどハイレベルな戦いのなか、黒川は佐藤まさみ臼井 晶香姫路 麗ら女子プロ3名に包囲網を敷かれつつも男子プロの意地で突破、賞金100万円を手にしました。
 成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。


■■  最終成績PDF/64KB  ■■
 
2016/03/21
  ★第39回マレーシアインターナショナルオープン 参加募集のお知らせ

 来たる5/1(日)〜7(土)、マレーシア・クアラルンプールにて、第39回マレーシアインターナショナルオープンが開催されます。
 本トーナメントはアジアボウリング連盟公認、FIQ/WTBA競技規定集のもと行われます。
 JBC所属アマチュア選手、JPBA会員に参加募集のオファーが大会主催者より届いております。世界を相手に腕試しにできるチャンスです!参加ご希望の方はJBC事務局までご連絡下さい。

 
2016/03/15
  ★第4回定時総会開催のご報告

 昨日3/15(火)、第4回定時総会が開催され、会長はじめ理事、ならびに各地区より代議員が出席し、平成27年度事業報告及び収支決算が審議されました。
 また平成28年度事業計画及び収支予算が報告されました。

 
2016/03/02
  第7回佐賀レディースプロアマオープントーナメント 川口富美恵がプロの部優勝!

 先日、2/27(土)・28(日)の2日間にわたり、メリーランドタケオボウルにて承認大会・第7回佐賀レディースプロアマオープントーナメントが開催されました。
 予選6Gを投げてアマチュア上位30名、プロ10名が決勝3Gを投球。予選でもぶっちぎりでトップを独走していた川口富美恵が、さらに勢いを増して2位以下に差を付け、最後まで首位を守り抜きました。
 またアマチュアの部では中学生の中島 望結 選手が優勝。決勝3Gのスコアはなんと川口の731ピンを上回る750ピンを叩き出すという活躍を見せてくれました。
 詳しい成績につきましては大会ページをご確認下さい。


写真左から
優勝:
川口富美恵(32期・No.330 所属:パピオボウル)
2位:
阪本 彩(48期・No.527 所属:フリー)
3位:
前屋 瑠美(47期・No.509 所属:ピースボウル)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。