TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2015年8月


2015/8/23
  2015プロボウリング男子新人戦 谷合 貴志、初優勝・初タイトル!



一年越しの宿願を果たして晴れ晴れとしたガッツポーズ!
谷合 貴志
(52期・No.1289 所属:(有)ユウキシステムサービス 出身:神奈川県)
(使用ボール:エボナイト社(レジェンドスター) ゲームブレイカー2MAX)

 プロデビューから3年間しか参加資格がないプロボウリング男子新人戦。その貴重さもさることながら、ベテランの大先輩や脂の乗った中堅らがおらず、同期や身近なライバルだけでの戦いなだけに新人達としては喉から手が出るほど欲しいタイトルの一つ。自分と年齢やプロとしての経歴の長さもそう変わらないライバルが新人戦のタイトルを手に入れるのを見て、「次は俺だ!」と決意を新たにする者も少なくありません。
 なかでも52期生・谷合 貴志の物語は、昨年の大会で藤井 信人が優勝した瞬間から始まっていました。
 2013年のプロテストで最後まで田 浩規と実技トップを争った谷合と、実技免除で合格した藤井は同じ神奈川県出身で年齢も近いことから仲の良い二人なだけに、藤井の次に優勝するのは自分だと心に誓った谷合。
 その誓いを勝利の女神は愛でたもうたか、今大会は谷合が得意とする全日本コンディションのロングパターン。さらに予選も「朝イチはレーンが暴れるから午後からがいい」と希望していたBシフトに入り、予選・準決勝と首位を独走します。
 最終ステージの決勝ラウンドロビンでも出だしの1G目、水本 有希との対戦で263ピンのビッグゲームを打ち、このまま向かうところ敵無しで最後まで突っ走るかと思われましたが、勝利の女神もそこまで甘くはなく、2G目にして谷合に試練が立ちはだかりました。
 レーンコンディションの難しいボックスに入った2G目、対戦相手は準決勝でパーフェクトを達成し波に乗る勝間田 翔。ここで谷合は今大会の自己最低スコアを更新する173ピンを打ってしまい、黒星をつけられてしまいます。さらに続く3G、4G目もこのロースコアを引きずり、柳生 清光浮田 健吾に勝利するものの今一つスコアが伸びません。さらには谷合が足踏み状態にいるなか、4G目で今大会の台風の目、アマチュアの坂本 和幸 選手が279ピンのビッグゲームを打って首位に踊り出て来て谷合を引きずり下ろしました。
 しかし一年越しの優勝への誓いが谷合を折れたままにはしておきませんでした。今季デビューの54期生で唯一決勝ラウンドロビン進出を果たした入口 光司との5G目で258ピンを打って息を吹き返すと、続く6G目でアマチュア時代からの朋輩・渡邊 雄也も打倒。
 そして7G目、最終ゲームのポジションマッチを前にした大事なゲームで、谷合は坂本選手と対戦します。
 プロとアマチュア、立場は違うものの谷合と坂本選手はジュニア時代からの顔見知り。お互い同じようなラインを使うボウラーとして意識していた上に、一度は首位を奪われた相手。さらに7G目の投球ボックスは相性の良いレーンだったこともあり、ここで勝たなければ優勝が難しくなると考えた谷合は「絶対に勝つ!」と気合いも新たにゲームに臨みます。
 両者ともスペアでスタートした7G目、2フレーム目からのターキーで谷合が一旦リードを取りましたが、坂本選手も負けてはおらず、なんと3フレーム目から7連続ストライクに成功。
 谷合も中盤はスペアが続きましたが7フレーム目からストライクを繋ぎ、10フレ勝負に持ち込みます。
 逃げ切りたい坂本選手でしたが、10フレーム1投目が2・4・5・8番を残す6本カウント。これをカバーし、3投目でストライクを決められることを考えると、谷合が勝利するには10フレーム2投目までストライクを続けることが絶対条件となりましたが、心は熱く燃えていても頭は冷静だったという谷合はプレッシャーに負けることもなくストライクに成功。7フレーム目からの5連続ストライクを決めて256対253という激戦を制します。
 そして最後のポジションマッチでは、2位の勝間田と約90ポイント差、3位の坂本選手とは約100ポイント差と余裕がある状態でも谷合は油断することもなく、勝間田に勝利してさらにポイント差を広げ、新人戦ラストチャンスを見事ものにしました。
 今季は自身初のシード入りも果たし、シーズントライアルでも連続優勝、5月のグリコセブンティーンアイス杯では4位入賞とめきめき頭角を現してきた谷合、レギュラーツアー初優勝もそう遠いことではないでしょう。
 どうぞ今後の活躍にご期待ください!


堂々2位でベストアマ獲得!
坂本 和幸 選手
(東京・笹塚ボウル)
 
  2015プロボウリング男子新人戦 勝間田 翔が大会第1号パーフェクト達成!

 準決勝にて53期生の勝間田 翔がやりました!
 2G目に自身初(JPBA公認1307号)のパーフェクトを達成。予選通過23位から一挙に急浮上、決勝ラウンドロビン進出に向けて猛チャージ中です!


成し遂げた笑顔。
勝間田 翔
(53期・No.1332 所属:桃園シティボウル)
(使用ボール:モーティブ社(ABS) カバートリボルト)
 
2015/8/22
  2015プロボウリング男子新人戦 島根 大樹が7-10スプリットメイド達成!

 今季プロテスト合格の新人達にとってはデビュー戦となる者も多いプロボウリング男子新人戦が本日開幕致しました。
 52期から54期までのまだまだ初々しい新人達が戦うなか、53期生の島根 大樹が予選Aシフト2G・6フレーム目に自身初(JPBA公認120号)7-10スプリットメイドを達成しました!
 予選折り返し地点では準決勝進出は難しい位置にいる島根、是非ともこの記録達成だけに終わらず活躍を見せてほしいところです!


男気見せました!
島根 大樹
(53期・No.1335 所属:SAP草加ボウル)
(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) マスターマインドアインシュタイン)
 
2015/8/9
  中日杯2015東海オープン ジュニア大会のご報告

 遅くなりましたが、決勝シュートアウト前に行われましたジュニア大会の結果をご報告致します。
 小学校低学年・高学年・中学生・高校生の4部門に分かれ、3Gトータルピンを競う東海恒例のジュニア大会。今大会もジュニア達がレベルアップした姿を見せてくれました。過去には森本 健太坂倉にいなも出場したこのジュニア大会から、また新しいスターが生まれて来るのが楽しみでなりません!
 各部門入賞者は以下の通りとなっております。(氏名はすべて写真左から)

<小学生低学年の部>
<小学生高学年の部>
優勝:森下 元喜 選手(鈴鹿グランドボウル)
2位:林 優輝 選手(アソビックスびさい)
3位:林 大夢 選手(アソビックスびさい)
優勝:林 育美 選手(アソビックスびさい)
2位:戸塚 知菜 選手(アソビックスびさい)
3位:加藤 慧一 選手(稲沢グランドボウル)

<中学生の部>

<高校生の部>
優勝:甲地 悠人 選手(アソビックスかにえ)
2位:近藤 椎菜 選手(名古屋グランドボウル)
3位:高木 大輔 選手(アソビックスあさひ)
優勝:今枝 佑哉 選手(アソビックスびさい)
2位:井口 雅也 選手(キャッスルボウル)
3位:山田 天裕 選手(コロナ大垣)
 
  中日杯2015東海オープン 姫路 麗、2度目の東海制覇!



何度勝っても、勝利の瞬間にこみ上げる涙
姫路 麗
(33期・No.352 所属:フタバボウル/ABS 出身:大阪府)
(優勝ボール:トラック社(ABS) パラドックス)

 男女共催、決勝シュートアウトと今季初勝利を挙げたグリコセブンティーンアイス杯と似たところが多かった今年の東海オープンは、姫路 麗にとっても好相性だったと言えるでしょう。
 男子と同様に予選前半と後半で順位の変動が大きい状況の中、姫路は5位から首位につくと独走状態に突入。岸田 有加時本美津子、2013年のジャパンオープンでアマチュア優勝を果たした竹川ひかる 選手長縄多禧子川口富美恵といったいずれ劣らぬ強敵を次々と撃破し、決勝シュートアウトに進出します。
 決勝グループラウンドロビンでパーフェクトを達成した本間由佳梨、安定した実力派のベテラン・近藤 文美、そして姫路が今季2勝目を挙げたJFEカップ千葉女子オープンで初ステップラダー進出を果たして頭角を現した鶴井 亜南らとの決勝シュートアウト・セミファイナルでは、姫路は3フレーム目をイージーミスでオープンとしたもののすぐに切り替えて5連続ストライクを決めて一抜け。
 近藤と本間はリオイルして変化が早いレーンに捕まり、スプリットに泣いてスコアを伸ばせません。そんな中、姫路はファイナリスト4名中もっとも若く、ただ一人のレフティである鶴井に勢いを感じ、優勝決定戦には鶴井が来ると見てからはその投球を見ないようにした、と語ります。
 そんな姫路の予想通り、ファイナルステージは姫路と鶴井の対戦に。きりりと引き締まった表情の鶴井は、7番ピンタップでオープンスタートとなるも動揺した様子もなく、その若さに似ず終始落ち着きのある態度でゲームに臨みます。対する姫路はというと、姫路によく見られる鬼気迫るほどに集中して淡々と投げる姿は今回見せず、いつもよりも声を張りボディアクションも大きな”動”の姿を見せました。
 というのも女子優勝決定戦に先駆けて行われた男子優勝決定戦で原田 招雄が落ち着いた”静”を見せ、田形 研吾が大きなボディアクションで”動”の姿を見せたことにより、グリコセブンティーンアイス杯で一緒に優勝した田形と同じく”動”の姫路を見せようと意識したとのこと。
 さらにその田形が先に優勝を決めたことにより、グリコセブンティーンアイス杯の再現を強く心に決めた姫路は5フレーム目から5連続ストライクを決め、一気に鶴井を引き離します。
 鶴井もまだプロ入り2年目の新人とは思えない落ち着きと気迫で女王・姫路を追いますが、8フレーム目に再び7番ピンをカバーミスしたことが響いてその背中に届かないまま終了。姫路二度目の東海制覇となりました。
 今季6試合中3勝を挙げる絶好調の姫路ですが、故障や試行錯誤がないわけではありません。先の六甲で右足をひねりすぎて腰を痛め、現在もまだ完治はしていないという姫路は、今大会は腰に負担をかけない投げ方に専念したところ、あまりボールを曲げない形となり、それが当たった結果になったと語ります。
 さらに自分のボウリングを貫くよりもその時々のレーンに自分を合わせて行くことを意識していると言い、相性の良さや運もただ与えられるものではなく、努力と研鑚を怠らない者が掴み取っていくのだと思わされました。
 しかし今回は敗れた鶴井も次の目標は優勝ときっぱり宣言するなど、後進も順調に育っている女子プロボウリング界。ビッグタイトルが目白押しとなる今季後半戦がまた一段と楽しみになって参りました!


総合5位入賞、ベストアマ獲得!
竹川ひかる 選手
(岐阜グランドボウル)
 
  中日杯2015東海オープン 田形 研吾、東海地区所属プロ悲願の東海制覇!



優勝インタビューでは男泣き!
田形 研吾
(38期・No.931 所属:ラウンドワン 出身:福岡県)
(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) レジェンドワン)

 男女共催で夏祭りのような賑やかさも感じられた今年の東海オープンも、本日いよいよフィナーレを迎えました。
 2日間にわたった予選、続くシュートアウトにグループラウンドロビンと、実力もさることながら運や相性といった部分も勝敗の重要な鍵となるこの東海オープンで、今年一番相性の良かった男子選手は田形 研吾だったと言えるのではないでしょうか。
 予選前半と後半から徐々に順位を上げていった田形は、準々決勝をトップで勝ち抜けすると、そこからグループトップを譲らず決勝シュートアウトへ進出します。
 田形と同じく勝ち抜けてきたのは予選前半2位から後半16位、準々決勝では2位通過と運を拾って勝ち上がってきた中村 太亮に、生けるレジェンド・矢島 純一。そして決勝グループラウンドロビンのポイント上位者として、原田 招雄の4名が出揃いました。
 そんな重厚な面子が揃った決勝シュートアウト・セミファイナルでは、プロ入り6年目、32歳の中村にとって59歳の田形、64歳の原田、69歳の矢島らの壁は厚すぎたか、ここまで勝ち抜いて来た運も尽きたか。7番ピンタップやスプリットに泣いて敗退となります。
 ここで勝てば最年長優勝記録とJPBA優勝最多記録を同時更新できる矢島も2度のオープンフレームでスコアを伸ばせません。
 矢島と同じく10番ピンをカバーミスして2つのオープンを出した原田でしたが、ダブルで繋いで矢島を追い抜き、一人ノーミスを守った田形との頂上決戦となりました。
 よくプロボウラーの間では「2勝を挙げてこそ本物」と言われますが、とくに田形はその言葉が心の底にわだかまっていました。
 というのも、今年5月にグリコセブンティーンアイス杯で14年ぶりの2勝目を挙げた田形でしたが、グリコセブンティーンアイス杯は出場選手の数も限られるB公認大会。「B公認でもレギュラーツアーでも優勝に変わりはない」と親交の深い矢島からかけられた言葉に逆に背を押され、多くの強豪が集まるレギュラーツアーでなんとかもう1勝を挙げたいと考えます。
 そしてまたよくプロボウラーの間では、「親友と優勝決定戦で戦いたい」とよく言われます。今回、田形も同じように矢島と優勝を争いたかったと語りましたが、そんな朋友を乗り越えてファイナルステージに立った以上は負けるわけには行きません。
 しかも優勝を賭けた対戦相手は原田。ここまで準々決勝シュートアウト、決勝グループラウンドロビンで同じ組に当たり、直接対戦してねじ伏せてきた原田に、最後の最後で勝利を譲れるわけがありません。
 原田にしても2年前のROUND1CUPで立てた最年長優勝記録の自己更新がかかっており、負け越したままでは終われません。
 そんないぶし銀二人の対決は中盤6フレーム目までほぼ互角。このまま10フレ勝負に突入かと思われたところで、7フレーム目に田形が3・4・6・7番を残す痛恨のスプリット!しかし原田も8フレーム目で10番ピンをカバーミスしてしまい、これでまたイーブンに戻ってしまいました。
 この東海オープンは不思議と東海地区所属プロが優勝した試しがない大会。今年こそ優勝トロフィーをこの東海に、そんな地元の仲間やファンの声援がこの混戦状態にある田形を押し上げます。さらに田形には今回、勝利の女神がついていました。
 その女神はグリコセブンティーンアイス杯で女子優勝を果たした姫路 麗。試合が始まる前、「今回も二人一緒に優勝したいですね」と声をかけられたという田形。これで奮起しない者はいないでしょう。8フレーム目からオールウェーに成功して一気に形勢逆転し、原田を追い落としました。
 アマチュア時代から通い、シーズントライアルなどで良い成績を残してきた星ヶ丘ボウル、何度も直接対戦して白星を獲って来た対戦相手、地元の応援と勝利の女神。すべての運と培ってきた実力で、還暦を前にした田形が東海勢悲願の地元プロによる東海オープン制覇を果たしました!


総合8位入賞、ベストアマ獲得!
加藤 勇紀 選手
(アソビックスあさひ)
 
  中日杯2015東海オープン チャリティオークションのご報告

 今大会も恒例のチャリティオークションが行われ、決勝グループラウンドロビン終了後に落札者の方へ商品の引き渡しが行われました。
 男女共催で東海では今年初だった為か、多くのお客様にご参加頂き、145,901円もの売上となりました。
 ご協力頂きました皆様に御礼申し上げます。誠にありがとうございました!


今大会の最高額落札者様と
 
  中日杯2015東海オープン 本間由佳梨、大会第4号パーフェクト達成!

 大会最終日の本日、大会第4号にして女子では大会初のパーフェクトを、本間由佳梨が達成しました!
 決勝ブロックラウンドロビン1G目に自身初(JPBA公認245号)の記録達成となった本間、桑藤 美樹佐藤まさみ小林あゆみと若手ながらもすでにタイトルホルダー達の厚い壁を突破できるか?ご注目下さい!


快哉を叫ぶ!
本間由佳梨
(46期・No.499 所属:サンコーボウル/ABS)
(使用ボール:ABS社 アブソリューションラシット)
 
2015/8/8
  中日杯2015東海オープン 田 浩規、大会第3号パーフェクト達成!

 予選の前半の保倉、後半の稲葉に続き、男子準々決勝にて田 浩規が大会第3号パーフェクトを達成しました!
 準々決勝シュートアウト2G目に2年ぶり自身2個目(JPBA公認1306号)を達成し、準決勝にグループ1位で進出を決めた田、明日の活躍に期待が持たれます!


余裕の風格さえ漂う
田 浩規
(52期・No.1288 所属:ラウンドワン)
(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) フォルテライントリーグ)
 
  中日杯2015東海オープン アマチュアHG・HS賞表彰

 2日にわたる予選が終了し、アマチュアを対象としたHG・HS賞の表彰が行われましたのでご報告致します。
 男子のHG賞は予選9G目に287ピンを打った犬飼 健志 選手、HS賞は第2シリーズに1,220ピンを打った伊藤宗一郎 選手がそれぞれ受賞。
 また女子は現役中学生の戸塚 眞由 選手が予選8G目に278ピンを打って受賞。HS賞は52期生・渡邊 雄也の妹さん、渡邊 沙羅 選手がこちらも第2シリーズに1,081ピンを打って受賞となり、各選手には記念のトロフィーが贈られました。

男子HG賞
犬飼 健志 選手
(東名ボール)
男子HS賞
伊藤宗一郎 選手
(星ヶ丘ボウル)
女子HG賞
戸塚 眞由 選手
(アソビックスびさい)
女子HS賞
渡邊 紗羅 選手
(豊川グランドボウル)
 
  中日杯2015東海オープン 稲葉 竜太、大会第2号パーフェクト達成!

 大会もいよいよ3日目を迎え、この後に控える準々決勝を目指してどの選手もスパートをかける中、プロ入り4年目の稲葉 竜太が大会第2号パーフェクトを達成しました!
 予選後半Bシフト9G目に自身初(JPBA公認1305号)を達成した稲葉、8G目にも278ピンのビッグゲームを打った上でのパーフェクトとあって予選前半62位から一挙30人以上をごぼう抜き。猛チャージをかけています!


さりげない中にも力強さ溢れる拳
稲葉 竜太
(51期・No.1275 所属:ココレーン)
(使用ボール:ハンマー社(レジェンドスター) バッドアスムーブ)
 
2015/8/7
  中日杯2015東海オープン 保倉 映義、大会第1号パーフェクト達成!

 プロ選抜大会を終えて本日いよいよ本大会に突入した東海オープン。その予選Aシフト3G目に、保倉 映義が大会初のパーフェクトを達成しました!
 2013年の千葉OP以来2年ぶりの自身5個目(JPBA公認1304号)を記録した保倉、まずは予選突破に向けて好感触です!


ゴキゲン笑顔でガッツポーズ
保倉 映義
(38期・No.947 所属:(株)ウニクスボウル)
(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) C-システムバーサマックス )
 
2015/8/3
  承認大会・レジェンドカップ 呉竹 博之が優勝!

8/2(日)にイーグルボウル(大阪)にて開催されました承認大会・レジェンドカップを、呉竹 博之が制しましたのでご報告致します。
 予選6G、準決勝3G、決勝3Gのトータルスコアで競われ、呉竹はAVG245.5となるトータル2,946ピンを打って優勝。2位のホストプロ・西村 美紀をわずか3ピン差でかわしての薄氷を踏むがごとくの勝利でした。
 詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。


人の良さが滲み出る笑顔
呉竹 博之
(43期・No.1070 所属:ボウルポップス/サンブリッジ)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。