TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2015年4月


2015/4/26
  2015宮崎プロアマオープン 名和 秋が宮崎初制覇!


勝利を掴んだ笑顔の先に涙がこみ上げる 
名和 秋
(35期・No.365 所属:相模原パークレーン)
(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) コード・オブ・オナー)

 昨年末のプリンスカップから4ヶ月、待ちに待った女子開幕戦・宮崎プロアマオープン。2日間にわたる予選に4人8組に分かれて行われるブロックラウンドロビン、そしてガチンコ勝負の決勝トーナメントと見どころも満載で、毎年地元の宮崎はもちろん、九州各地からも観客が押し寄せます。
 選手達にとってはコンスタントに打てる実力はもちろん必要ですが、運も大きく左右してくる大会と言えるでしょう。予選ではBシフトにシードプロが集中し、各シフト上位16名が準決勝へ進出できるというレギュレーションのなか激戦を極めます。
 そんな中、前半ではBシフト17位と次点に着け、予選終了時に西村 美紀を1ピン差で上回って準決勝枠を手に入れたのが、2013年のROUND1CupLadiesで9年ぶりの2勝目を挙げた名和 秋でした。
 プロ、アマチュアを問わず、「練習すればするほど悪くなる」という低迷期につかまった経験のある方は多いと思われますが、名和いわくは昨年末からずっと、今大会もそんな霧の中を歩く者の一人でした。
 9年ぶりのV2から明けて一年は17位タイで終わった宮崎をはじめ、上位陣には名を連ねるのですがファイナルステージには届かず、シードプロ枠は確保したものの名和本人にとっては満足の行かない結果に。
 そこで一念発起した名和、正月休みも返上して練習に打ち込み、この開幕戦を迎えましたが、低迷の霧はなかなか名和を離してはくれません。
 しかし幸運の女神は名和を贔屓にしたようで、先に書きました通り予選は激戦区のBシフトながら1ピン差で通過。準決勝ブロックラウンドロビンはAシフト1位で好調の岸田 有加がいた上に、2勝4敗の戦果ながらベストアマの阪本 和江 選手に24ピン差でかわして決勝進出を果たします。
 ぎりぎりの綱渡り状態で勝ち抜けてきた名和でしたが、決勝トーナメント1回戦の対戦相手が朋友の谷川 章子だったことから「仲良しのあっこちゃんに恥ずかしくないゲームをしよう」とスイッチが入り、なんと今大会初の250up。
 続く対小泉奈津美の2回戦では小泉の思わぬ自滅もあり、50ピン近い大差で勝利します。
 4強が出揃ったところで、279ピンのビッグゲームを連発して勝ち上がった絶好調の阿部 聖水、産休復帰から初のファイナルステージとなった丹羽由香梨と、名和を含めて4名中3名が35期の同期生という珍しい状況に。
 決勝トーナメント・準決勝第1試合、阿部と名和の対戦は直前のリオイルが響いて阿部が自滅。そして「35期生同士の優勝決定戦になるといい」と3人で語り合ったものの、41期生の平野 志帆が7連続ストライクで257ピンを打って丹羽を打倒。ただ一人になってしまった35期生・名和と、初優勝をかけた平野との優勝決定戦となりました。
 ここまで不調なりにボールやラインの選択に注意を払い、いつもよりも慎重な投球を心掛けてきたという名和の努力を、幸運の女神はさらに愛でたもうたか。序盤のダブルでリードこそ平野が取りましたが名和もぴったりとその後につき、平野に独走を許しません。さらに勝負どころの8・9フレームでダブルを決めてとうとう名和が逆転。勝敗は10フレームにもつれ込みました。
 10フレーム1投目、名和のボールは3・6・10番を残す7本カウント。対する平野がストライクを決めたことで、確実にこれをカバーしなければ敗北がほぼ確定してしまう展開となりましたが、実は今大会、3・6・10番の残りピンを一度もカバー出来なかったという名和。
 この絶体絶命の状況に、幸運の女神が降りてきたのか、それとも名和自身の強さが発揮されたのか。ボールは吸い込まれるようにピンを倒し、今大会はじめての3・6・10番カバーを決めました。
 しかしまだ勝敗の鍵を握っているのは平野。10フレーム2投目もストライクで繋げれば天秤が大きく傾くという状況でしたが、初の優勝決定戦、プロ入り8年目の初タイトルを目前にして思わず力が入ってしまい、奇しくも名和と同じく3・6・10番を残す7本カウントに。
 平野がこれをカバー出来てもMAX217ピンとなり、名和はラスト投球で5本以上倒せば勝利が確定するところを、有終の美を飾るかのように綺麗なストライクで締めくくりました。
 多くの声援と朋友達の応援、幸運の女神の寵愛と自身で身に着けた底力。すべてが名和をまた一段と成長させ、宮崎初制覇、そして開幕戦勝利を掴み取らせました!

 
<ベストアマ>

アマチュア唯一の準決勝進出者にして総合17位タイ入賞!

阪本 和江 選手
(折尾スターレーン・福岡)
 
2015/4/24
  2015宮崎プロアマオープン 表敬訪問のご報告


写真左から
トーナメントディレクター 山本由美子
宮崎県知事 河野 俊嗣 様
宮崎出身プロボウラー 前屋 瑠美
大会実行委員長 藤元 良一 様 



 先のご報告と前後して、4/22(水)に大会実行委員長・藤元 良一様とトーナメントディレクターの山本由美子、そして宮崎県出身の前屋 瑠美が宮崎県庁へ表敬訪問に伺いました。
 県庁では宮崎県知事・河野 俊嗣様とお会いして、開催のご報告とご後援への御礼をお伝え致しました。
 
2015/4/23
  2015宮崎プロアマオープン 表敬訪問のご報告


写真左から
(公社)日本プロボウリング協会会長 松田 秀樹
宮崎市長 戸敷 正 様
前年度優勝者 吉川 朋絵
大会実行委員長 藤元 良一 様 


 待ちに待った女子開幕戦、2015宮崎プロアマオープン本大会を明日に控え、本日JPBA会長・松田 秀樹と前年度優勝者の吉川 朋絵、大会実行委員長の藤元 良一 様が宮崎市役所及び宮崎日々新聞社へ表敬訪問に伺いました。
宮崎市役所では宮崎市長・戸敷 正 様とお会いして、和やかな歓談のひとときを過ごし、応援のお言葉を頂きました。

また宮崎日々新聞社では運動部次長の西脇 寛 様、記者の那須 友紀 様とお会いし、開催のご報告をさせて頂きました。
明日からの本大会では女子プロボウラー一同、皆様にお楽しみ頂けるような力投を見せてくれることでしょう。
どうぞご期待ください!
 
2015/4/23
  承認大会・飯塚第一ボウルBIGプロチャレンジ2015 諸林 茂 選手が優勝!

 先日の4/19(日)に飯塚第一ボウル(福岡)で開催されました、承認大会・BIGプロチャレンジ2015にてを諸林 茂 選手が優勝されました。
予選を勝ち抜いたアマチュア選手とプロが対決するドリームマッチでは、ホストプロの三池 丹揮中村 太亮を破って優勝。諸林選手はその中村との準々決勝で敗れましたが、アマチュアトップで優勝となりました。
詳しい成績につきましては大会ページよりご覧下さい。



総合トップの三池 丹揮と一緒に
諸林 茂 選手
(ユーズボウル久留米)
 
2015/4/22
  ★2015プロボウリングレディース新人戦 アマチュア選抜大会開催のお知らせ

 きたる7/28(火)・29(水)に開催される2015プロボウリングレディース新人戦では、ただいま選抜大会にご参加くださるアマチュア選手の皆様を募集しております。
女子アマチュアボウラーであればどなたでも参加可能です。フレッシュな女子新人プロ達と腕を競ってみませんか?皆様のご参加お待ちしております!


■ アマチュア選抜大会申込用紙PDF/443KB ■

お申込先:スポルト浦和国際ボウル
TEL:048-853-4921
FAX:048-853-4925

※クリックで拡大版が開きます
<アマチュア選抜大会スケジュール>
第1シフト 5/30(土) 18:30〜 第7シフト 6/14(日) 18:30〜
第2シフト 5/31(日) 10:00〜 第8シフト 6/21(日) 18:30〜
第3シフト 5/31(日) 18:30〜 第9シフト 6/27(土) 10:00〜
第4シフト 6/ 6(土) 18:30〜 第10シフト 7/4(土) 18:30〜
第5シフト 6/13(日) 10:00〜 第11シフト 7/11(土) 10:00〜
第6シフト 6/13(土) 18:30〜 第12シフト 7/11(土) 18:30〜
 
 
承認大会・第2回大磯オープンボウリングトーナメント 岸田 有加が優勝!

 4/12(日)、大磯プリンスホテルボウリングセンター(神奈川)にて開催されました承認大会、第2回大磯オープンボウリングトーナメントを岸田 有加が制覇しました!
アマチュア255名、プロ44名が参加し、予選8G・準決勝ブロックトーナメントを勝ち抜いた8名による決勝トーナメントで、岸田はホストプロの吉川 朋絵山下 昌吾を撃破。田 浩規との優勝決定戦では268ピンの高スコアで田を下しました。
詳しい成績につきましては大会ページよりご覧下さい。



優勝の笑顔は一段と晴れやかに
岸田 有加
(43期・No.463 所属:ACTエースレーン)
 
2015/4/18
  ★World Bowling Tour MAJORBowling World OpenBowling to the Olympics
開催要項変更のお知らせ


 7/9〜12に開催されるワールドボウリングツアーメジャーBowling World Openの開催要項を掲出いたしましたが、選抜大会募集要項ならび申込受付開始が5月11日(月)からに変更となりました。
詳しくは後日、JBCホームページに掲出されますのでご確認下さい。
 4/21開催要項を更新しましたのでご確認をお願い致します。
 
2015/4/13
  承認大会・静岡オープン2015 阿部 聖水 優勝!

 4/5(日)にボウルアピア静岡店にて開催されました承認大会・静岡オープン2015で阿部 聖水が優勝致しました。
予選8G・準決勝3Gに続く決勝シュートアウトを勝ち抜いてきた阿部と鈴木 亜季による一騎打ちは、両者とも227ピンの同点に。勝敗はワンショットプレーオフに持ち越され、ストライクを決めた阿部が勝利を掴み取りました。
詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。



1ピン差の勝利!
阿部 聖水

(35期・No.369 所属:ココレーン/ハイ・スポーツ社)
 
2015/4/12
  承認大会・第11回花きゃべつ杯 渡辺けあきが優勝!

 さる3/31(火)に東京ポートボウルにて開催されました承認大会・第11回花きゃべつ杯にて、渡辺けあきがプロの部で優勝しましたのでご報告致します。
5Gトータルで渡辺は2位の小林あゆみをわずか6ピン差でかわして勝利。またアマチュアの部では275ピンのビッグゲームで滑り出した石川 勝美 選手が優勝されました。
詳しい成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。


■ 最終成績PDF/97KB ■


写真左・プロの部優勝:渡辺けあき
(45期・No.488 所属:フリー/ABS)
写真左から3番目・アマチュアの部優勝:
石川 勝美 選手
 
2015/4/7
  第54回男子・48回女子プロボウラー資格取得テスト いよいよ開始!


 東会場・シチズンボウル、西会場・弁天町グランドボウルを皮切りに、今年もいよいよプロボウラーへの夢をかけた戦いの幕が切って落とされました。
第一次テストでは東西に分かれて男子は一日15G、女子は12Gを4日間投げ抜きます。どうぞ受験生達への温かいご声援をよろしくお願い致します!
 
  承認大会・第6回WAVE CUPinOSAKA 松本 君代 選手が優勝!

 4/5(日)に大阪・イーグルボウルで開催されました承認大会、第6回WAVECUPinOSAKAにてアマチュアの松本 君代 選手が優勝されましたのでご報告致します。
予選6G、準決勝3G、決勝3Gの12Gトータルスコアで競われ、松本選手は2位の高良 宏也に40ピン以上の差を付けて頂点に立ちました。
詳しい成績につきましては大会ページをご確認下さい。


昨年の六甲クィーンズ準優勝の実力を見せてくれました!
松本 君代 選手
(イーグルボウル)

 
2015/4/3
  ★第31回六甲クィーンズオープン 開催日時変更と
トーナメントプレイヤー講習会のお知らせ

 7/12(日)〜14(火)を予定しておりました第31回六甲クィーンズオープンの開催日時が変更になりましたのでご報告いたします。

7/20(月・祝)「神戸プロアマフェスティバル」
7/21(火)〜22(水)「六甲クィーンズ本大会」

上記日程に変更となりましたので、お間違えないようご確認下さい。

また2015年度トーナメントプレイヤー講習会の開催日時が決定致しましたのであわせてご報告致します。

第9回講習会 5/13(水)
15:00〜17:30
シチズンプラザミーティーングルーム(東京)
第10回講習会 5/14(木)
15:00〜17:30
シチズンプラザミーティーングルーム(東京)
第11回講習会 6/1(月)
12:30〜15:00
LEN貸し会議室「田町」(東京)
第12回講習会 8/5(水)
13:00〜15:30
星ヶ丘ボウルミーティングルーム(愛知)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。