TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2015年3月


2015/3/30
  承認大会・第15回ABS300クラブプロアマトーナメント
 山本 勲 優勝!

 先の3/15(日)に品川プリンスホテルボウリングセンターで開催されました承認大会・第15回ABS300クラブプロアマトーナメントにて、山本 勲が優勝致しました。
 決勝ステップラダーはABS契約プロが揃い踏みし、山本と黒川 靖の頂上決戦では246対224という見応えある一戦となった模様です。
 詳しい成績につきましては大会ページをご確認下さい。


大会4度目の制覇!
山本 勲
(44期・No.1078 所属:ABS)
(優勝ボール:モーティブ社(ABS) カバートリボルト)
 
  承認大会・第7回EXENOCUP 藤井 信人がプロの部優勝!

 昨日の3/29(日)、新狭山グランドボウル(埼玉)にて開催されました第7回EXENOCUPにて、プロの部を藤井 信人が制しました。
 予選6G、決勝4Gのトータル10Gを投げ、予選7位の藤井は決勝でビッグゲームを連発。最終ゲームは落としたものの2位の保倉 映義を25ピン差で押さえ込み、優勝を手に入れました。
 なおアマチュアの部では坂本詩緒里 選手が優勝。
 詳しい成績につきましては大会ページをご確認下さい。


写真左から
アマ優勝:坂本詩緒里 選手(池袋ロサボウル)

エクセノヤマミズ・磯辺 洋一 専務執行役員様
プロ優勝:藤井 信人(52期・No.1287 所属:(株)イースタンスポーツ)

 
2015/3/23
  第6回HANDACUP・プロボウリングマスターズ
 4/1(水)よりアマチュア参加受付開始!



 きたる6/6に開催の第6回HANDACUP・プロボウリングマスターズでは、男子アマチュア選手の皆様のご参加を募集致します。
 参加ご希望の方は下記申込用紙をダウンロードの上、FAXにて(公社)日本プロボウリング協会事務局までお申込ください。
 なお
参加申込受付期間は4/1(水)より先着順となっておりますのでご了承ください。
 いぶし銀に光るシニアの皆様のご参加をお待ちしております!


■■ 第6回HANDACUP・プロボウリングマスターズ ■■
アマチュア参加申込用紙PDF/90KB
 
  ★第54回男子・48回女子プロボウラー資格取得テスト
 男女あわせて127名が受験


 3/20(金)に受験申請期間が終了致しました第54回男子・48回女子プロボウラー資格取得テストに、男女あわせて127名の申請がありました。
 これにより4/7(火)より開始の第一次テストには、一次免除者を除いて東日本地区では男子49名・女子16名、西日本地区では男子24名・女子14名が受験致します。
 今年もどうぞ受験生達への温かいご声援をお願い致します。

 
2015/3/18
 

★第3回定時総会及び役員改選のご報告


 昨日3/17(火)に田町ハイレーンにて「第3回定時総会」が行われ、下記の通り役員の改選が決定致しましたのでご報告致します。

<理事>
谷口  健
松田 秀樹
石原 章夫
杉本 勝子
染谷景一郎
堀口 高弘
塩山 一美
貞松 保行
吉田  等
山本由美子

<学識経験理事>
田中喜代次
つくば大学大学院教授
藤元 良一
エースランド株式会社 代表取締役社長
日坂 義人
ヒサカプロショップ代表
尾藤三千雄
 

<監事>
小林 幹夫
(小林公認会計士事務所代表)
小林 万修
 

<名誉会長>
中山 律子


 以上の新理事による定例理事会において、以下の方々が選任されました。
会 長  松田 秀樹
副会長 谷口 健・杉本 勝子

 
2015/3/17
  ★日本テレビ「シューイチ」に矢島 純一が登場します!

 芸能界でも有名なボウリングファンの中山 秀征さんがMCを務める、毎週日曜朝7:30より放送中の情報番組「シューイチ」に矢島 純一が出演致します!
 番組内コーナー「中山のイチバン」に登場致しますのでお見逃し無く。
 日曜日のお出かけ前に是非ご覧下さい!

日本テレビ系列「シューイチ」
3/22(日)7:30〜9:55放送

 
2015/3/7
  第36回関西オープン(男子) 渡邉 航明、家族に捧げる初優勝!

 パーフェクト12個、800シリーズ7つが飛び出す大激戦となった男子の今季開幕戦。 どれだけ打っても一つミスをすればたちまち振り落とされてしまうほどのタフな戦いをくぐり抜け、大会最終日の今日、アプローチにあがったのは10名のタイトルホルダーと2名の優勝未経験者。山崎 行夫を筆頭に、青木 彰彦栴檀 稔高橋 延明水野 成祐岡部 直治といったプロ入り20年以上のベテランに、若手では三冠王・川添 奨太とルーキーイヤーにポイント王に輝いた藤井 信人、昨年レギュラーツアー初参戦で初優勝を成し遂げた山上 英章らJPBAが誇る若きエースが出揃います。
そんな中、今大会の台風の目となったのは糸山賀津人、そして川添と同期デビューで永久A級ライセンスの金ワッペンに王手を掛けた渡邉 航明の二人でした。
決勝ラウンドロビンで2つのパーフェクトと800シリーズを同時達成という快挙を遂げた渡邉が中盤からトップに立つと、糸山がその後に続いて1,2位を固めます。
勝ち星を重ねた藤井が3位に飛び込んできた一方、準決勝トップ通過の山崎がなんとか踏み止まって4位を守り、ファイナルステージ進出を決めました。
そして始まった決勝ステップラダー4位決定戦、山崎VS藤井の対戦は8連続ストライクを決めた藤井が山崎を圧倒。しかし続く3位決定戦では一転してストライクが繋がらなくなり、逆に糸山が8連続ストライクを決めて渡邉との優勝決定戦へと駒を進めます。
12名のラウンドロビン出場選手のなかでたった二人の優勝未経験者による対戦となった頂上決戦。今大会、予選の時点で「このレーンは自分が絶対打てるレーンだ」と確信していた渡邉が滑り出しからラッキーを拾いつつも7連続ストライクを決め、3フレーム目で失投からオープンにした糸山をリードします。
糸山もすぐに建て直して4フレーム目から4連続ストライクに成功。しかし一昨年のJAPANCUPにて勝負どころで10番ピンをカバーミスしてビッグタイトルを逃したことがずっと心の棘になっていた渡邉、慎重にノーミスを守って糸山を寄せ付けません。
そして10フレーム1投目で9本以上倒せば優勝が確定する場面で渡邉は10番ピンを残し、カウントは9本。優勝は確定したのだから倒せなくても問題はないのですが、渡邉はこの因縁の10番ピンをしっかりとカバー。対戦相手と一緒に過去の自分をも乗り越えて、初優勝を掴み取りました。
昨年の夏に愛娘が誕生し、新米パパになった渡邉。守るべき大切な家族を得たことで一回り成長した姿を、この開幕戦で見せてくれました!


最後の最後で気が緩んだのはご愛敬!
渡邉 航明
(49期・No.1220 所属:四つ木イーグルボウル 出身:千葉県)
(優勝ボール:ストーム社(ハイスポーツ) コード・パープル)



アマチュアただ一人の準決勝進出でベストアマ獲得!
中野 恵太 選手
(サンスクエアボウル・東海地区推薦)

 
  第36回関西オープン(男子) チャリティオークションのご報告

 大会最終日の本日、恒例のチャリティオークションも終了し商品の受け渡しが行われました。今季開幕戦、また久しぶりの関西とあって多くのお客様にご参加頂きました。
 ご協力頂きました皆様に御礼申し上げます!


最多&最高額落札者様と

 
  第36回関西オープン(男子) 高橋 延明、第7号800シリーズ達成!

 そして渡邉と同じく決勝ラウンドロビン第2シリーズ(4〜6G目)に、高橋 延明が自身3個目(JPBA公認261号)の800シリーズを達成!
 惜しくもファイナルステージに止まることはできませんでしたが、高橋もまた大会史に名を刻む健闘を見せてくれました!


あともう少しでファイナル進出でした。惜しい!
高橋 延明
(23期・No.514 所属:シチズンプラザ)

(使用ボール:ロトグリップ社(ハイスポーツ) シニスター)

 
  第36回関西オープン(男子)
 渡邉 航明が大会第11&12号パーフェクト、同時に第6号800シリーズ達成!

 最終日にまた一際すごい記録が飛び出しました!
 まずは決勝ラウンドロビン4G目、藤井 信人との対戦にて渡邉 航明が大会第11号、自身4個目(JPBA公認1298号)のパーフェクトを達成。
 そして続く6G目、今度は岡部 直治を相手に再びパーフェクト!さらに300・227・300計827ピンで大会第6号、自身2個目(JPBA公認260号)の800シリーズも同時に達成となりました。
 一挙トップに立った渡邉、これは念願の初優勝も目前か!?怒濤の展開に目が離せません!


新米パパさん頑張ってます!
渡邉 航明
(49期・No.1220 所属:四つ木イーグルボウル)

(使用ボール:ロトグリップ社(ハイスポーツ) シニスターブレイズ)

 
2015/3/6
  第36回関西オープン(男子) 山崎 行夫、大会第5号800シリーズ達成!

 激戦に続く激戦となった準決勝、その第1シリーズ(1〜3G目)にて268・279・254計801ピンを打って山崎 行夫が大会第5号800シリーズを達成しました!
 6年ぶり自身5個目(JPBA公認259号)の記録達成でトップに立った山崎、このまま最後まで首位を守れるか? それとも川添 奨太藤井 信人といった若手が巻き返してくるか。明日のファイナルステージが楽しみになってまいりました!


大ベテランの貫禄漂うガッツポーズ
山崎 行夫
(11期・No.349 所属:フジボール)

(使用ボール:エボナイト社(レジェンドスター) レジェンドワンプレミアム)

 
  第36回関西オープン(男子) 青木 彰彦、大会第10号パーフェクト達成!

 突破するには230.91AVG以上が必要という激戦をくぐり抜けた36名による準決勝でも記録ラッシュはいまだ止まず!
 準決勝2G目に大会第10号、3年ぶり自身6個目(JPBA公認1297号)パーフェクトを青木 彰彦が達成しました!予選18位から3G終了時点で10位まで浮上した青木、明日のファイナルステージ進出を目指します!


ミスター東海のダンディな笑顔
青木 彰彦
(16期・No.445 所属:アソビックス)

(使用ボール:900グローバル社(ABS) ドリームオン)

 
  第36回関西オープン(男子) 吉野 武典、大会第9号パーフェクト達成!

 さらに同じく予選後半Bシフト1G目、矢島に続いて吉野 武典が自身初(JPBA公認1296号)のパーフェクトを達成。予選突破には微妙なラインですが、プロとして大きな見せ場は作りました!


自身初の記録達成にも冷静に
吉野 武典
(49期・No.1224 所属:(株)イースタンスポーツ/ハイ・スポーツ社)

(使用ボール:ストーム社(ハイスポーツ) マーベルMAXX)

 
  第36回関西オープン(男子) 矢島 純一、大会第8号パーフェクト達成!

 本日もやっぱり出ましたパーフェクト!予選後半開始早々のBシフト7G目、矢島 純一が自身27個目(JPBA公認1295号)のパーフェクトを達成。
 このパーフェクトで矢島自身が持つ男子最多パーフェクト記録、さらに69歳6ヶ月で最年長パーフェクト記録をW更新。チャーターメンバーの生けるレジェンドがまたプロボウリング史に大きく名前を刻みました!


おちゃめ。
矢島 純一
(1期・No.18 所属:田町ハイレーン/ABS)

(使用ボール:モーティブ社(ABS) フォルツァ)

 
2015/3/5
  第36回関西オープン(男子) 北川 健一、大会第7号パーフェクト達成!

 そして予選前半のラストゲーム、Bシフト6G目にイーグルボウルのホストプロ、北川 健一が自身初(JPBA公認1294号)、大会第7号パーフェクトを達成しました。
 予選前半の折り返しで47位と出遅れてはいますが、明日へと繋がる記録で追い上げが期待されます!


声援に応えて堂々とガッツポーズ
北川 健一
(51期・No.1284 所属:イーグルボウル)

(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) ビンテージ・LT-48™)

 
  第36回関西オープン(男子) 江村 学、大会第6号パーフェクト達成!

 1G目に起きたパーフェクトラッシュはまだまだ続きます!
 予選Bシフト5G目にて、大会第6号にして6年ぶり自身3個目(JPBA公認1293号)のパーフェクトを江村 学が達成。その後も269ピンとハイスコアで繋げて5位に浮上。同期の今泉に追いつけ追い越せの戦いぶりを見せてくれております!


「よし!」と噛みしめるようにガッツポーズ
江村 学
(46期・No.1153 所属:本八幡ハタボウル/エクセノヤマミズ)

(使用ボール:ストーム社(ハイスポーツ) マーベルMAXX)

 
  第36回関西オープン(男子) ロバート・リー、大会第3号800シリーズ達成!

 今泉よりわずかに早く、大会第3号の800シリーズを達成したのがロバート・リー
 予選Bシフト第1シリーズ(1〜3G目)に245・276・279計800ピンちょうどで自身初(JPBA公認257号)の記録を達成しました。第2シリーズもペースを守り、先頭集団をキープ。明日以降の活躍が楽しみです!


そろそろ欲しい?初優勝!
ロバート・リー
(38期・No.932 所属:KEGEL/トミコシ高島平ボウル)

(使用ボール:トラック社(ABS) キネティックゴールド)

 
  第36回関西オープン(男子) 呉竹 博之、大会第5号パーフェクト達成!

 予選Bシフト1G目のトリを飾ったのは寺村と同じく大阪出身の呉竹 博之。約1年ぶり自身2個目(JPBA公認1292号)のパーフェクトを達成。寺村・今泉・呉竹と、3発連続のパーフェクトに場内が一挙に盛り上がりました!


祝福のハイタッチを受けつつ
呉竹 博之
(43期・No.1070 所属:ボウルポップス/サンブリッジ)

(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) マスターマインドスカラー)

 
  第36回関西オープン(男子)
今泉 秀規、大会第4号パーフェクト&800シリーズ達成!

 同じく予選Bシフト1G目、寺村に続いて今泉 秀規が大会第4号、自身2個目(JPBA公認1291号)パーフェクトを達成!さらに今泉は300・231・278計809ピンを打ってこれまた自身2個目(JPBA公認258号)の800シリーズ記録も同時に達成。今大会の台風の目となるか乞うご期待です!


予選前半時点でただ一人の300&800同時達成!
今泉 秀規
(46期・No.1148 所属:プロショップVEGA)

(使用ボール:ABS社 アキュスウイング9)

 
  第36回関西オープン(男子) 寺村 文孝、大会第3号パーフェクト達成!

 予感は的中、パーフェクトラッシュタイム到来です!
 まずは予選Bシフト1G目、寺村 文孝が一番手で大会第4号パーフェクトを達成。13年ぶり自身2個目(JPBA公認1290号)の記録達成で、4年ぶりのシード復帰となった今季への意気込みが感じられます!


満面の笑顔で地元・大阪に大きくアピール!
寺村 文孝
(37期・No.908 所属:桜橋ボウル/ハイ・スポーツ社)

(使用ボール:ストーム社(ハイスポーツ) ユニバーサルグラビティ)
 
  第36回関西オープン(男子) 齋藤 剛一、大会第2号800シリーズ達成!

 さらに続いて予選Aシフト第2シリーズ(4〜6G目)、齋藤 剛一が大会第2号800シリーズを達成!
 268・264・279計811ピンを打って自身初(JPBA公認256号)の記録達成となった齋藤、前半35位から一挙3位まで浮上。これまた自身初の決勝ラウンドロビン進出へ向けて好スタートを切りました!


プロ入り3年目、そろそろジャンプアップの季節?
齋藤 剛一
(52期・No.1304 所属:鹿島ボウル)

(使用ボール:ストーム社(ハイスポーツ) マーベルMAXX)

 
  第36回関西オープン(男子) 津島 悟志、大会第1号800シリーズ達成!

 シードプロが参戦して本大会に突入した関西オープン。いまだパーフェクトは出てないものの毎ゲームでナインコールが続出し、昨日感じたパーフェクトラッシュの予感がますます高まって来てます!
 そんななか、津島 悟志が予選Aシフト第1シリーズにて276・227・299計802ピンを打ち、大会第1号にして自身初(JPBA公認255号)800シリーズを達成!
 手放してしまったシードプロの座を奪回すべく頑張ってます!


あともう1ピンでパーフェクトとダブル達成でした。惜しい!
津島 悟志
(43期・No.1069 所属:ラウンドワン広島店)

(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) ネクサス™ ƒ(P+S))

 
2015/3/4
  第36回関西オープン(男子) 井上 純平、大会第2号パーフェクト達成!

 木村に続いて井上 純平がやりました!
 プロ選抜大会Aシフト6G目に、大会第2号にして6年ぶり自身2個目(JPBA公認1289号)のパーフェクトを達成。じわりじわりとパーフェクトラッシュの予感がして参りました!


余裕の表情でガッツポーズ
井上 純平
(42期・No.1031 所属:(株)プロショップKINTA)

(使用ボール:コロンビア300社(ABS) モーメンタムスーパーソリッド)

 
  第36回関西オープン(男子) 木村弘太郎が大会第1号パーフェクト達成!

 待ちに待ったプロボウリング開幕戦、関西オープンが本日いよいよスタート!プロ選抜大会の本日1G目からいきなりパーフェクトも飛び出しました!
 プロ選抜大会Aシフト1G目に自身初(JPBA公認1288号)のパーフェクトを達成したのは、プロ入り6年目の木村弘太郎。この勢いに乗って選抜突破を目指します!


超ロケットスタートで選抜突破なるか?
木村弘太郎
(49期・No.1221 所属:WAVE34)

(使用ボール:ストーム社(ハイスポーツ) マーベルマックス)

 
2015/3/3
  承認大会・第6回佐賀レディースプロアマオープントーナメント
前屋 瑠美 優勝!

 先日、2/28(土)・3/1(日)の二日間にわたってり、ファズボウリングセンターにて開催されました承認大会・第6回佐賀レディースプロアマオープントーナメントを、前屋 瑠美が制しました!
 昨年デビューの前屋は佐賀レディースに今大会プロとして初参加。愛甲 恵子川口富美恵進 博美といったシード常連のトッププロを押しのけて松村伊津子と華々しい一騎打ちを繰り広げ、ラストゲームの終盤にオールウェーを決めて優勝を掴みました。
 詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。


写真左から
優勝:
前屋 瑠美(47期・No.509 所属:ピースボウル)
2位:
松村伊津子(32期・No.K332 所属:折尾スターレーン)
3位:
愛甲 恵子(26期・No.275 所属:(有)カワシン)



写真左から
優勝:
串尾 真紀 選手(スポルト福岡)
2位:
小川みどり 選手(フラワーボウル)
3位:
堀江 芳子 選手(宮崎エースレーン)
4位:
有川 美也 選手(小嶺シティボウル)
5位:
福田小枝子 選手(メリーランドタケオボウル)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。