TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2014年3月



2014/4/28
  承認大会・第1回ときめき新潟プロアマオープン
清水 俊彦がプロの部優勝!

 さる4/12(土)・13(日)の二日間にわたり、POP BOWL県央(新潟)にて開催されました承認大会・第1回ときめき新潟プロアマオープンのプロの部で、清水 俊彦が優勝致しました。
予選、準決勝、決勝シュートアウトの他、4人チーム戦のワンショットトーナメントなども行われ、真剣勝負の中にも和気藹々とした空気が流れる楽しい大会となった模様です。
詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。


プロの部・アマチュアの部入賞の皆様
 
2014/4/27
  中日杯2014東海オープン
山上 英章、レギュラーツアー初参戦で初優勝!

 女子の宮崎プロアマオープンに続く男子レギュラーツアー開幕戦、中日杯2014東海オープン。2日にわたる予選、準決勝シュートアウトからのグループラウンドロビン、各グループトップの四天王が出揃ったところで頂点を決する決勝シュートアウトと、女子に負けず劣らず開幕戦に相応しい見応え十分の大会を、山上 英章が制しました!
ティーチングプロとしてデビュー後、プロテストを経てトーナメントプロとなった山上は、所属するセンターで副支配人の立場にあり多忙に追われレギュラーツアー参戦の機会がありませんでした。
  しかし今年1月のシーズントライアル・ウィンターシリーズで出場権を得た大会に参戦しようと一念発起。デビュー戦となったこの東海オープンで、予選6位とまずまずの滑り出しを見せます。
  さらに準決勝シュートアウトでは回を追う毎にアベレージを上げて行き、二回戦ともグループトップで突破。決勝グループラウンドロビンでも、今大会パーフェクトを達成し好調の酒井 武雄をはじめとして次々と撃破し、決勝シュートアウト進出を果たします。
  他のグループからは勝ち上がって来た山本 勲小原 照之のトップレフティ2人、そして若手実力派の日置 秀一ら4名での決勝シュートアウトが開始。
  滑り出しでは1・2フレームともスペアにした山上が一歩出遅れた形となりましたが、3フレーム目でまず日置がオープンフレームに。続いて山本と小原が両者とも5・6フレーム目オープンにしてしまいます。
  ファイナリストの中でただ一人初優勝がかかっている山上でしたが、優勝への欲は出さず、先輩プロ達の胸を借りるつもりでゲームに臨む気負いの無さが功を奏して、3フレーム目から7連続ストライクを決めてトップに躍り出ます。
  残る一席をかけた戦いは、オープンの後も左レーンでストライクが出ない小原が脱落。さらに日置が終盤、我慢を強いられる横で山本が4連続ストライクに成功。わずか3ピン差で山本が日置をかわします。
  レギュラーツアー初参戦の山上に対して山本はプロ入り10年目にして13勝、三冠王など数々の記録を樹立してきた押しも押されぬトッププロ。対照的な両者の戦いは、3・7フレーム目をオープンにした山本にワンマークリードを取るものの、山上も決定的な引導を渡せぬまま最終フレームへ突入。
  先に投げる山上が9フレームから続くオールウェーを決めればそこで優勝が確定するところ、2投目にテンピンタップで215ピンで終了。これで山本がパンチアウトすれば逆転優勝という展開となりましたが、力が入った山本の1投目は無情にも9番ピンを残す9本カウントとなり、山上の勝利が確定します。
  プロ入り3年目にしてレギュラーツアー初参戦の山上、初ファイナル進出、初優勝決定戦、そして初タイトル・初優勝と、嬉しい嬉しいお初尽くしとなりました!  


ジュニア大会優勝者から花束贈呈
山上 英章
(51期・No.1272 所属:スポルト福岡 出身:福岡県)

(優勝ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) リンガー)



HS賞も獲得!
前坂 翔人 選手
(津グランドボウル)
 
  中日杯2014東海オープン ジュニア大会のご報告

 決勝シュートアウトに先駆けて、東海オープン恒例のジュニア大会が催されましたのでご報告致します。
小学低学年から高校生の4部門に分かれて3Gトータルで競われ、現役高校生でプロテストトップ合格の森本 健太らを輩出した東海が誇るジュニアボウラー達のレベルの高さを見せつけてくれました。
各部門の表彰は以下の通りとなっております。 

<小学生低学年の部>

優勝:恒川 真寛 選手(アソビックスびさい)
2位:
松尾 将希 選手(稲沢グランドボウル)
3位:
石田 有菜 選手(コロナキャットボウル大垣)


<小学生高学年の部>

優勝:水谷 秋穂 選手(アソビックスかにえ)
2位:
近藤 菜帆 選手(名古屋グランドボウル)
3位:
薄窪 勇雅 選手(名古屋グランドボウル)


<中学生の部>

優勝:近藤 椎菜 選手(名古屋グランドボウル)
2位:
佐藤 宇宙 選手(アソビックスかにえ)
3位:
水谷 若菜 選手(アソビックスかにえ)


<高校生の部>

優勝:岡田 聖也 選手(コロナキャットボウル大垣)
2位:
山之内 愛 選手(アソビックスびさい)
3位:
太田 照人 選手(コロナキャットボウル安城)
 
  中日杯2014東海オープン チャリティオークションのご報告

 男子レギュラーツアー開幕戦でチャリティオークションも開幕です!
東海オープン期間中、東日本復興支援ボウリングキャラバン主催によるチャリティオークションが催され、本日商品の引き渡しを行いました。
今回の売上額は56,305円となり、キャラバンを通じて被災地の皆様のお役に立てさせて頂きます。
ご参加、ご協力頂きました皆様に心より御礼申し上げます。


今回の高額落札者様と
 
2014/4/26
  中日杯2014東海オープン HG・HS賞表彰

 本日、予選終了時点でアマチュア選手を対象としたHG・HS賞の表彰が行われました。
HG賞は予選Aシフト6G目に惜しくもパーフェクトを逃してしまわれた柳生 武彦 選手が299ピンで受賞。
HS賞は同じく予選Aシフト、第2シリーズ(6〜10G目)でトータル1,179ピン、235.8AVGを打った前坂 翔人 選手が受賞されました。


写真左から
HG賞:
柳生 武彦 選手(キャッスルボウル)
HS賞:
前坂 翔人 選手(津グランドボウル)
 
  中日杯2014東海オープン 酒井 武雄が大会第3号パーフェクト達成!

 本日もまたまた出ましたパーフェクト!
予選後半Bシフト10G目、酒井 武雄が大会第3号(JPBA公認1259号)を達成。昨日自身26個目を達成した矢島に次いでパーフェクト達成回数第2位の記録を持つ酒井、引き離されてたまるかとばかりに2年ぶり24個目の記録達成です!



余裕の顔で控えめガッツポーズ
酒井 武雄
(9期・No.288 所属:T.Tボウル)

(使用ボール:モーティブ社(ABS) ベノムトキシン)
 
2014/4/25
  中日杯2014東海オープン 矢島 純一、大会第2号パーフェクト達成!

 先ほどお伝えしました安部に続き、今度は矢島 純一がやりました!
予選前半Bシフト3G目に5年ぶりの自身26個目にして大会第2号(JPBA公認1258号)パーフェクトを達成。自身が持つパーフェクト最多記録を自己更新したうえ、昨年のHANDACUPプロボウリングマスターズで柴田 英徳が更新したパーフェクト最年長達成記録を4年上回る記録となりました!



BIG JUN健在!
矢島 純一
(1期・No.18 所属:田町ハイレーン)

(使用ボール:コロンビア300社(ABS) イラプションプロ)
 
  中日杯2014東海オープン 安部 誠司、パーフェクト達成!

 女子開幕戦に続いて男子もいよいよ本格的にシーズン開幕です!
大会初日の本日、予選前半Bシフト1G目に安部 誠司が大会第1号(JPBA公認1257号)パーフェクトを達成。
今年は5年ぶりのシード復帰を果たした安部、レギュラーツアー開幕戦で自身3個目のパーフェクトを達成と、幸先の良いスタートを切りました!



安堵の表情でガッツポーズ
安部 誠司
(38期・No.951 所属:イーグルボウル)

(使用ボール:トラック社(ABS) HX05)
 
2014/4/24
  ★「すみ光保を偲ぶ会」のご案内

 先日ご逝去されましたすみ光保氏を偲ぶ会が、5/18(日)の13:00から、本山ボウル(愛知)にて執り行われます。
当日はチーム戦を開催し、また故人を偲ぶ場を設けることとなっております。
詳しくは下記本山ボウルまでお問い合わせ下さい。
日 時  平成26年5月18日(日) 13:00〜17:00

場 所  本山ボウル
愛知県名古屋市千種区末盛通5-12
地下鉄東山線:「本山駅」下車 1番出口 
マックスバリュ5階

※終了しました
 
2014/4/20
  2014宮崎プロアマオープン 吉川 朋絵、4年ぶり涙の3勝目!

 球春を告げる開幕戦・宮崎プロアマオープン。2日にわたる予選、ブロックに分かれたラウンドロビン、ガチンコ勝負の決勝トーナメントと、開幕戦にふさわしく見どころ満載な熱戦が、本日幕を下ろしました。
難しいレーンの攻略に苦戦し、予選前半と後半で準決勝進出圏内の顔ぶれが半数近く入れ替わる混戦状態をくぐり抜け、ブロックラウンドロビンへ32名が進出。
実力はもちろんのこと、対戦相手との相性といった運も決勝への足がかりとなるブロックラウンドロビンでは、各ブロックの上位2名が決勝進出となりますが、32名中ただ一人6戦全勝で一抜けしたのが吉川 朋絵でした。
ボールが会場に届かず、前夜祭に参加出来なかったというアクシデントがありながらも、それを引き摺ることなく「ラインやボールをチェンジする判断が早く出来て、それが当たっていた」と語り、多くの選手が手こずったレーンも苦にならず、決勝トーナメントでも安定したスコアで川崎八千代をはじめ、阿部 聖水岸田 有加ら強豪を次々と撃破します。
しかしそんな吉川も、ここまで何事もなく順調に来たわけではありませんでした。
昨年の初夏に太ももの筋肉を痛めたことをきっかけに、5歩助走から7歩助走へチェンジ。自分の体と相談して調整しながらもトーナメントを休むことなく成績を残して第1シードへ復帰を果たし、この宮崎の舞台に上がりました。
優勝決定戦では、昨年の東京国体で少年女子個人優勝を果たした宇山 侑花 選手を下した川口富美恵と吉川の対戦に。
九州勢の地元優勝という期待がかかるなか、出足から10番ピンに嫌われ続ける川口。一方、吉川は2フレーム目からのターキーで川口にリードを取ります。
しかしその後は吉川も右レーンに捕まり、ストライクが繋がりません。辛抱強く吉川の背中を追う川口でしたが、勝負どころの9フレーム目、ここでまたしても10番ピンを残す9本カウント。しかし吉川も9フレーム目で失投、7-10スプリットを出してしまい、勝敗の行方は10フレ勝負に持ち込まれました。
10フレーム1投目、両者ともにストライク。これで川口は吉川のミスがなければ優勝は難しい展開に。そして運命の2投目、吉川のボールはすべてのピンを薙ぎ払い、勝利を確定させました。
故障を乗り越え、レーンと対戦相手に勝ち、頂点を掴んだ吉川。盟友・亀井 智美らが見守る中、嬉し涙こぼれる2010年以来の3勝目となりました!



勝利のストライクを決めて
吉川 朋絵
(38期・No.409 所属:大磯プリンスホテルボウリングセンター/サンブリッジ)

(優勝ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) カンタムレガシー)



現役女子高生、堂々の3位タイでベストアマ獲得!
宇山 侑花 選手
(福岡・小嶺シティボウル)
 
2014/4/17
  承認大会・静岡オープン2014 久保田 武 選手が優勝!

 4/6(日)に藤枝グランドボウル(静岡)にて開催された承認大会・静岡オープンボウリングトーナメント2014にて、アマチュアの久保田 武 選手が優勝されました。
静岡地区のプロボウラーとアマチュア選手あわせて190名で予選8Gを投げ、各シフト上位40名が決勝トーナメントへ進出。太田 美紀河合 珠美らを下して優勝決定戦に駒を進めた久保田選手は馬上富美男 選手と対戦し、244ピン対233ピンという手に汗握る接戦を制しました。
詳しい成績は大会ページよりご確認下さい。


写真左から
優勝:
久保田 武 選手
2位:
馬上富美男 選手
3位:
吉田由美子 選手
3位:
河合 珠美(21期・No.225 所属:フジスポーツ)
パーフェクト達成:
小澤 幸男 選手
 
  ★承認大会・花きゃべつ杯 小林あゆみ 優勝!

 さる3/30(日)、東京ポートボウルにて承認大会・花きゃべつ杯が開催されました。 プロ17名、アマチュア120名が参加し、プロの部では小林あゆみ、アマチュアの部では伊賀 保夫 選手が優勝。アットホームな楽しい大会となった模様です。


 
2014/4/11
  ★訃報 すみ光保氏 ご逝去

 JPBA1期生(チャーターメンバー)、ライセンスNo.4のすみ光保氏が、病気療養中のところ4月6日にご逝去されました。
享年78歳。
生前に賜りました多大なるご厚誼に、故人、ご遺族に代わりまして深く御礼申し上げます。
なお密葬の儀は故人のご意向により近親者にて滞りなく行われましたことご報告致します。
 
2014/4/8
  ★第53回男子・第47回女子プロボウラー資格取得テスト
本日より開始!

 東日本会場の調布スポーツセンター、西日本会場の弁天町グランドボウルを皮切りに、本日より第53回男子・第47回女子プロボウラー資格取得テスト・第一次テストが開始しました。
男子79名、女子32名の第一次テスト受験生達は、第一のハードルとなる3日目進出ラインを突破するべく明日の2日目に臨みます。
受験生への温かいご声援どうぞよろしくお願い致します!



東日本会場


西日本会場
 
2014/4/1
  承認大会・第3回カワシン杯博多っ子プロアマトーナメント
儀間 義博がプロの部優勝!

 さる3/22(土)・23(日)の二日間にわたり、承認大会・第3回カワシン杯博多っ子プロアマトーナメントが仲原Jボウル(福岡)にて開催され、プロの部では儀間 義博が優勝致しました。
優勝決定戦で儀間は、昨年プロ入りし、ルーキーイヤーでポイントランキングトップに輝いた藤井 信人と対戦。序盤にオープンフレームを2つ出すも4連続ストライクで追いつき逆転、みごと大会連覇を飾りました。
アマチュアの部では結城 直子 選手空閑 典子 選手が対戦。ワンマーク差で結城選手の優勝となりました。
詳しい成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。

■■ 最終成績PDF/264KB ■■

<プロの部>

写真左から
優勝:
儀間 義博(43期・No.1052 所属:ラウンドワン&WAVE)
2位:
藤井 信人(52期・No.1287 所属:諫早パークレーン)
3位:
黒川理一郎(36期・No.872 所属:(株)ナムコ)
4位:
吉野 匡治(32期・No.766 所属:七隈ファミリーボウル)

<アマチュアの部>

写真左から
優勝:
結城 直子 選手
2位:
空閑 典子
3位:
廣瀬 忍 選手
4位:
田島加都生 選手
 
2014/3/24
  ★第53回男子・第47回女子プロボウラー資格取得テスト 123名が受験

 来たる4月8日(火)より実施致します「第53回男子・第47回女子プロボウラー資格取得テスト」の受験申請が3月20日に締め切られ、今年度の第一次テスト受験者数は、東日本地区では男子49名・女子19名、西日本地区は男子30名・女子13名。第一次テスト免除受験者の男子8名・女子4名とあわせて男子87名・女子36名となりました。
どうぞ受験生達への温かいご声援をよろしくお願い致します!
 
2014/3/18
  ★第2回定時総会開催のご報告

 本日3/18、田町ハイレーンにて第2回定時総会が開催されました。
役員をはじめ全国より代議員が集まり、平成25年度の事業報告や決算報告などが行われました。

 
2014/3/10
  ★ROUND1 JAPAN CUP BOWLING 2014
  開催日程変更のお知らせ

 2014年12月3日(水)〜12月6日(土)に開催を予定しておりましたROUND1 JAPAN CUP BOWLING 2014は、アメリカプロボウリング協会(PBA)試合日程の変更により、2014年11月12日(水)〜11月15日(土)に変更となりました。
  ファンの皆様をはじめ、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます。
 
2014/3/5
  承認大会・ボウリング振興会「TEAM-USAGI」
創立5周年記念大会開催のご報告

 さる2/22(土)にボウリング振興会「TEAM-USAGI」創立5周年記念大会がイーグルボウル(大阪)にて開催されました。
プロ14名を含む94名が参加し、和気藹々とした楽しい大会となった模様です。
詳しい成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。

■■ 最終成績PDF/22KB ■■

 
2014/3/4
  承認大会・第5回佐賀レディースプロアマオープン
川口富美恵、プロの部優勝!


 先日3/2(日)、伊万里スターボウルにて第5回佐賀レディースプロアマオープンが開催され、プロの部で川口富美恵が優勝致しました。
予選・決勝合計10Gのトータルピンで競われ、川口は予選終了時点では4位。しかし決勝2Gで計500ピンを打つ猛追撃を見せ、トップについていた野瀬 千春を引きずり下ろして優勝を掴みました。
またアマチュアの部では予選・決勝6Gで1,413ピンを打ち、2位に300ピン以上の差を付けた結城 直子 選手が優勝されました。
詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。


写真左から
山口大会会長
優勝:
川口富美恵(32期・No.330 所属:パピオボウル)
2位:
野瀬 千春(40期・No.431 所属:(有)カワシン)
3位:
松村伊津子(32期・No.332 所属:折尾スターレーン)
 






Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。