TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2012年3〜4月


2012/4/22
  2012宮崎プロアマオープン 長谷川 真実、涙の初優勝!

 2日にわたる予選ですべての選手をたっぷり観戦した後は、組合せの運や相性が見える準決勝ブロックラウンドロビン、そして各ブロック上位2名ずつが選出されて行われる決勝トーナメントのガチンコ勝負と、ボウリングの見どころを詰め込んだ宮崎プロアマオープン。
会場の宮崎エースレーンが40周年、エースランドに生まれ変わってから5周年と、記念すべき節目の今年、TVファイナルのステージに森 彩奈江長谷川真実姫路 麗高橋 美貴ら4名が出揃いました。
誰が勝っても宮崎初制覇、何より姫路以外の3名は初優勝がかかるとあって、場内の興奮もひときわ高まります。そんなファイナルに相応しい盛り上がりの中、森VS長谷川の対戦がスタート。
予選後半から勢いをつけた森でしたが、TV決勝を前にリオイルしたレーンに捕まってしまい、オープンフレームを3つ出して撃沈。50ピン以上の大差をつけて長谷川が優勝決定戦へ一番乗りを決めます。
姫路VS高橋の2試合目、初めてのTV決勝で堅くなってしまった高橋が中盤にミスを続出。滑り出しから5連続ストライクを決めた姫路が高橋を大きく突き放して長谷川との対戦にのぞみます。
昨年9月のMKチャリティカップで初優勝まであと一歩に迫りながら逃してしまった長谷川は、滑り出しの1フレーム目をスプリットからオープンフレームに。対する姫路はおよそ一年半ぶりの優勝をかけて、スペアからダブルへ繋ぐ慎重なゲーム展開で序盤のリードを取ります。
しかし準優勝の雪辱から経験を積み上げた長谷川は、再び初優勝を目前にして落ち着きを取り戻し、中盤でターキーに成功して先行していた姫路を捉えました。そこからなんと9フレームまで両者同点のまま進み、勝敗の行方はとうとう最終フレームに持ち込まれます。
そして運命の10フレーム目、まずは姫路が投球して9ピンカウントだったのに対し、長谷川の1投目はストライク。姫路もカバーしましたが、長谷川はダブルに成功。追い詰められた姫路は3投目もストライクが取れず、ここで長谷川の勝利が確定します。
そして3投目、すでに涙がにじむ長谷川でしたが、投げたボールは見事ストライク。初シード入りを果たしてから2年、着実に経験を重ねて成長してきた姿を師匠の杉本 勝子や、姉妹のように仲の良い朋友の阿部 聖水中村 美月、そして多くのファンに見守られながら、長谷川がプロ入り9年目にして涙なみだの初優勝を果たしました!


2012年女子開幕戦にてニューヒロイン誕生!
長谷川 真実
(37期・No.395 所属:(株)サウンド・ストリー/ABS 出身:東京都)
(使用ボール:コロンビア社(ABS) ザ・モーメンタム)


アマチュア唯一の準決勝進出でベストアマ獲得!
矢野 朋代 選手
(宮崎エースレーン)
 
  2012宮崎プロアマオープン チャリティオークションのご報告

 東日本大震災の復興支援として、今年も宮崎プロアマオープンではチャリティオークションが開催されました。
今年は一日ごとに締め切る入札式のオークションが大会期間中毎日行われ、女子プロと解説の男子プロが提供したボールやグッズなどが連日完売。3日間で合計113,709円の売上となりました。
この売上金は被災地への支援として送られます。ご協力頂きました皆様に御礼申し上げます。

 
  2012宮崎プロアマオープン ベストドレッサー賞は中谷 優子!

 大会最終日の今日、表彰式中にて宮崎プロアマオープン恒例のベストドレッサー賞の表彰が行われました。
今年は決勝トーナメント進出者16名を対象に投票され、なかでもお母様手作りのユニフォームの中谷 優子が150票中45票とほぼ3分の1の票を獲得。3回目のベストドレッサー賞受賞となりました。


シックな茶色に華やかな春色を取り入れて
中谷 優子
(28期・No.289 所属:神戸スカイレーン)
 
2012/4/21
  2012宮崎プロアマオープン
阿部 聖水が大会第1号パーフェクト達成!


 春の宮崎を舞台に九州のボウリングファンを熱く沸かせる宮崎プロアマオープン。その大会3日目の本日、予選後半Aシフト3G目(通算8G目)に阿部 聖水が大会第1号パーフェクトを達成しました!
昨年の同大会ではTVファイナル進出を果たし、今年は6年ぶりに自身2個目(JPBA公認204号)の記録達成。先月の全日本ミックスダブルスでも準優勝と上り調子の阿部、今度こそ悲願の初優勝なるか!?注目です!


昨年のリベンジを果たせるか!?
阿部 聖水
(35期・No.369 所属:ココレーン三島店)
(使用ボール:ストーム社(ハイ・スポーツ) ビクトリーロード)
 
2012/4/17
  2012宮崎プロアマオープン USTREAM配信のお知らせ


 昨年の同大会で初の試みとして行われ、好評を博したUSTREAM配信が今年も配信決定!
4/21(土)の予選後半、4/22(日)の準決勝ブロックラウンドロビンの模様が中継されます。
また今年は解説に川添 奨太も登場!選手達の熱戦とトッププロによる解説の両方をどうぞお楽しみに!

 
  ★承認大会・ボウリングを応援する!プロアマトーナメント
2012キッチンMO−MO−カップ 優勝は村濱 裕紀 選手!


 さる4/14(土)に名古屋グランドボウル(愛知)にて開催されました、承認大会・ボウリングを応援する!プロアマトーナメント2012キッチンMO-MO-カップにて、村濱 裕紀 選手が優勝しましたことご報告致します。
全国からプロ60名、アマチュア選手238名の計298名が参加し、観客も200名に及ぶ人気大会となった今年のMO-MO-カップは、4名がパーフェクトを達成するなどハイレベルな熱戦に。決勝シュートアウトでも若手男子プロが健闘しましたが、沖縄から参戦の村濱選手が並み居る強豪達を蹴散らし、第2代王者の座を勝ち取りました!
詳しい成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。

■■ 最終成績PDF/543KB ■■


キッチンMO-MO-オーナー・上山 和巳様と
始球式もつとめたマスコットのウシー君と共に
(写真左から3人目)

村濱 裕紀 選手


ジュニア部門表彰
 
2012/4/10
  ★第51回男子・45回女子プロボウラー資格取得テスト開始!


一球一球に魂を込めて夢を掴む。プロボウラー資格取得テストが本日より開始となりました。
男子は51回目、女子は45回目を迎える今年は、東日本会場で男子63名、女子6名。西日本会場では男子48名、女子13名が第一次テストを受験します。
男子は4日間トータルで60Gを投げて200AVG、女子は48Gで190AVGを打たなければ第二次テストへは進めません。この最初の難関突破に向けて頑張る受験生達に、どうぞ温かいご声援をよろしくお願い致します!
 
2012/3/20
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
優勝は近藤 文美&酒井 武雄チーム!


 関東に舞台を移して復活したボウリングの祭典、全日本ミックスダブルス。通常のトーナメントとは異なる男女ペアによるチーム戦は、いつもとはまた違った見どころが満載で春のお祭りのような華やかな盛り上がりを見せました。
大会最終日の本日は、3日間の長い予選を勝ち抜いた75チームによる準決勝からスタート。4Gを投げて予選からのトータル16G上位32チームがファイナル進出を決めます。
決勝トーナメントでは、産休からの復帰戦となった竹内 昭子&三冠王・川添 奨太チームが初回敗退する大番狂わせや、前回優勝の姫路 麗和田 秀和チームと4位の松永 裕美柴田 英徳チームが激突するなど、展開の読めない激戦に観客も手に汗を握ります。
そしてTVファイナルとなる決勝トーナメント・準決勝に勝ち上がって来たのは、近藤 文美酒井 武雄チームと、強豪チームを次々と破った平野 志帆小倉 賢士チーム。さらに大ベテランの原田率いる桑原 澄江原田 招雄チーム、二人ともに初優勝がかかった阿部 聖水石橋 孝チーム。
まずは近藤&酒井チームVS平野&小倉チームによる準決勝第1試合が行われ、近藤&酒井チームが互いにカバーしあってノーミスを守る一方、平野&小倉チームはスプリットが連続。結果、ほぼダブルスコアで近藤&酒井チームが圧倒的勝利を収めます。
続く第2試合は桑原&原田チームと阿部&石橋チームの対戦。こちらも阿部&石橋がノーミスを守り、50ピン以上の差を付けて桑原&原田チームを下します。
総勢252チームの頂点を決する最後の戦いは、豊富な優勝経験のあるチームと未勝利ながら実力は折り紙付きのチームという好カード。さらに両チームとも準決勝は大量リードで勝ち上がったとあって、場内の興奮が高まります。
そして始まった優勝決定戦、両チームともストライクで滑り出しますが、阿部&石橋チームは2フレーム目からストライクを持ってくる事が出来ず、間にオープンフレームを挟みながらもストライクを重ねる近藤&酒井チームが中盤をリード。6フレーム目に近藤がビッグファイブのスプリットを出したところで阿部&石橋チームがようやく追いつくかと思われましたが、二人あわせて48勝を誇る近藤と酒井の経験値が物を言い、7フレーム目からオールウェーを決めて再度突き放します。
投げ間違いからリズムを狂わせてしまった阿部と石橋は勝負どころの9フレーム目もストライクを決められず、再び差を詰めることが出来ないまま終了。近藤&酒井チームが大差をつけて勝利を掴み取りました。
ミックスダブルス初優勝の近藤は嬉し涙、それぞれ別のパートナーで4度目の優勝を果たした酒井は満面の笑顔で、この記念すべき大会の最後を飾りました!


花束を手に感涙と笑顔
近藤 文美
(21期・No.221 所属:ダイトースターレーン)
(優勝ボール:ストーム社(ハイ・スポーツ) ディープ・グラビティー)
酒井 武雄
(9期・No.288 所属:トコリ・グローバル)

(優勝ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) ネクサスf (P+R))



アマチュア唯一の決勝トーナメント進出を決めてベストアマ獲得!
松丸 澄子 選手
桃井 敏夫 選手
(ストライカーズ西船ボウル)
 
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
ベストドレッサー賞表彰


 ミックスダブルスといえばお馴染みベストドレッサー賞の表彰が、本日準決勝終了後に行われました。
男女で色違いやスカートとスラックスで同じ柄など、手の込んだペア戦ならではのユニフォームで観客の目を楽しませる中、ベストドレッサー賞に選ばれたのは佐藤まさみ&佐藤 秀樹の兄妹チーム。
出身の山梨にちなんだ武田菱や富士山など、これでもかと郷土愛をアピールしたユニフォームで審査員のみならず観客からも支持を得て、賞品が贈呈されました。


佐藤まさみ
(42期・No.450 所属:ダイトースターレーン/ABS)
佐藤 秀樹
(46期・No.1137 所属:ダイトースターレーン)
 
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
佐藤 秀樹、7-10スプリットメイド達成!


 いよいよ最終日を迎えた全日本ミックスダブルスにて、佐藤 秀樹が7-10スプリットメイドを達成しました!
準決勝3G・2フレーム目に自身2個目(JPBA公認97号)の記録を達成した佐藤、決勝トーナメントへの進出はなりませんでしたが、大会に名前を刻みつけました!


結構美味しいところは持って行きました
佐藤 秀樹
(46期・No.1137 所属:ダイトースターレーン)
 
2012/3/19
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
アマチュア各グループ上位表彰


 大会3日目の本日、予選終了後にアマチュアチームA・B・C各グループの1位から3位まで3チームずつが表彰され、記念品が贈られました。
各グループ1位は以下のチームとなっております。

Aグループ1位
松丸 澄子 選手
桃井 敏夫 選手
Bグループ1位
石川 直子 選手
佐々木貴祥 選手
Cグループ1位
上地 優子 選手
知念  薫 選手
 
2012/3/18
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
工藤 貴志、大会第2号パーフェクト達成!


 プロ・アマのシフトの組合せが変わった予選第2ステージにて、第2シフト3G目(通算7G目)に工藤 貴志が大会第2号、自身9個目(JPBA公認1174号)のパーフェクトを達成!
人生のパートナーでもある吉川 朋絵と共に、大会制覇に向けて本格的に乗り出して来ました!


握った拳に力がこもる
工藤 貴志
(42期・No.1032 所属:とうきゅうボウリングチェーン)
(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) DV8トゥーレックレス)
 
2012/3/17
  コシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルス
ジョン・テハが大会第1号パーフェクト達成!


 いよいよ本日より開幕となりましたコシダカ・スポルト杯第31回全日本ミックスダブルスにて、ジョン・テハが大会第1号パーフェクトを達成しました!
昨日行われました前夜祭でも優勝し、予選第1ステージ・第3シフト1G目に自身6個目(JPBA公認1173号)の達成でロケットスタートを切ったジョン、2003年の第24回大会以来のミックスダブルス制覇に向けて好発進です!


堂々たるガッツポーズ!
ジョン・テハ
(K3期・No.K108 所属:DSD&ハイ・スポーツ社)
(使用ボール:ロトグリップ社(ハイ・スポーツ) リバティユナイテッド)
 
2012/3/15
  ★承認大会・第9回下関オープンロイヤルカップ
プロの部にて玉井慎一郎、優勝!


 さる3/11(日)、山口・下関ロイヤルボウルにて第9回下関オープンロイヤルカップが開催され、プロの部において玉井慎一郎が優勝しましたのでご報告致します。
決勝シュートアウト・優勝決定戦では、松永 裕美進 博美との三つどもえの九州勢決戦が繰り広げられ、男子トッププロの意地を見せて玉井が259ピンを打って優勝を掴みました。
またアマチュアの部では宇山 侑花 選手が川本 達也 選手、向本 一志 選手ら男子二人を相手に戦い、みごと優勝を果たしました。
決勝シュートアウトの詳しい成績につきましては下記リンクよりご確認下さい。

■■ 最終成績PDF/70KB ■■


(写真右)プロの部優勝:玉井慎一郎
(37期・No.902 所属:フリー)
(写真右)アマチュアの部優勝:
宇山 侑花 選手
 
  ★”がんばろう日本” 東日本大震災復興支援活動のご報告

 昨日3/14(水)に神戸六甲ボウルにて開催されました、日本プロボウリング協会関西・西支部3月度月例会にて、関西・西支部のプロボウラー有志より5万円、会場となった神戸六甲ボウル様より5万円のあわせて10万円が集まり、東日本大震災復興支援金として寄贈されましたのでご報告申し上げます。

神戸六甲ボウル取締役支配人・中東 郁夫様より
関西・西支部 西村 邦彦支部長へ目録が贈呈されました。
 
2012/3/13
  ★第25回定時総会及び役員改選のご報告


 本日、田町ハイレーンにて「第25回定時総会」が行われ、下記の通り役員の改選が決定致しましたのでご報告致します。

<正会員地区選出理事>
第1地区(北海道・東北) 陳 勇一郎
第2地区(北関東・埼玉・千葉) 堀口 高弘
第3地区(城東・城南・城西・三多摩) 貞松 保行
第4地区(神奈川東・神奈川西) 佐藤 二六
第5地区(甲信越・静岡) 田村  孝
第6地区(東海・北陸) 森  正勝
第7地区(関西東・関西西・関西南) 松田 秀樹
第8地区(中国四国・九州北・九州南・沖縄) 丸山 高史

<正会員総会選出理事>
染谷景一郎
吉田健三郎
野村美枝子
杉本 勝子
中島  強
谷口  健
山本由美子

<学識経験理事>
黒川 賢蔵
(東海興業株式会社 代表取締役社長)
田中喜代次
(つくば大学大学院教授)
藤元 良一
(エースランド株式会社 代表取締役社長)
尾藤三千雄
((社)日本プロボウリング協会 事務局長)

<監事>
福田  厚
(あずさ監査法人代表社員)
小林 万修
(株式会社スポルト代表取締役社長)


 以上の新理事による臨時理事会において、以下の方々が選任されました。
名誉会長  中山 律子
会 長  松田 秀樹
副会長  谷口 健・中島 強・杉本 勝子
専務理事  尾藤三千雄

 会長職を4期8年勤めた中山 律子 前会長は理事会にて承認され、名誉会長に就任。また協会の発展に多大な貢献をされた矢島 純一 前副会長は今季をもって勇退されることとなり、お二方にはその功労を称えて感謝状の盾が贈呈されました。
(写真左)中山 律子 名誉会長と松田 秀樹 新会長
(写真右)矢島 純一 前副会長と松田 秀樹 新会長
 
2012/3/9
  承認大会・第4回キャノンボウルプロアマトーナメント
天野 景之が優勝!


 さる2/12(日)、愛知・岩屋キャノンボウルにて開催されました、第4回キャノンボウルプロアマトーナメントにて、天野 景之が優勝しましたのでご報告致します。
プロの部優勝決定戦では先日の関西オープンで初優勝を果たした大友 仁と激しい攻防戦を繰り広げ、238対237というわずか1ピン差で勝利。続く総合優勝決定戦でも、アマの部優勝者の西川 薫 選手を相手に243対212で下し、天野が優勝を掴みました。
詳しい成績は下記リンクより大会ページにてご確認下さい。
■■ 大会ページ ■■


(写真左から3人目)
天野 景之
(29期・No.682 所属:(株)グランドボウル)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。