TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2010年1〜3月


2010/3/28
  ★MKチャリティカップ 京都府・京都市に計200万円を寄付贈呈


1月21日 エムケイ株式会社・専務取締役の松田忠夫様(写真右)より
京都市の浅野義孝保健福祉局長へ寄付贈呈

さる1月21日(木)京都市、1月29日(金)京都府を通じて、第4回MKチャリティカップにて集まったチャリティ金200万円を身体障害者の福祉向上に役立てさせて頂きました。
具体的には2010年2月21日(日)に開催された京都府・京都市ほか主催の「第21回全国車いす駅伝競走大会」への協賛金として100万円、また、福祉用具100万円分を寄付させていただきました。
こうして寄付金をお渡しすることができましたのも、大会の趣旨に賛同し、ご協力くださった皆さまのおかげでございます。この場を借りて厚く御礼申し上げます。


1月29日 同じく京都府の小石原範和副知事(写真左)へ寄付贈呈
 
2010/3/20
  ★承認大会・KOBE・BCオープン 吉井 昌幸が優勝!

 さる1月30日(土)・31日(日)の二日間にわたり神戸ボウリング倶楽部にて行われました、KOBE・BCオープンにおいて吉井 昌幸が優勝致しましたのでご報告致します。
成績は以下のリンクよりご覧下さい。

■ 最終成績PDF/54KB ■


吉井 昌幸
(41期・No.988 所属:トドロキボウル)
 
2010/3/15
  ★ボウリング革命 P★LEAGUE オフィシャルDVD第3弾発売中!

 完全撮り下ろし「オリジナル・ダブルス対戦U」を始め、選手自身が選んだ「記憶に残るプレー大全集」や「新参入選手プロフィール」、そしてP★リーガー達の素顔に迫る「本音激白!P★トークPart2」など、見どころ満載、ファン必見のオフィシャルDVD第3弾がいよいよ発売。
また、スペシャル特典として初回生産分のうち100ケースにP★リーガーの直筆サインあり!どこでお求めになってもチャンスは同じですので、宝くじ気分でどうぞ!


製作:P★LEAGUE DVD製作委員会2010
発売元:BS日本
販売元:BS日本
カラー /ステレオ 片面2層 約190分
P★LEAGUE オフィシャルDVD Vol 3
価格:3,990(税込)

お求めは全国のDVDの取扱い店・書店もしくは
BS日テレのホームページにて

http://www.bs4.jp/
 
2010/3/10
  ★第23回定時総会及び役員改選のご報告


 9日13時より田町ハイレーンにて行われました、「第23回定時総会」において

【第1号議案 平成21年度事業報告並びに決算報告・監査報告に関する件】
【第2号議案 平成22年度事業計画並びに予算に関する件】

が原案通り可決承認されました。

【第3号議案 役員改選に関する件】については平成22年度・23年度の2年間の任期において以下のように決議されました。

<正会員地区理事>
理事及び監事候補者選出委員会に届出通り、以下の方々が承認され、地区理事に就任をされました。
第1地区(北海道・東北) 陳 勇一郎 氏
第2地区(北関東・埼玉・千葉) 堀口 高弘 氏
第3地区(城東・城南・城西・三多摩) 貞松 保行 氏
第4地区(神奈川東・神奈川西) 佐藤 二六 氏
第5地区(甲信越・静岡) 田村  孝 氏
第6地区(東海・北陸) 森  正勝 氏
第7地区(関西東・関西西・関西南) 松田 秀樹 氏
第8地区(中国四国・九州北・九州南・沖縄) 丸山 高史 氏


<総会理事>
定員の7名を超えた立候補届出があり、60名の代議員(出席社員のみ、委任状を除く)による選挙投票結果により以下の7名の方々が承認され、総会理事に就任をされました。
野村美枝子 氏
中島  強 氏
吉田健三郎 氏
矢島 純一 氏
中山 律子 氏
染谷景一郎 氏
谷口  健 氏
(投票用紙立候補者名順)


<学識経験理事>
以下の4名の方々が承認され、学識経験理事に就任をされました。
黒川 賢蔵 氏
(東海興業株式会社 代表取締役社長)
田中喜代次 氏
(つくば大学教授)
藤元 良一 氏
(エースランド株式会社 代表取締役社長)
尾藤三千雄 氏
((社)日本プロボウリング協会 事務局長)


<会長特別推薦理事>
以下の3名の方々が承認され、会長特別推薦理事に就任をされました。
佐藤比呂子 氏
杉本 勝子 氏
山本由美子 氏


<監事>
以下の2名の方々が承認され、監事に就任をされました。
福田  厚 氏
(あずさ監査法人代表社員)
小林 万修 氏
(株式会社スポルト常務取締役)


 以上の新理事による臨時理事会において、以下の方々が会長、副会長に選任されました。
会 長  中山 律子 氏
副会長  矢島 純一 氏
副会長  松田 秀樹 氏
副会長  谷口  健 氏

 今回も活発な形で「第23回定時総会」は行われ、すべての審議議案が可決承認されましたことをご報告します。
なお次回理事会は、4月1日(木)午後1時より田町ハイレーンにて行われる予定となっております。
 
  ★退会届提出者のお知らせ・3月9日現在

 2010年3月9日現在、以下の方々が社団法人日本プロボウリング協会へ退会届を提出されましたこと、ご報告致します。

男子
1期生
No. 19
井上  望
11期生
No.345
佐藤  正
11期生
No.354
大谷  豊
25期生
No.600
川平 一人
30期生
No.722
上原 慶之
37期生
No.919
望月  満
 
2010/3/2
  ★第49回男子・第43回女子プロボウラー資格取得テスト
第一次テスト開始!



 プロボウラーへの登竜門、プロボウラー資格取得テストが今年もいよいよ開始致しました!
東西二会場に分かれ、下は16歳から上は65歳までと幅広い年齢層の受験生達が、男子は1日15G、女子は1日12Gを四日間投げて男子AVG200、女子AVG190以上が合格条件という、過酷な戦いに挑みます。
夢を持ってプロへの道を目指す受験生に、どうぞ熱いご声援をお願い致します!
 
  ★訃報 平川 周氏ご逝去


2007年・日本シニアチャンピオンにて

 3月2日、九州・北支部でご活躍された平川 周氏(7期・No.175)が永眠されました。享年65歳。
A級インストラクターの資格をお持ちの平川氏は多くのボウラーを指導され、まさに九州ボウリング界の重鎮でいらっしゃいました。
故人の功績を偲ぶとともに哀悼の意を表します。
また、故人とご遺族に代わりまして、生前にご声援下さった多くの皆様に御礼申し上げます。
 
2010/2/27
  ★第32回関西オープン カン・ソンユ JPBAツアー初優勝!

  今年一年の始まりにふさわしく、男子プロアマ総勢250名以上が集結した関西オープン。
パーフェクト3個に7-10スプリットメイドも達成され、見応えある戦いの末に最終ラウンドの舞台に上がったのは昨年のROUND1CUPで敗れたカン・ソンユパク・キョンシン、そして前大会で決勝進出を果たしながらも頂点を極められなかった中沢 奨キム・ヨンピル
4人全員がレフティ、中沢以外はすべてKPBAかつJPBA初優勝がかかった顔ぶれと、どの組合せでもそれぞれ因縁があり誰が勝ってもドラマが期待される中、熱戦の火蓋が切って落とされました。
キム対中沢の4位決定戦はキムが前半にオープンフレームを2つ出し、パンチアウトで追い上げますが中沢に届かず敗退。パク対中沢の3位決定戦では、両者オープンを出しましたがターキーを2つ決めた中沢が逃げ切り、トップシードで待つカンへの挑戦権を手に入れます。
昨年のジャパンオープンで逃した6勝目を賭けて挑む中沢、JPBAツアー初優勝が欲しいカン。二人の対決となった優勝決定戦は、両者ストライクでの滑り出しとなりました。
続く2フレーム目もストライクを決めた中沢がワンマークリード。中盤でカンがターキーに成功。中沢も負けずと6フレーム目からターキーを決めてリードを取り返しますが、勝負どころの9フレーム目、中沢は7番ピンを残してスペア。対するカンは、昨年秋のシーズントライアル優勝決定戦でパーフェクトを達成した勝負強さをここで発揮し、9フレーム目から10フレーム2投目までストライクを繋げ、中沢を追い抜いて逆転。手に汗握る真剣勝負を制し、見事カンがJPBA初優勝を成し遂げました!



ボールの向こうに勝利が見えた!
カン・ソンユ
(K4期・No.K142 所属:フリー 出身:韓国・京畿道)

(使用ボール:ロトグリップ社 アライアンスツアー)



総合24位でベストアマ獲得!
高田 浩規選手
(イーグルボウル・関西西支部推薦)
 
  ★第32回関西オープン ジュニアボウリングスクールのご報告

 昨年11月のジャパンオープンで開催し、ご好評を頂いたジュニアボウリングスクールを今大会も決勝ステップラダー開始前に開催致しました。
たった今決勝ラウンドロビンで熱戦を繰り広げたプロ達によるレッスンとあって、集まったたくさんのジュニアボウラー達は真剣な眼差しで指導に耳を傾けました。
最後はジュニア全員で1投チャレンジを行い、なんと高淵 佳恋さん(中2)と常志くん(小6)の姉弟対決による同点決勝に。これを姉の貫禄で佳恋さんが勝利して、見事本日のチャンピオンに輝きサンブリッジ提供のボールバッグが贈られました!


■■ スクール風景 ■■


本日のチャンピオン!
 
  ★退会届提出者のお知らせ

 2010年2月27日現在、以下の方々が社団法人日本プロボウリング協会へ退会届を提出されましたこと、ご報告致します。

男子
6期生
No.128
石川 恒之
8期生
No.190
西城 正明
8期生
No.202
鏑木 恒雄
8期生
No.210
篠崎 芳夫
10期生
No.335
高井  明
13期生
No.419
岡  秀樹
19期生
No.469
菅井 雅寛
26期生
No.634
田嶋 精二
30期生
No.727
今塩屋 忍
31期生
No.754
荒井 敏明
35期生
No.855
山本 幸治
39期生
No.963
佐藤 嘉洋
女子
5期生
No.114
原 梨花子
6期生
No.146
遠藤 千枝
30期生
No.315
緒形 恵美
38期生
No.406
鹿間 梨沙
 
  ★第32回関西オープン カン・ソンユ、大会第3号パーフェクト達成!

とうとう大会最終日を迎えた本日、最終決戦を前にカン・ソンユがやりました!
決勝ラウンドロビン前半3G目でカン・ソンユが大会第3号パーフェクトを達成!
昨年のシーズントライアル・オータムシリーズ以来自身2個目(JPBA公認1070号)となるこの記録を手土産に、ファイナルラウンドへ向けて大きく前進です!


RRパーフェクト賞100万円を独占できるか!?
カン・ソンユ
(K4期・No.K142 所属:フリー)
 
2010/2/26
  ★第32回関西オープン 木村 広人、大会第2号パーフェクト達成!

昨年の千葉オープン覇者・木村 広人がやってくれました!
予選後半Bシフト4G目(通算10G目)に、大会第2号にして自身初(JPBA公認1069号)のパーフェクトを達成!
思い起こせば4年前の同大会で初ラウンドロビン・初賞金を果たした木村。初パーフェクトを果たした今大会でもあの爆発力を見せてくれるか、乞うご期待です!


堂々たるガッツポーズ!
木村 広人
(42期・No.1026 所属:西尾スターボウル)
(使用ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) イービルスィージ)
 
2010/2/25
  ★第32回関西オープン 佐藤 秀樹、7-10スプリットメイド達成!

 本日はシードプロ、アマチュア選手も参戦して予選前半が行われ、Bシフト6G目・8フレーム目に佐藤 秀樹が7-10スプリットメイドを達成しました!
佐藤は前半3Gではまずまずの位置についていましたが、後半3Gで失速。しかしながら本日の最終ゲームで自身初、JPBA男子公認記録としてもまだ78号目という珍しい記録を達成したことで、明日の後半6Gでは追い風に乗って欲しいところです!


プロ入り4年目を迎え、自身初の公認記録達成!
佐藤 秀樹
(46期・No.1137 所属:ダイトースターレーン)
(使用ボール:レボリューション社(サンブリッジ) エクストリームRX)

 
  ★第32回関西オープン 表彰のご報告

本日、関西オープンの開会式にて2009年度のランキング表彰が行われ、ポイント・AVG部門で二冠を達成したジョン・テハへ、その功績を讃えて記念の盾が授与されました。


中山 律子会長より目録の贈呈を受ける
ジョン・テハ
(K3期・No.K108 所属: ハイ・スポーツ社・DSD HANDOK建設 )
 
2010/2/24
  ★第32回関西オープン 中村 陽介が大会第1号パーフェクト達成!

2010年における本格的な男子トーナメント開幕戦、第32回関西オープン。大会初日の今日はプロ選抜大会が行われ、快い球音が響き渡りました。
そんな中、Bシフト7G目に中村 陽介が大会第1号にして自身初(JPBA公認1068号)のパーフェクトを達成!
プロデビューしてからもうじき1年、4月には新人を迎えて先輩プロとなる48期生の中村にとって、大きなステップアップとなりました!


祝福のハイタッチを受ける
中村 陽介
(48期・No.1204 所属:アイビーボウル北本)
(使用ボール:ロトグリップ社(ハイ・スポーツ) キラーセル)
 
2010/2/18
  ★JPBAスポンサー感謝の集いと表彰のご報告


 昨日2/17(水)、シャトーレストラン「ジョエル・ロブション」(東京・恵比寿ガーデンプレイス)にてJPBAスポンサー感謝の集いが行われました。
その席上にて2009年度のランキング表彰が行われ、男子賞金ランキング1位の高橋 延明(ポイント・AVGランキング1位のジョン・テハは欠席)、女子ポイント・賞金ランキング1位の姫路 麗、女子AVGランキング1位の松永 裕美らが記念の盾を授与されました。
また東京運動記者クラブ・ボウリング分科会より、2009年最優秀選手賞プロの部に姫路 麗、HANDACUPフィランスロピートーナメントにおけるTV決勝パーフェクト達成を讃えて特別賞に長縄多禧子、レディース新人戦・MKチャリティカップ優勝の功績を讃えてニュースター賞に佐藤まさみが選ばれ、それぞれ記念の盾が授与されました。


(写真左より)
男子賞金ランキング1位:
高橋 延明
(23期・No.514 所属:シチズンプラザ&SB大宮)
女子ポイント・賞金ランキング1位:
姫路 麗
(33期・No.352 所属:フタバボウル)
女子AVGランキング1位:
松永 裕美
(37期・No.384 所属:ABS)



(写真左より)
最優秀選手賞:姫路 麗
(33期・No.352 所属:フタバボウル)
特別賞:
長縄多禧子
(21期・No.223 所属:本八幡スターレーン)
ニュースター賞:佐藤まさみ
(42期・No.450 所属:ダイトースターレーン)
 
2010/2/17
  ★承認大会・第2回キャノンボウルプロアマトーナメント
板倉 奈智美が優勝!


2/13(土)・14(日)の二日間にわたり岩屋キャノンボウル(愛知)で、第2回キャノンボウルプロアマトーナメントが行われました。
プロ・アマチュア、さらにブラジルの部に分かれて予選・準決勝・決勝トーナメントを戦い、それぞれの部の頂点に立った3名で総合チャンピオン戦が行われ、アマチュアの部・田中 政美選手、ブラジルの部・Marcos Kambara選手を制して板倉奈智美が総合優勝を致しました。
詳しい成績については以下のリンクよりご覧下さい。

■■ 最終成績PDF/73KB ■■


優勝:板倉奈智美
(36期・No.372 所属:(株)イースタンスポーツ)
 
2010/2/5
  ★承認大会・第2回キャノンボウルプロアマトーナメント
アマチュア参加選手を募集中!

 

 2/13(土)・14(日)に岩屋キャノンボウル(愛知)で開催のJPBA承認大会・「第2回キャノンボウルプロアマトーナメント」にて、アマチュア選手の参加を募集しております。
岩屋キャノンボウル専属プロをはじめとするトッププロも多数参加。
年齢・性別などの参加資格はありません。
下記の参加申込用紙をダウンロードし、ご記入の上FAXにて岩屋キャノンボウルまでお申し込み下さい。その後、参加料の振り込みをもってエントリー完了と致します。詳しくは大会ページより開催要項をご覧下さい。
愛知近県の皆様、どうぞ奮ってご参加下さい!

FAXでの申込締め切り:2/10(水)
参加申込用紙PDF/102KB
FAX:0532-61-6263  担当:小川
 
2010/2/1
  ★JPBAシーズントライアル2010 ウィンターシリーズ
全会場終了のご報告


1/25から4日間にわたり、JPBAシーズントライアル2010・ウィンターシリーズが全国4会場で行われました。
4〜6月に開催されるビッグタイトルへの出場権を賭けた戦いでもある開幕戦は、各会場で気迫のこもった展開となりました。
各会場の優勝者は以下の通りです。



A会場(スポルト上尾スポーツレーンズ)優勝
遠藤 誠
(47期・No.1160 所属:イースタンスポーツ)



B会場(アサヒボウリングセンター)優勝
長谷 宏
(15期・No,435 所属:アークインターナショナルウェイブ事業部)



C会場(ボウルアピア静岡店)優勝
大友 仁
(42期・No.1024 所属:岩屋キャノンボウル・タイコウハウス(株))



D会場(イーグルボウル)優勝
中田 博則
(44期・No.1083 所属:サンケイボウル)
 
  ★承認大会・ボウル国際オープン 大友 仁がプロの部を制す!

さる1/16(土)・17(日)の二日間にわたり、ボウル国際(広島)にて第4回ボウル国際オープンが開催されました。
プロアマ混成の3人チーム戦・6人チーム戦の後、各部に分かれての個人戦が行われ、プロの部では大友 仁、アマチュア男子の部は福島 武選手、アマチュア女子の部は増田千代美選手が優勝。チーム戦等、詳しい成績につきましては上記TournamentInformation欄・大会ページをご覧下さい。


(写真前列左より)
優勝:
大友 仁
(42期・No.1024 所属:岩屋キャノンボウル・タイコウハウス(株))
2位:
中沢 奨
(37期・No.912 所属:イーグルボウルふじみ野&WAVE)
3位:原 昭彦
(10期・No.327 所属:マリンボウル)
 
2010/1/27
  ★承認大会・BOWL APIA OPEN 糸山 賀津人が優勝!

さる1/24(日)にボウルアピア静岡店にて行われました、BOWL APIA OPENにて、糸山 賀津人が優勝致しました。
また柴田 英徳がパーフェクトを達成するなど、シーズントライアルに先駆けて行われた承認大会は長い正月休みが明けた男達による熱い戦いとなった模様です。
決勝シュートアウトの成績は以下のリンクよりご覧下さい。

■■ 決勝シュートアウトPDF/74KB ■■


(写真中央)優勝:糸山 賀津人
(37期・No.900 所属:アートプリントAI)
(写真左)2位:
坂田 重徳
(23期・No.521 所属:アサヒボウリングサービス&アソビックス)
(写真右)パーフェクト達成:柴田 英徳
(11期・No.368 所属:小嶺シティボウル)
 







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。