TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2006年10〜12月


2006/12/29
  ★第28回ユニセフ「ハンド・イン・ハンド募金」中央大会に参加しました

 さる12/23(土)に東京・恵比寿ガーデンプレイスにて、財団法人日本ユニセフ協会主催のハンド・イン・ハンド募金中央大会が開催されました。
この大会はプレイベントとしてアーティストのパフォーマンスやミニコンサートを催し、街頭募金活動を行うもので、JPBAもプロスポーツ協会の一員として毎年協力しています。
今年は「守りたい、子どもの命・・・子どもの未来」をテーマに、タレントのアグネス・チャンさんや、歌手のソニンさんなどの著名人がゲストボランティアとして参加。JPBAからはルーキーの中でも注目株の二人、高坂 麻衣(39期・No.418)関根 直子(39期・No.419)が参加し、ボランティアの方々やボーイスカウトの子供達と一緒に、募金のお願いを呼びかけました。



「ユニセフ募金にご協力お願いしまーす!」
高坂 麻衣と関根 直子
2006/12/28
  ★「第8回三湖コリアンカップオープン国際ボウリング大会」のご案内

 2007年3月に韓国は釜山にて、社団法人韓国プロボウリング協会(KPBA)による、第8回三湖コリアンカップオープン国際ボウリング大会の開催が決定致しました。
JPBAとKPBAは、将来的に共催での公認国際トーナメント開催を目標として交流を深めており、今大会もJPBAより最低30名のプロボウラー参加が希望されています。
KPBAに負けない活躍、そして優勝を目指し、奮ってご参加下さい!


大会日程
2007年3月13日(火)〜3月16日(金)
開催会場
釜山アシアドボウリング場
競技内容
予 選(2日間)
16ゲームにて上位36名選出
準決勝
8ゲームを投球し、合計24ゲームにて上位12名選出
決 勝
12名によるラウンドロビン方式にて上位5名選出
TV決勝
5名によるステップラダー方式
参加人数
170名(JPBA30名、KPBA98名、韓国国家代表6名、アマチュア36名)
賞  金
賞金総額 70,000,000ウォン(約700万円)
優勝賞金 20,000,000ウォン(約200万円)※36位まで賞金
問合せ先
(社)日本プロボウリング協会 坂内 保友
TEL:03-3815-3949
:03-3813-4671
Fax:3816-2800
e-mail: bannai@jpba..or.jp
2006/12/26
  ★DHCカップGirlsボウリングデュオチャレンジ
 松永 裕美&阪本 彩選手ペアが優勝!


 博多スターレーンにて開催された、プロとアマの華やかな祭典・DHCカップGirlsボウリングデュオチャレンジにて、強豪揃いのトーナメントを制し松永 裕美&阪本 彩選手ペアが優勝致しました!


松永 裕美(37期・No.384)&阪本 彩選手
2006/12/20
  ★第1回MK女子チャリティカップ 清水 弘子 優勝!
さらに年間獲得賞金&年間AVGの記録を更新!


 夏に開催された男子大会に続いてのMK女子チャリティカップ。その2006年最後の大会を、わずか4日前に終了した全日本選手権に続く連勝で、清水 弘子が締めくくりました!

さらに清水はこの優勝で今年度の獲得賞金は14,816,000円年間AVGは219.53となり、1994年に金田 惠子が達成した年間獲得賞金14,486,000円の記録と、1997年の時本美津子の記録AVG215.90を破って、一挙に二つの大記録を更新しました!


2006年度すべてのランキングも制覇、三冠女王へ!
清水 弘子(38期・No.405)
(優勝ボール:ストーム製(ハイ・スポーツ社) スペシャルエージェント)
2006/12/19
  ★第1回MK女子チャリティカップ
中島 政江が公認139号パーフェクトを達成!


 2006年最後の公認大会、MK女子チャリティカップ。その予選後半Bシフト16G目にて、中島 政江が自身3個目のパーフェクトゲームを達成しました!

文字通りの”飛び上がって大喜び”!
中島 政江(24期・No.257)
(使用ボール:トラック社製(ABS) パワーマシン)
2006/12/16
  ★第38回全日本選手権 清水 弘子 優勝!

 華やかな中にも火花が散る全日本女子選手権。
その頂上決戦は、予選から準決勝までトップシードを守り抜いた清水 弘子対、体調の悪さにもめげず、決勝へ3位で通過した阿部 美佐
「トップシードが負けた場合は再決定戦」という全日本方式ルールにより二度の決定戦にもつれ込んだ末、とうとう第38回女王の座を清水 弘子が勝ち取りました!

「どうしても欲しかった」念願のタイトルを手に、号泣!
清水 弘子(38期・No.405)
(優勝ボール:ロトグッリップ製 SD73クラシック及びホライゾンソリッド)
2006/12/15
  ★第38回全日本選手権 名和 秋が公認138号パーフェクトを達成!

 女子プロボウラーの精鋭達が集まる全日本女子選手権、その予選PARTV6G目(通算18G目)において、名和 秋が自身初のパーフェクトを達成しました!

予選突破に向けて弾みがついたか!
名和 秋(35期・No.365)
(使用ボール:エボナイト社製 アンギュラーワン)
2006/12/20
  ★第29回JLBCプリンスカップ 吉田真由美 3年ぶりの優勝!

 品川プリンスホテルボウリングセンターにて開催された、PBA女子選手を招いての華やかな戦いは、吉田真由美の勝利で幕を閉じました!
2006年は多くの大会で上位入賞を果たすも、なかなか優勝には恵まれなかった吉田。今回も決勝トーナメントにおいて僅差の苦しい戦いが続きましたが、見事3年ぶりの優勝を勝ち取りました!

対戦相手の酒井から祝福の抱擁、堪えても涙がこみ上げる吉田
吉田真由美(31期・No.320)
(優勝ボール:ABS ナノデスアキュライン)
2006/12/2
  ★2006全日本選手権 山本 勲 優勝!
&男子賞金・アベレージランキング第1位確定!


 一年間の総決算にして来季のシードを賭けた最後の戦い、全日本選手権。
2006年の今年、その栄冠を勝ち取ったのはプロ入り2年目にして、今季3勝目となる山本 勲
さらに山本はこの優勝をもって2006年男子賞金・アベレージランキング第1位が確定となり、年間ランキング二冠制覇となりました!


全日本選手権初優勝、さらにランキング二冠達成!
山本 勲(44期・No.1078)

(優勝ボール:コロンビア社製 アクションパックド  所属:ABS)
  ★2006男子ポイントランキング第1位確定!

 2006全日本選手権にて、現在ポイントランキングトップの石原 章夫が13位入賞を果たしました。これにより現在ランキング2位の山本 勲を引き離し、石原の2006年男子ポイントランキング1位が確定しました!

ポイントランキング制覇!
石原 章夫(11期・No.344)

(所属:ハイ・スポーツ社)
  ★第40回全日本選手権 高橋 延明 パーフェクト達成!

昨日の7-10スプリットメイドに続き、高橋 延明が準決勝7G目(通算31G目)にて今度はパーフェクトを達成!2年ぶり自身6個目(JPBA公認844号)の記録となりました!

昨日降りた神はまだ去ってはいなかった!?
高橋 延明(23期・No.514)
(使用ボール:ストーム社製(ハイ・スポーツ) ターニングポイント)
2006/12/1
  ★第40回全日本選手権 パーフェクト4発目!

 今年の全日本選手権はパーフェクト・7-10スプリットメイドと記録更新ラッシュ!
大会第4号のパーフェクトは、予選PARTUAシフト9G目(通算21G目)に柴田 英徳が達成、自身3個目(JPBA公認第843号)の記録となりました!


シニアの貫禄
柴田 英徳(11期・No.368)

(使用ボール:トラック社製(ABS)パワーマシン)
  ★第40回全日本選手権 7-10スプリットメイド大会第2号 達成!

 降りてきたのはパーフェクトの神様だけではなかった…さらに7-10スプリットメイド大会第2号が飛び出しました!
予選PARTUAシフト7G目(通算19G目)に7-10スプリットメイドJPBA公認59号を達成したのは、今年の関西オープンチャンピオン、高橋 延明!11年振り、自身2個目の記録達成となりました!



神様が味方についたか?
高橋 延明(23期・No.514)
  ★第40回全日本選手権 パーフェクト3連続!

 予選PARTUにパーフェクトの神様が降りたか!?
Aシフト6G目(通算18G目)に、今度は津野 泰治が大会第3号パーフェクト(JPBA公認842号)を達成!津野は今回で10個目の達成、記念すべき二桁の大台に乗せました!

余裕のガッツポーズ
津野 泰治(23期・No.535)

(使用ボール:モーリッチ社製(ABS)オゥサムレブス)
  ★第40回全日本選手権 パーフェクト2連発!

 昨日の7-10スプリットメイドに続き、今度はパーフェクト記録が続々更新!

予選PARTU・Aシフト2G目(通算14G目)にて大会第1号(JPBA公認840号)パーフェクトを達成したのは、自身2年ぶりにして2個目の記録となった長 信之。発売前のニューボールもいい仕事してくれました!?
さらに長を追いかけるかのように、予選同シフト3G目(通算15G目)にて大会第2号(JPBA公認841号)を達成したのは土谷 翼
大きな舞台で自身初のパーフェクト達成!プロ入り2年目の今年、さらなる成長を遂げました!

予選突破に追い風が吹くか!?
長 信之(35期・No.853)

(使用ボール:エボナイト社製(サンブリッジ) RXS300※12/20発売予定)

大きな体でガッツポーズ!
土谷 翼(44期・No.1081)

(使用ボール: ブランズウィック社製 レッドクラウン2)
2006/11/30
  ★第40回全日本選手権 日置 秀一が7-10スプリットメイド達成!

 男子プロトーナメント一年間の総決算である第40回全日本選手権・予選10G目にて、日置 秀一がJPBA公認第58号、自身2個目の7-10スプリットメイドを達成しました!
今年7月のMKチャリティカップ準決勝にて達成した、公認第55号に続く快挙となりました!


'06年7-10キング!?
日置 秀一 (43期・No.1050)
2006/11/23
  ★2006女子新人戦 谷川 章子 優勝!

 P★リーグの舞台でお馴染みの田町ハイレーンにて開催された、フレッシュにして最もパワーのある女子プロを決定する2006女子新人戦。決勝トーナメントにおいて準決勝戦で1ピン差、決勝戦で2ピン差と苦しい戦いの末、谷川 章子がその栄冠のタイトルを勝ち取りました!

(左)準優勝の松永裕美と健闘を称え合う
(右)大会スポンサーの(株)フォーシーズ様より贈られたエビマヨ4号と一緒に
谷川 章子(37期・No.389)

(優勝ボール:ABS オーサムフリップ)

アマチュアの部優勝・大熊みちよ選手
応援に来ていた娘さんの手にもエビマヨ4号が。
2006/11/19
  ★'06群馬オープン 近藤 文美 優勝!

 昨日のパーフェクト達成から追い風が吹いたか、群馬に愛されているのか。
近藤 文美が3年ぶりの勝利にして、群馬オープン3勝目(本人通算10勝目)を挙げました!
今季これまでの大会では上位入賞の好成績を多く残した近藤、嬉しい嬉しい勝利となりました!

 


涙・涙の群馬オープン3勝目!
近藤 文美(21期・No.221)

(優勝ボール:エボナイト社(サンブリッジ) アンギュラーワン)
2006/11/18
  ★'06群馬オープン 近藤 文美 パーフェクト達成!

 館林スポーツレーンにて開催中の'06群馬オープンにて、近藤 文美が準決勝4G目でパーフェクトゲームを達成しました!自身3個目(JPBA公認137号)の記録は1996年のBWオープン以来、10年ぶりの達成。準決勝前半をトップで折り返してのパーフェクトに、勝利の期待が高まります!

満開の笑顔!
近藤 文美(21期・No.221)

(使用ボール:エボナイト社(サンブリッジ) アンギュラーワン)
2006/11/17
  ★DHCツアー2006/07第3戦(東京ポートボウル)
アマチュア参加選手好評受付中!


 DHCレディースオープンボウリングツアー2006/2007は早くも中盤に突入!
来年1月19日より開催される第3戦に先駆けて、アマチュア選抜大会が'07年1月13日・18日に東京ポートボウルにて開催されます。詳しくは開催要項をご覧下さい。


■■ アマチュア選抜大会 開催要項(PDF/133KB) ■■

参加ご希望の方は東京ポートボウル(担当窓口:河合、大類、岡部 FAX:03-3456-0288)まで是非ご連絡ください。
2006/11/15
  ★プロボウリングカレンダー2007 販売開始!

新年の計はカレンダーから!
人気プロボウラー大集合の”プロボウリングカレンダー2007”、今年も販売開始です。
部屋に貼るとボウリングが上達する!…かも?


★8枚綴り・A2判(縦594mm×横420mm)
★1部定価:2500円(送料・税込)
表紙
出演者大集合!
出演者全員のボウリングウェア姿
年間
一覧
トーナメントの興奮をもう一度
トーナメント時のライブ写真
1・2月
華やかな新春
石原 章夫・時本美津子
3・4月
心浮き立つ新学期
津島 健次・高坂 麻衣
5・6月
春から初夏へ
姫路 麗・中谷 優子・竹内 昭子
7・8月
夏、真っ盛り!
名和 秋・大山由里香
9・10月
センチメンタルな秋
酒井 武雄・酒井 美佳・酒井 玲佳
11・12月
寒さ厳しい冬
山本 勲・吉田真由美

2006/11/12
  ★栃木オープン'06 西村 了 優勝!

 冷え込みがきつくなった晩秋、小川グランドボウルにて行われた栃木オープン'06。その王者の座を勝ち取ったのは、”Mr.900”こと、西村 了!
'03年の全日本選手権にて奇跡のパーフェクト3連発、900シリーズを達成するも、優勝は逃した西村。その雪辱を果たさんとばかりに、決勝ステップラダーでは4位スタートからごぼう抜き、しかも4位決定戦ではガタースタート、優勝決定戦ではわずか1ピン差を守り抜くなど、ドラマメイクも忘れない魅せるゲーム展開の末、念願の初優勝を掴みました!


優勝トロフィーが一足早いバースデープレゼント!
西村 了(28期・No.658)

(優勝ボール:ストーム社 パラダイムドミネーション)
2006/11/5
  ★ABSジャパンオープン 加藤八千代&青木 彰彦 優勝!

 四日間にわたり、チーム・ダブルス・シングルス、そしてマスターズ&クィーンズと長丁場を戦い抜き、最後に勝利の栄冠を手にしたのはクィーンズ・加藤八千代とマスターズ・青木 彰彦!
男女とも決勝ダブルイルミネーション一回戦の相手と優勝決定戦、さらに再決定戦にもつれ込み、計三回の対戦という展開に。
マスターズ優勝・青木の相手は今季2勝を挙げ絶好調の山本 勲。クィーンズ優勝・加藤の相手は今季優勝はまだないものの、何度も惜しいところまで行っている斉藤志乃ぶ。加えて山本・斉藤は両者ともに敗者ゾーンからの勝ち上がりの上、ABS専属プロの意地にかけて負けられないと来ており、まさに熾烈な戦いが繰り広げられ、場内の観客を大いに沸かせてくれました!


花束贈呈で零れる歓喜の涙
クィーンズ優勝・加藤八千代(7期・No.161)

(優勝ボール:ストーム ドミネーション)

プロ入り29年目、男子703人参加の大舞台で初優勝を飾った!
マスターズ優勝・青木 彰彦(16期・No.445)

(優勝ボール:サンブリッジ SR300)
2006/11/4
  ★ABSジャパンオープン 山本 勲 800シリーズ達成!

男子マスターズは記録の花火連発か!?予選での大澤のパーフェクトに続き、男子マスターズ準決勝前半3Gにて、山本 勲が800シリーズ(1G目278・2G目245・3G目278 トータル801)を達成!
ABS専属プロの意地を見せてくれました!


ホストプロの面目躍如!
山本 勲(44期・No.1078)
  ★ABSジャパンオープン 大澤 義樹 パーフェクト達成!

本日のマスターズ予選2G目にて、男子大会第1号(JPBA公認835号)のパーフェクトを大澤 義樹が達成しました!
大澤自身12個目となるこのパーフェクトゲームは、女子第1号の関根に続いてABS社ナノデスシリーズのボールを使用しての達成。ABSの大会に華を添えました!

ROUND1CUPにて達成した800シリーズに続く記録!
大澤 義樹(129期・No.399)

(優勝ボール:ABS ナノデスプレミアム)
  ★ABSジャパンオープン
 女子ダブルス戦・男女シングルス戦・男女オールエベンツ・ベストドレッサー 表彰


昨日の開会式で行われたベストドレッサー賞、及び本日の女子ダブルス戦・男女シングルス戦、オールエベンツ表彰をご報告致します。

女子ダブルス戦優勝:中島・森本チーム

中島 政江(24期・No.257)&森本 由希 選手
男子シングルス戦優勝:大橋 裕史

(10期・No.311)
女子シングルス戦優勝:中島 政江

24期・No.257
男子オールエベンツ1位:天野 景之

29期・No.682
女子オールエベンツ1位:吉川 朋美

38期・No.409
ベストドレッサー賞男子:キャットボウル小田原店チーム

お揃いでカラフルな色違いのシャツが表彰理由。
背中のロボットが可愛い!


ベストドレッサー賞女子:K&Fチーム


こちらは色違いのスカートが表彰理由に。
カラフルなフルーツ娘って感じです!?
2006/11/3
 

★ABSジャパンオープン 女子チーム戦 表彰

 本日行われた女子チーム戦の表彰が行われましたのでご報告致します。

女子チーム戦優勝:フレンズチーム
本村 清佳 選手・松永 裕美(37期・No.384)
片野坂あゆみ選手・矢野 純子 選手
  ★ABSジャパンオープン 関根 直子 パーフェクト達成!

今年プロデビューしたばかりのルーキー関根がまたしてもやってくれました!
9月に成し遂げた初RR・初賞金・初優勝の快挙に続き、今回は女子チーム戦(T1シフト)3G目にて、自身初公認(JPBA公認136号)のパーフェクトゲームを達成!
初参加のこの大きな舞台に一花咲かして見せてくれました!



全身できれいなVサイン
関根 直子(39期・No.419)

(使用ボール:ABS ナノデスAccu−Line)
  ★ABSジャパンオープン 男子ダブルス戦・チーム戦 表彰

 昨日行われた男子ダブルス戦・チーム戦の表彰が行われましたのでご報告致します。
男子チーム戦優勝:京成ジャガーズチーム

山能 健之(41期・No.992)・山本 翔太 選手
山本 優介 選手・佐々木仁一22期・No.527

男子ダブルス戦優勝:青木・斉藤チーム

青木 淳一(33期・No.784)・斉藤 毅 選手
2006/10/30
  ★DyDoJAPANCUP 2006 オリジナルDVD予約販売スタート!

今年のプロボウリング世界一決定戦、DyDoJAPANCUP 2006が待望のDVD化!
東京体育館アリーナファイナルの熱闘が蘇る一品をぜひお手元に。




【インターネット】
イースタンスポーツHP・http://www.starlanes.co.jp/

【FAX】03-3320-4126

【メール】proshop@starlanes.co.jp

【郵便】〒151-0053 
渋谷区代々木2-11-15 新宿東京海上日動ビル9F     
(株)イースタンスポーツ内 JAPAN CUP実行委員会

以上、4方法のいずれかでお申し込み頂けます。
詳しくはこちら(PDF/616KB)をご覧ください。
2006/10/29
  ★DHCツアー2006/07第2戦 時本美津子 優勝!

27日より相模原パークレーンにて行われたDHCツアー2006/07第2戦は、センター専属プロの時本美津子が優勝!
同センターで行われた前年大会ではまさかの予選落ち、その雪辱を果たすべく、今大会では予選・準決勝・決勝ラウンドロビンすべてでトップ通過した時本。そして決勝ステップラダーにて多くの地元ファンが見守る期待とプレッシャーの中、今季初の優勝を果たし、見事な錦を飾りました!

感無量…!
時本美津子(7期・No.173)

(優勝ボール:BW社製 レッドアラート フラッシュ)
2006/10/28
  ★DHCツアー2006/07第2戦 愛甲 恵子 パーフェクト達成!

27日より開催中のDHCツアー2006/07第2戦、準決勝3G目にて、愛甲 恵子がJPBA公認135号となるパーフェクトゲームを達成しました!
7月の六甲クィーンズOP、9月の彦根プリンスカップと今季すでに2勝を挙げ、今大会でも予選2位通過と絶好調の愛甲。意外にもまだ今回で2個目のパーフェクト達成でどこまで波に乗るか、そして現在ポイントランキングトップの清水をどこまで追い上げるか!?注目です!

パーフェクト達成、その瞬間!
愛甲 恵子(26期・No.275)

(優勝ボール:エボナイト社製(サンブリッジ) ANGULAR ONE)
2006/10/26
  ★シーズントライアル オータムシリーズ 結果報告

全国3会場で開催されたシーズントライアル オータムシリーズが無事終了し、各会場の成績をアップ致しました。こちらからご確認下さい。
なお、各会場の優勝者は以下の通り。

A会場(品川PHボウリングセンター) 天野 景之(29期・No.682)
B会場(ラウンドワン富士店) 山崎 義則(30期・No.714)
C会場(イーグルボウル) 岡野 秀幸(42期・No.1023)


C会場優勝者
岡野 秀幸(42期・No.1023)
2006/10/23
 

★第1回MK女子チャリティーカップ アマチュア予選会開催決定!!

 新規トーナメントの第1回MK女子チャリティーカップが、12月18日〜20日に京都・MKボウル上賀茂で開催されます。
そのアマチュア予選会の要項がまとまりましたので、申込方法など詳細はこちらをご覧のうえ、是非ご参加下さい。

2006/10/22
  ★2006東海女子オープン 谷川 章子 優勝!

パーフェクトゲームあり、賞金一千万達成ありと、話題に事欠かなかった2006東海女子オープン。
誕生日3日前の谷川 章子が、予選・準決勝をギリギリ通過から怒濤のまくりで優勝を勝ち取り、最後まで目が離せない展開に!
谷川は今年4月のDHCツアー2005/06最終戦ではDHC認定プロ(当時)として1勝目を挙げ、2勝目は地元・東海で飾ることとなり、期待と応援に比例する強さを見せてくれました!

晴れやかにバンザイ!
谷川 章子(37期・No.389)

(優勝ボール:ABS社製 モーリッチ オーサムフック)
2006/10/21
  ★清水 弘子 賞金1千万達成!

本日準決勝を終えた東海女子オープンにて、現在ポイントランキングトップの清水 弘子が19位に入賞しました。
これにより清水は賞金75,000円を獲得、合計10,028,000円となり、女子プロとしては2000年の時本美津子以来、久々の1千万プレイヤーとなりました!
今季残すところあと2ヶ月、どこまで記録を伸ばせるか注目です!

今季賞金女王はもはや確定!
清水 弘子(38期・No.405)
2006/10/20
  ★2006東海女子オープン 阿部 美佐 パーフェクト達成!

本日より開催の東海女子オープン予選1G目にて、阿部 美佐がJPBA公認134号にして自身初のパーフェクトを達成しました!
最近はP★リーグにも参戦、先日行われたROUND1CUP LADIESで決勝ラウンドロビン進出を果たすなど、めきめきと頭角を現してきている阿部。この初記録のパーフェクトを弾みに、今後より一層の活躍が期待されます!

でっかいでっかいVサイン!
阿部 美佐(35期・No.369)

(使用ボール:ストーム社製 ドミネーション)
2006/10/21
 

★2006千葉オープン 山本 勲 2連覇達成!

昨年に続き、今年も山本 勲がやりました!
ラウンドロビン4位通過から波に乗って追い上げるベテラン・石原をくだし、千葉オープン2連覇達成!
8月に行われた新人戦に続いて、今季2勝目を挙げました!


勝利の乾杯はコカコーラ!
山本 勲(44期・No.1078)

(優勝ボール:コロンビア・ABS アクションパット)
  ★2006千葉オープン 栴檀 稔 パーフェクト達成!

本日最終日を迎えた2006千葉オープンにて、栴檀 稔がパーフェクトゲームを達成しました!
今年1月のシーズントライアルウィンターシリーズでの達成以来、自身13個目(JPBA公認838号)となるパーフェクトは、決勝ラウンドロビンでの達成となった為、賞金は5位入賞と同額の30万円。 昨年度の賞金王、栴檀 稔の実力は健在です!

今年も賞金王なるか?
栴檀 稔(21期・No.479)

(使用ボール:ABS社製 ナノデス プレミアム)







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。