TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 2015プロボウリング男子新人戦 ≡≡

開催要項
期 日
2015年8月22日(土)〜8月23日(日)
会 場
新狭山グランドボウル
(BW 52L 合成レーン)
〒350-1331 埼玉県狭山市新狭山1-1-9
TEL:04-2952-2111
FAX:04-2952-2113
主 催
公益社団法人日本プロボウリング協会
後 援
埼玉県ボウリング場協会/プロボウリング社/ベースボール・マガジン社
ボウリングジャーナル社/ボウリングエクスプレス社
特別協賛
(株)グランドボウル
協 賛
各社
協 力
新狭山グランドボウル/日本プロボウリング協会埼玉地区
賞金総額
¥2,000,000(優勝\500,000)
☆パーフェクト賞  10,000円(提供:新狭山グランドボウル)
入場料
当日券:500円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/75KB
・参加プロ一覧PDF/50KB
・アマチュア選抜要項+申込用紙PDF/583KB


出場総数プロ+アマ=192名とする。

<プロ>
プロ有資格者 77名
JPBA有資格者:52期(39名)・53期(17名)・54期(21名)
(新人戦のタイトルホルダーは次年度からの参加は出来ません)

<アマ>
115名予定
(※プロのエントリー数によりアマ枠を増枠)
過去成績
2006年大会   ・2011年大会
2007年大会   ・2012年大会
2008年大会   ・2013年大会
2009年大会   ・2014年大会
2010年大会
日程&成績
8/22
・予選8GPDF/161KB
・開会式
・レーン移動表PDF/119KB
8/23
・準決勝6GPDF/83KB
・最終成績PDF/175KB

大会記録
パーフェクト達成者
勝間田 翔(53期・No.1332)
公認1307号/準決勝2G目

800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
島根 大樹(53期・No.1335)
公認120号/予選Aシフト2G・6フレーム目

Photograph
< 決勝ラウンドロビン進出者 >
1位進出
谷合 貴志
2位進出
入口 光司
3位進出
坂本 和幸 選手
4位進出
勝間田 翔
5位進出
柳生 清光
6位進出
渡邊 雄也
7位進出
浮田 健吾
8位進出
水本 有希


【 優 勝 谷合 貴志 !】
     
一年越しの宿願を果たして晴れ晴れとしたガッツポーズ!
谷合 貴志
(52期・No.1289 所属:(有)ユウキシステムサービス 出身:神奈川県)
(使用ボール:エボナイト社(レジェンドスター) ゲームブレイカー2MAX)


★2015プロボウリング男子新人戦 谷合 貴志、初優勝・初タイトル!

 プロデビューから3年間しか参加資格がないプロボウリング男子新人戦。その貴重さもさることながら、ベテランの大先輩や脂の乗った中堅らがおらず、同期や身近なライバルだけでの戦いなだけに新人達としては喉から手が出るほど欲しいタイトルの一つ。自分と年齢やプロとしての経歴の長さもそう変わらないライバルが新人戦のタイトルを手に入れるのを見て、「次は俺だ!」と決意を新たにする者も少なくありません。
 なかでも52期生・谷合 貴志の物語は、昨年の大会で藤井 信人が優勝した瞬間から始まっていました。
 2013年のプロテストで最後まで田 浩規と実技トップを争った谷合と、実技免除で合格した藤井は同じ神奈川県出身で年齢も近いことから仲の良い二人なだけに、藤井の次に優勝するのは自分だと心に誓った谷合。
 その誓いを勝利の女神は愛でたもうたか、今大会は谷合が得意とする全日本コンディションのロングパターン。さらに予選も「朝イチはレーンが暴れるから午後からがいい」と希望していたBシフトに入り、予選・準決勝と首位を独走します。
 最終ステージの決勝ラウンドロビンでも出だしの1G目、水本 有希との対戦で263ピンのビッグゲームを打ち、このまま向かうところ敵無しで最後まで突っ走るかと思われましたが、勝利の女神もそこまで甘くはなく、2G目にして谷合に試練が立ちはだかりました。
 レーンコンディションの難しいボックスに入った2G目、対戦相手は準決勝でパーフェクトを達成し波に乗る勝間田 翔。ここで谷合は今大会の自己最低スコアを更新する173ピンを打ってしまい、黒星をつけられてしまいます。さらに続く3G、4G目もこのロースコアを引きずり、柳生 清光浮田 健吾に勝利するものの今一つスコアが伸びません。さらには谷合が足踏み状態にいるなか、4G目で今大会の台風の目、アマチュアの坂本 和幸 選手が279ピンのビッグゲームを打って首位に踊り出て来て谷合を引きずり下ろしました。
 しかし一年越しの優勝への誓いが谷合を折れたままにはしておきませんでした。今季デビューの54期生で唯一決勝ラウンドロビン進出を果たした入口 光司との5G目で258ピンを打って息を吹き返すと、続く6G目でアマチュア時代からの朋輩・渡邊 雄也も打倒。
 そして7G目、最終ゲームのポジションマッチを前にした大事なゲームで、谷合は坂本選手と対戦します。
 プロとアマチュア、立場は違うものの谷合と坂本選手はジュニア時代からの顔見知り。お互い同じようなラインを使うボウラーとして意識していた上に、一度は首位を奪われた相手。さらに7G目の投球ボックスは相性の良いレーンだったこともあり、ここで勝たなければ優勝が難しくなると考えた谷合は「絶対に勝つ!」と気合いも新たにゲームに臨みます。
 両者ともスペアでスタートした7G目、2フレーム目からのターキーで谷合が一旦リードを取りましたが、坂本選手も負けてはおらず、なんと3フレーム目から7連続ストライクに成功。
 谷合も中盤はスペアが続きましたが7フレーム目からストライクを繋ぎ、10フレ勝負に持ち込みます。
 逃げ切りたい坂本選手でしたが、10フレーム1投目が2・4・5・8番を残す6本カウント。これをカバーし、3投目でストライクを決められることを考えると、谷合が勝利するには10フレーム2投目までストライクを続けることが絶対条件となりましたが、心は熱く燃えていても頭は冷静だったという谷合はプレッシャーに負けることもなくストライクに成功。7フレーム目からの5連続ストライクを決めて256対253という激戦を制します。
 そして最後のポジションマッチでは、2位の勝間田と約90ポイント差、3位の坂本選手とは約100ポイント差と余裕がある状態でも谷合は油断することもなく、勝間田に勝利してさらにポイント差を広げ、新人戦ラストチャンスを見事ものにしました。
 今季は自身初のシード入りも果たし、シーズントライアルでも連続優勝、5月のグリコセブンティーンアイス杯では4位入賞とめきめき頭角を現してきた谷合、レギュラーツアー初優勝もそう遠いことではないでしょう。
 どうぞ今後の活躍にご期待ください!


<男子ベストアマ>

堂々2位でベストアマ獲得!
坂本 和幸 選手
(東京・笹塚ボウル)




【ちょこっと大会風景】
予選対象、1GごとのHG賞には保険の宮越様からお米贈呈
1G目:馬場 一・2G目:加藤 隆広・3G目:平岡 勇人
4G目:ブライアン・グリーンウッド
続いて後半のHG賞。お米を抱きしめる姿が妙に可愛い。
5G目:三浦 啓寛・6G目:中山 洋一・8G目:小林 龍一
何故か翌日一人で表彰
7G目:勝間田 翔



ストレッチ中に失礼
藤川 大輔
カメラに気付いたのは一人だけ。
山下 周作中山 洋一太田 誠藤川 大輔
こちらもまったく気付かず。
別所 翼大西 翔太



見ているようで実は気がついてない
品 康成
カメラに気付いてピース。
でも無表情。
榎 大成
やっと笑顔でピースもらった。
浮田 健吾



アマチュアHG賞は297ピンで惜しくもパーフェクトを逃した
鶴見 亮剛 選手
花束贈呈。「破顔一笑」とはこの顔を言うのだ。
澤田 玉美谷合 貴志
最後にじゃんけん大会で勝者にボールをプレゼント。





Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。