TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ sky・A cup 2015プロボウリングレディース新人戦 ≡≡

開催要項
期 日
2015年7月28日(火)〜7月29日(水)
会 場
スポルト浦和国際ボウル
(BM32L 合成レーン)
〒338-0822 埼玉県さいたま市桜区中島4-1-1
TEL:048-853-4921
FAX:048-853-4925
主 催
(公社)日本プロボウリング協会
後 援
埼玉県ボウリング場協会/プロボウリング社/ベースボール・マガジン社
ボウリングジャーナル社/ボウリングエクスプレス社
特別協賛
sky.A
協 賛
(公社)日本ボウリング場協会/各社
協 力
(株)スポルト/日本プロボウリング協会 埼玉地区
賞金総額
2,000,000円(優勝賞金50万円)
☆TVパーフェクト賞(プロ優勝決定戦対象) 100,000円(提供:スカイ・A)
☆   〃   (プロ決勝T/M準々決勝・準決勝対象) 50,000円(提供:スカイ・A)
☆パーフェクト賞(プロ予選〜優勝決定戦対象) 50,000円
入場料
・1日券1,000円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/94KB
・参加プロ一覧PDF/66KB※7/27更新


<プロ>
プロ有資格者 64名
(有資格者:44期生〜48期生※但し新人戦優勝者を除く)
(44期:10名、45期:10名、46期:10名、47期:15名、48期:19名)
※新人戦のタイトルホルダーは次年度からの参加は出来ません。


<アマチュア>
アマチュア 40名
(但しプロのエントリー状況によりアマチュア出場枠を増枠)
※前回ベストアマ(太田千恵選手)は、本大会シードとする。

出場総数プロ+アマ=104名

※クリックで拡大版が開きます※
過去成績
2006年大会     ・2012年大会
2008年大会     ・2013年大会
2009年大会     ・2014年大会
2010年大会
2011年大会
日程&成績
7/28
・予選8GPDF/146KB
・開会式
・予選レーン移動表PDF/111KB
7/29
・最終成績PDF/237KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph
< TV決勝進出者・プロの部 >
久保田彩花
桑藤 美樹
堀内 綾
渡辺けあき
大石 奈緒
山田 弥佳
大根谷 愛
内藤真裕実

< TV決勝進出者・アマの部 >
榮野川志穂 選手
上野 帆楓 選手





【 優勝 大根谷 愛 !】
     
喜びと達成感、浮かぶ涙を噛みしめる
大根谷 愛
(45期・No.490 所属:ラウンドワン 出身:兵庫県)
(優勝ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) マスターマインド・アインシュタイン)

 本番を迎えた夏の風物詩になりつつあるプロボウリングレディース新人戦。猛暑日の続く外気よりも熱い戦いが本日幕を降ろしました。
 女子新人戦の参加資格はデビューイヤーから5年まで。新人にとってどの選手も喉から手が出るほど欲しいタイトル。フレッシュななかにも真剣さが光る戦いを見せてくれましたが、今年は特に5月にデビューしたばかりの新人、48期生達の健闘めざましく、多くが今大会をデビュー戦とするなかで決勝進出24名中、実に1/3を占める8名が進出。近い将来には多くのタイトルホルダーを有する「花の48期」と呼ばれる時代が到来するだろうと思わせてくれました。
 とはいえやはり数年早くデビューし、多くの大会で荒波に揉まれてきただけあって先輩プロ達の壁は厚く、決勝トーナメント2回戦を突破した48期生はトップ合格者の内藤真裕実久保田彩花の2名のみ。その内藤と久保田も準々決勝であえなく敗退。
 そんな久保田を1ピン差で下した桑藤 美樹渡辺けあきに70ピン近い大差をつけた堀内 綾大石 奈緒との元全日本ナショナルチーム対決を制した山田 弥佳、内藤に引導を渡した大根谷 愛ら4強が出揃い、決勝トーナメントは準決勝へと突入しました。
 昨年の六甲で念願の初優勝を果たし、ホストプロとしてもこの新人戦タイトルは絶対欲しい桑藤と、44期生で今年が最後のチャンスの堀内による第1試合はほぼ互角のゲーム展開で10フレーム勝負となりましたが、勝負どころでダブルを持ってきた堀内が粘り勝ち。桑藤は惜しい結果に終わったものの、昨日軽い肉離れを起こしてかばいながらの投球でここまで勝ち抜いたことを思えば健闘したと言えるでしょう。
 続く第2試合では山田VS大根谷が対戦。こちらはなんとまったくの同ピンでゲームを終え、勝敗の行方はワンショットプレーオフに持ち込まれます。大根谷が先攻してストライクに成功。後攻の山田は8本カウントとなり、大根谷と堀内の優勝決定戦となりました。
 2013年大会に2位で終わった大根谷、今季は念願のシードプロ入りを果たし、好調のうちに迎えたラストチャンスの堀内。ともに「これが最後のチャンス」と思いながら、しかも同じ兵庫出身でジュニア時代から切磋琢磨してきた二人の対戦は、特に攻略が難しい左レーンに捕まってしまい、今ひとつスコアを伸ばせません。
 さらに大根谷はまだあまり慣れていないTVファイナルでがちがちに緊張したと語り、ゲーム展開や対戦相手を視野に入れる余裕もなかったとのこと。しかしこれが一投一投、目の前のピンにだけ集中するという効果を生み、準決勝最終フレームの7-10スプリットを引きずることもなくノーミスを守ります。
 対する堀内も4フレーム目のスプリットをカバーするなど必死に大根谷を追いますが、後半に入ると10番ピンに嫌われてしまい、4連続のテンピンタップ。それでもすべてカバーして我慢のボウリングを続けましたが、ワンマーク差をひっくり返せないまま、大根谷を追い抜くことはできませんでした。
 新人戦と相性が良いのか、デビューから出場3回中2回、ファイナルに進出してきた大根谷。3度目の正直となる今年、ようやく念願の初優勝・初タイトルを手に入れました!



女子では珍しい両手投げで堂々アマの部優勝!
榮野川志穂 選手
(スポルト八景ボウル)



【ちょこっと大会風景】
場内に掲示された全身大型ポスター。
ここまで大きなサイズはなかなかお目にかかれません。
大会終了後はご本人にプレゼントされてるそうですが
欲しい方は大勢いらっしゃいそうですねえ。
通りがかりに一枚。
久保田彩花宇山 侑花
前夜祭TOP3
山田 幸内藤真裕実飯田 菜々
各ゲーム毎のHG賞表彰・予選前半。
保険の宮越様代理・澤田 哲司
山田 弥佳大根谷 愛浅田 梨奈坂倉にいな
表彰・予選後半。
前屋 瑠美玉城 妙子桑藤 美樹浦 麻紗実
弱冠12歳で優勝決定戦を戦った上野 帆楓(ほのか)選手へ、
榮野川選手から優勝副賞のおっとっとをお裾分け
大根谷本人より大号泣
櫻井眞利子
同じく同期から祝福の抱擁。
やっぱり同期は特別な絆があるんですねえ。
桑藤 美樹






Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。