TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
TOPトーナメント>第11回三湖コリアンカップ インターナショナルボウリングトーナメント

≡≡ 第11回三湖コリアンカップ インターナショナルボウリングトーナメント ≡≡

開催要項
期 日
2009年9月14日(月)〜18日(金)
会 場
安養虎渓体育館ボウリング場
(BW32L 合成レーン)
431-830,177 Hogye-2dong Dongan-gu Anyang-si Kyeonggi-do KOREA
TEL:82-31-389-5388
FAX:82-31-389-5387

主 催
(社)韓国プロボウリング協会(KPBA)
(社)日本プロボウリング協会(JPBA)
特別協賛
三湖建設株式会社(DSD三湖)
協 賛
各社
主管運営
(社)韓国プロボウリング協会
賞金総額
100,000,000ウォン(約700万円)
優勝賞金30,000,000ウォン(約210万円)
その他
・開催要項PDF/117KB
・参加選手一覧PDF/113KB


本大会 180名(JPBA枠50名※KPBAの準会員・JPBA女子を除く)
(1)'09JPBAシードプロ 42名(KPBAを除く)
(2)プロテストトップ合格者 1名(串田昭)
(3)主催者推薦2名(原昭彦・三池丹揮)
(4)STスプリングシリーズ 5名(A会場2名+B会場1名+C会場1名+D会場1名)
※以上JPBA枠50名
(6)PBA 10名
(7)KPBA55名
(8)KPBA女子3名
(9)JPBA女子3名
(10)韓国国家代表アマチュア 6名
(11)海外アマチュア招待選手 10名
(12)KPBA選抜大会通過者 16名
(13)韓国アマチュア選抜大会通過者 16名
※KPBA選抜出場プロ及び韓国アマチュアは事前に選抜大会を行う。
過去成績
第9回大会
第10回大会
▲▲▲


日程&成績
9/14
・予選PartT6GPDF/124KB
・開会式
パーフェクト達成梶 義宏(36期・No.860)・予選PartTAシフト2G目/公認1044号
パーフェクト達成クォン・ヒョクヨン(K5期・No.K212)・予選PartTBシフト3G目/公認1045号
800シリーズ達成ウェス・マーロット(PBA)・予選PartTAシフト第2シリーズ(4〜6G目)/公認210号
9/15
・予選PartU6GPDF/152KB
パーフェクト達成ティム・マック(PBA)・予選PartUBシフト5G目/公認1046号
パーフェクト達成ハ・ウンスー選手・予選PartUCシフト3G目
パーフェクト達成原 昭彦(10期・No.327)・予選PartUCシフト5G目/公認1047号
9/16
・予選PartV6GPDF/153KB
パーフェクト達成ティム・マック(PBA)・予選PartVBシフト4G目/公認1048号
800シリーズ達成山崎 行夫(11期・No.349)・予選PartVCシフト第6シリーズ(16〜18G目)/公認211号
800シリーズ達成アン・ジュンサン(K14期・No.K486)・予選PartVCシフト第6シリーズ( 〃 )/公認212号
9/17
・準決勝6GPDF/105KB
パーフェクト達成鈴木 元司(34期・No.819)・準決勝6G目/公認1049号
< 決勝ラウンドロビン進出者 >
1位通過
ウェス・マーロット
2位通過
ティム・マック
3位通過
イー・ヒーサン
4位通過
吉田 文啓
5位通過
ショーン・ラッシュ
6位通過
キム・ヨングァン
7位通過
キム・ユンホー
8位通過
ピート・ウエバー
9位通過
保倉 映義
10位通過
ジョン・テハ
11位通過
ゴ・ジェハン
12位通過
アン・ジュンサン
・決勝ラウンドロビン12GPDF/77KB
パーフェクト達成ジョン・テハ(K3期・No.K108)・決勝ラウンドロビン6G目/公認1050号
< 決勝ステップラダー進出者 >
1位通過
ティム・マック
2位通過
ウェス・マーロット
3位通過
ショーン・ラッシュ
4位通過
キム・ユンホー
5位通過
キム・ヨングァン
9/18
・最終成績PDF/169KB


【 WINNER ティム・マック !! 】
PBA 右投げ 出身:アメリカ・インディアナポリス
(優勝ボール:ストーム社 バーチャルエナジー)
地元ファンの声援を一身に浴びるキム・ユンホーを8フレからオールウェーで追い抜き
わずか5ピン差で勝利を奪取。韓国の空に雄叫びが響いた!
▲▲▲







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。