TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
TOPトーナメント>HANDACUP第43回全日本プロボウリング選手権大会

≡≡ HANDA CUP 第43回全日本プロボウリング選手権大会  ≡≡

開催要項
期 日
2009年12月3日(木)〜12月5日(土)
会 場
東京ドームボウリングセンター
(AMF 54L 合成レーン)
〒112-8575 東京都文京区後楽1-3-61
TEL:03-3817-6115
FAX:03-3817-6070

後 援
文部科学省(社)日本ボウリング場協会/関東ボウリング場協会
特別協賛
国際スポーツ振興協会(ISPS)
協 賛
(株)東京ドーム/他各社
協 力
日本ボウリング商工会/ (株)スカイ・A
賞金総額
10,000,000円(優勝賞金3,000,000円)
☆TV決勝パーフェクト賞(優勝決定戦・再決定戦) 10,000,000円(提供:サンブリッジグループ)
☆      〃       (3位決定戦)  5,000,000円(提供:   〃    )
☆      〃       (4位決定戦)  3,000,000円(提供:   〃    )
☆パーフェクト賞 (予選〜準決勝) 50,000円
★パーフェクト賞(予選〜TV決勝) 東京ドームホテルペア宿泊券(提供:東京ドーム)
入場料
・3日間通し券:前売り券2,000円 当日券2,500円
・1日券(当日券のみ)1,000円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※高校生以下無料
その他
・開催要項PDF/108KB
・参加選手一覧PDF/83KB
 ※11/26更新

1,前年度選手権者
2,前年度ランキング上位24名
3,歴代選手権者
4,永久シードプロ
4,今年度ランキング上位者
合計96名
※1,2,3,4が重複する場合は、5のランキングより順次繰り下げる。
※5のランキング選出規定の期日は、「ジャパンオープン」終了後とする
過去成績
第40回大会
第41回大会
第42回大会
▲▲▲


会場インフォメーション
交通アクセス
<JR>
中央線・総武線:水道橋駅下車

<都営地下鉄>
三田線:水道橋駅下車
大江戸線:春日駅下車

<東京メトロ>
丸の内線・南北線:後楽園駅下車

<車>
池袋・高島平方面からの場合:首都高速5号線を飯田橋ランプにて下り
銀座・新宿方面からの場合:  〃  を西神田ランプにて下り
外堀通りを秋葉原方面へ向かって進む

詳しくはこちらへ
▲▲▲


日程&成績
12/3
・予選PartT12GPDF/132KB
・開会式
パーフェクト達成水野 成祐(24期・No.544)・予選PartTBシフト1G目/公認1056号
パーフェクト達成山下 昌吾(44期・No.1085)・予選PartTBシフト3G目/公認1057号
パーフェクト達成大友 仁(42期・No.1024)・予選PartTBシフト10G目/公認1058号
800シリーズ達成豊田 祐司(32期・No.774)・予選PartTAシフト第1シリーズ(1〜3G目)/公認214号
800シリーズ達成遠藤 誠(47期・No.1160)・予選PartTBシフト第2シリーズ(4〜6G目)/公認215号
12/4
・予選PartU12GPDF/135KB
パーフェクト達成斉藤 茂雄(42期・No.1025)・予選PartUBシフト18G目/公認1059号
パーフェクト達成斉藤 茂雄(42期・No.1025)・予選PartUBシフト23G目/公認1060号
パーフェクト達成安部 誠司(38期・No.951)・予選PartUBシフト23G目/公認1061号
パーフェクト達成河津 亨至(44期・No.1080)・予選PartUAシフト13G目/公認1062号
パーフェクト達成工藤 貴志(42期・No.1032)・予選PartUAシフト20G目/公認1063号
800シリーズ達成安部 誠司(38期・No.951)・予選PartUBシフト第8シリーズ(22〜24G目)/公認216号
12/5
・準決勝12GPDF/106KB
パーフェクト達成ムン・ビョンヨル(K2期・No.K42)・準決勝1G目/公認1064号
パーフェクト達成日置 秀一(43期・No.1050)・準決勝6G目/公認1065号
パーフェクト達成永野すばる(40期・No.974)・準決勝7G目/公認1066号
< 決勝ステップラダー進出者 >
1位通過
日置 秀一
2位通過
長谷 宏
3位通過
水野 成祐
4位通過
土谷 翼
・最終成績PDF/214KB


【 WINNER 日置 秀一 !! 】
43期・No.1050 右投げ
所属:T-MAXボウル 出身:熊本県

(優勝ボール:ストーム社(ハイ・スポーツ) インベージョン)

合計36Gの長丁場で首位を守り抜き、トップシードで臨んだファイナルラウンドでは
ベテラン長谷を相手に手に汗握る激戦!
檜舞台で手に入れた初優勝・初タイトルの栄冠に男泣き!

▲▲▲







Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。